2015年06月02日

森合あちこち

DSCF1669.jpg

犬の散歩のついでに、あちこちと見てまわっているわけだが、大体廻ったか。
最近はちょっと退屈になってきた。

DSCF1687.jpg DSCF1675.jpg DSCF1676.jpg DSCF1673.jpg DSCF1734.jpg

現在住んでいる場所は、その昔、松川の川床であったらしい。

DSCF1660.jpg

上の地図の「森合稲荷大明神」と書かれているちょっと上に自宅がある。

DSCF1664.jpg

団地の中にこんな河岸段丘が見て取れるのも面白い。

posted by 山口屋散人 at 19:28| Comment(5) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拙ブログで、これから清水地区を探索する予定です。
森合にはいろんな史跡がありますね。
ただ、森合が美図書館から西道路までの広い範囲であることを知り、いささか戸惑っています。
旧河道の地図は、何かに印刷物に載っているのでしょうか。
Posted by MASA at 2015年06月04日 22:04
ご無沙汰しております。山口屋さんの位置が大体わかりました。図書館帰りなどでよく利用する森合小学校前の市道近くですね。
それにしてもさすがですね。近くに住んでながら分からないところばかりです。機会を見つけて見学してみっぺ。
ガキの時分には、一杯森の周りにはザッコすくいで良く出かけましたが昔の面影はまったくありません。鍛冶屋(?)さんがあっておもしろがって見ていました。
数年前『森合郷土史』(12頁図面)をみて天神町の我が家も旧松川河川敷であったことを知り驚いたことを覚えています。この本は、発行者に伺いましたが在庫なしでした。
蛇足ですが飯坂街道脇に「森合村記念碑」があり万世大路についても触れています。
Posted by 黒パン党 at 2015年06月05日 09:19
MASAさんへ。

上記の地図看板は森合稲荷大明神の境内にあるものです。
大明神とは名ばかりで、小さな公園の片隅にちょこんとあるような感じです。
この稲荷社はグーグルにもヤフー地図にも載っていません。
小生も半沢光夫さんの福島発歴史地図に載っているので、探してみたんです。ちょっと分かり難いかもです。
参道も一応あるんですが、びっくりものですよ。

黒パン党さん。

この間、犬の散歩でそっちまで行きまして、「へぇー」と見てきました。
いつの間に出来たんだぁー、と感心しましたが、こういうのがあちこちにあるとうれしいですね。
森合郷土史ですか。
今度、図書館に行ってめくってこなくちゃですね。

Posted by 散人 at 2015年06月05日 16:33
その「森合村図記碑」の説明板を設置施工した方と、
みなさん年末に合ってますよね(笑)
Posted by TUKA at 2015年06月10日 02:38
ぎゃー
そうだったんだっけ?
すっかり忘れていた・・・
Posted by 散人 at 2015年06月12日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。