2005年06月01日

手間惜しむ?

理解に苦しむ新聞記事に出会った。
今日の読売くらし欄の生活探偵という記事だ。
蕎麦に付き物の薬味ネギについて書いている。

yomiuri-1

それによると、最近は薬味ネギ抜きの人が増えているとのこと。
(それは色々と個人の都合があるから仕方がない)
しかし、刻んだネギを水にさらさずに出す、手抜きの店が
増えたためでもあるのではないか、と結論づける。

これには少々異論がある。
水に晒して匂い成分を消すという作業が当たり前という
前提のようだが、出発点が違う。
本来、刻んだネギをそのまま出すのが当たり前なのだ。
匂いが気になるなら食べなければいいだけの話しである。

小生などは、水に晒してビチャビチャのネギを三つぶくらい
出してくる店は、反対に誠意のない店だなと固く信じて疑わない。
水に晒す作業など大した手間ではない。
キャベツもそうだが、ネギも晒せば倍増する。
ネギの相場が高い時など、そうしたくなることもある。

機械カッターで出来るだけ薄くスライスしたびちゃびちゃのネギを
いつの頃から、有り難くし当然としてしまったのだろう。

この記事はオマケに援用文として、上野の某店の談話を載せている。
その店は、蕎麦の香りを楽しんでもらうために、あえてネギを出していないそうである。
小生はこういう店を信用しない。
蕎麦の香りなど製麺作業中にかすかに感じることもある・・という程度である。
「あえてネギを出しません」という事が宣伝にもなり、薬味の煩わしい作業から
解放されるならば、このお店の戦略勝ちであろう。

蕎麦の香りを感じたことがない・・と言う方。
貴方は間違ってません。殆んどの方はそのはずです。




posted by 山口屋散人 at 23:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かった・・・。

蕎麦の香りが無くなるから、たれに一寸だけ着けて、咬まずにすすり込むのが、通だと言われてそんなことしていました。
それでも、蕎麦の香り 良くわからなかったのですが。普通で良かった。
Posted by ヒゲとはさみ at 2005年06月02日 10:18
考えながら読みました。
同感です。
ねぎは生で、そして小皿にちょっとあれば十分。
嫌いなら使わなければ良いだけでしょうに。

蕎麦の香りはボクも気付いたことがありません。
いろいろ楽しみ方があると思いますが、
ボクの場合は蕎麦のチュルチュル感、
そして噛み応えが気になります。

生のままの切ったねぎ。
青菜が入っていたらちょっと嬉しい。
我が家の朝食には中2日で蕎麦が出ます。
かみさんに感謝です。
Posted by 寅パパ at 2005年06月02日 10:51
 水にさらしたネギなんて香りが無くなって美味くないと思うけど。
 行きつけの居酒屋でも冷奴や刺身のつまにミョウガを出してくれるのだが、やっぱりさらしてから出すんですよ。文句を言ったら面倒くさそうに刻んで盛ってくれましたが、香りがちゃんとでておいしかったです。
 何でさらすの?と聞くと、シャキシャキとした歯ごたえを出すためだとか。余計なことをと思うのだけど、ミョウガのあの香りが苦手な人も少なくないそうで。
Posted by 長谷川 at 2005年06月11日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック