2005年05月30日

高松山

takamatuyama

ごく近所の山、岡島の高松山(195M)に外の空気を吸いに出る。
水掛祭りで有名な鹿島神社から登っていく。
例によって誰もいない。
鹿島神社の奥の院が山頂にあるのだが、お祭りでもなければ
登る人などいないのだろう。
しかし、展望の良い山であるし、その割りにお手軽である。

soudennsenn

送電線があれば、鉄塔と鉄塔を結ぶ道が必ずある。
その道を利用して周回することにする。

kosiabura-a

途中でコシアブラの若木を見つける。
これでは芽がいくつも出ないので、採取は無理だ。
「あのネ、あんたの父ちゃんか、母ちゃんはどこにいんの?」
と聞いても、知らんぷりで風に揺れている。
posted by 山口屋散人 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック