2007年05月23日

員数合わせ

浮世の義理は如何ともし難い時もある。
昨日、当業界の県大会が会津若松市東山温泉で開かれた。
会議には出なくともよいヒラであるから、大会参加者の
人数の頭数だけの要員として参加である。
わざわざ車を走らせ、宴会に間に合えば良いという
何とも情けなくもお気楽な立場なのだが、経済的には帳尻が
合わない。温泉に泊まるという観光と割り切れば、ほど良い
気分転換くらいなもの。

2時で店を閉めて、一路、三年ぶりの会津若松へ。
今年初めて表側の磐梯山を見る。

表磐梯山DSCF1575.jpg

12時過ぎまで酒を飲んでいたのに、起床は4時半。年寄りだナ。

若松一望DSCF1626.jpg

一風呂浴びて、お散歩に出る。
会津の殿様、松平家の墓所が近くにあるが、まだ行ったことが
ない。

松平容保DSCF1612.jpg

王城の護衛者、松平容保公の墓に参る。
世が世なら小生ごとき平民は墓参さえかなわない身分なのだが
こうして見学が出来るのは良い世の中と言うべきか。

歴代の藩主のとは別にひっそりと誰のか分らない墓もあった。

松平ー院DSCF1623.jpg

藩侯夫人かその類なのだろうけれど、妙に哀れさをさそった。
生きている時は権勢を振るったであろう人達なのだろうが
今となっては単に墓石がデカイだけで歴史資料に載っている
だけの存在でしかない。

           
           猫

本日の朝食はバイキング。
メタボの腹を考えて、というわけでもないが、こんな具合。

朝飯DSCF1628.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック