2014年11月24日

南陽市へ

(ちょっと古いが備忘録として)

11月9日、数時間の余暇有り。
かねて気になっていた山形県南陽市の熊野神社へと向う。

DSCF1697.jpg
(何故か調理場の隅の壁に貼られている熊野神社のおふだ)

宮内を何と読むのか調べるとミヤウチ。地名のようだ。

DSCF1362.jpg(南陽市を見下ろす。3万なにがしの街)

DSCF1365.jpg DSCF1366.jpg DSCF1369.jpg

末社の数が多い。古事記か日本書紀に出てくる神様がいっぱいいる。
本殿の裏の彫刻をながめているお客さんがざっと10人超。

DSCF1677.jpg

三羽のウサギが隠されているとか。
二羽までは教えてもらっても良いが、三羽目は自分で探さなければ御利益が無いのだとか。
(小生は一羽だけ。)

DSCF1372.jpg

ラーメンは食いたい気分でなかったが、家人が是非というので、入る。
調べてみたらあちこちにあるのね。


高畠町あたりを彷徨っていると、こんな看板が目に入る。

DSCF1682.jpg

面白そうとテコテコと歩いて向う。登りで息切れ。

DSCF1683.jpg DSCF1687.jpg DSCF1689.jpg

洞窟というよりは、岩屋というべきだろう。
縄文人が住んでいたとか。

DSCF1691.jpg DSCF1693.jpg



posted by 山口屋散人 at 17:59| Comment(4) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山口屋散人様

 いつも、その辺を仕事や通院で歩いておりますが、
高畠はいつも文殊様で終わってしまいます。
(実は、生まれたときの本籍地は高畠でしたが、高畠のことを詳しくわかりませんでした。)
 なせか、俗世の人間のようで文殊様のあと、高畠ワイナリーに行ってしまいます。

 もう少し、歩くところを勉強しなければと、思いました。

 高畠・米沢は食べるところに迷います。
 そのため(言い訳)会津坂下で馬刺しを食べてきます。

 柳田秀明
Posted by 柳田 at 2014年11月30日 19:08
柳田さん、コメントに気付かず済みませんでした。
このブログの大家は完成度が低くて、時々困ります。
気が付かない事も多数あり、失礼することも多々。

「行き当たりばったり」というのはあまり褒め言葉ではありませんが、やるほうとしては結構楽しいし、意外性のあるものに、出会えるという意味で、ワクワクすることもあります。ただし肝心なモノを見逃すということも、これまた多々。

馬刺しは小生も大好きです。
いつの日か、馬刺しで一杯やりましょうね。

Posted by 散人 at 2014年12月09日 00:16
山口屋散人様

私も散人様と一度ゆっくりお酒を交えお話できればと思ってます。
(私が生きていられればですが)

その際は、桜はこちらで用意します。

さて、娘(息子?)が全国TVデビューしました。
(先月はふくしまFMデビューしました)

https://www.youtube.com/watch?v=ICeWxqUCJxQ

見てあげてください。

柳田秀明
Posted by 柳田 at 2014年12月10日 23:03
見ましたよ〜。
例のアマ無線技士の話かな〜と思ったら、違ったんですね。
「パンが美味しい」 って恥ずかしそうにしていて可愛いですね。
Posted by 散人 at 2014年12月12日 07:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。