2015年09月09日

作ってみんべ


DSCF3498.jpg


給湯器を付けた時の余りと思われる排気筒が二個ころがって邪魔していた。
十年来の邪魔者だが、これを連結すればエル型になる。
これでロケットストーブの小さい物を作ってみようかと考えた。
原理は簡単だし、グラインダーが有れば何とかなるべと。

本体のヒートライザーは一斗缶の醤油缶か油の缶は自前で有るが、取っ手付きの
少し見栄えのいい物・・と考えてペール缶をヤフオクで落札。
(510円だったが送料700円)

燃焼効率が良いので、少ない燃料でお湯などを沸かすことが出来る。
震災を経験すると、こういうものを楽しみながら作るのも良いかなと。さて。

posted by 山口屋散人 at 21:51| Comment(2) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> ロケットストーブ
最近、よく目にしますね。
私はネイチャーストーブを物色してたのですが、
今のところ、こんな「手のひらサイズ」で留めてます。
http://www42.tok2.com/home/kaidoweb/waki/knife14.htm

市街地ですと燃やせる場所がないのが困りものですね。
完成報告、お待ちしております。
Posted by TUKA at 2015年09月14日 19:40
何かタモリの番組でやったらしいんですね。
それでロケットストーブを作る人が一気に増えたらしいんです。
小生はユーチューブでたまたま作る工程を見つけてしまって、おお、あれで作れっぺした、となった次第です。

TUKAさんの手のひらサイズのいいですね。
何より丈夫そうです。
エスビットの固形燃料を使う物を持ってますが、ペラペラの金属で重いものは乗っけられません。

今度の連休はお休みするので、工作しようかと思ってはいるのですが・・
どうでしょうね。

Posted by 散人 at 2015年09月14日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。