2015年11月22日

水林にて


DSCF2208.jpg DSCF2210.jpg DSCF2211.jpg

例の自作のロケットストーブを思いっきり燃焼させてみんべと、水林自然林へ。
先日近くで車両火災があったばかりの団地の中では、気が引ける。
水林のキャンプ場は芋煮会にはもう寒い時期なので、先客は2組だけだった。
ワンコに邪魔されながらえっちらと準備をする。

DSCF2213.jpg DSCF2214.jpg DSCF2216.jpg

ただの燃焼テストでは面白くないので、サツマイモを用意。
アルミホイルに包み、火口の近くへ置く。(こんなんで焼けんのかな?)

小一時間もすると焼き芋の匂いがしてきて、ワンコがそわそわ落ち着かなくなった。

DSCF2218.jpg

普段からめったに焼き芋を食うことはないのだが、味見。
ほくほくして、なかなか宜し。

posted by 山口屋散人 at 17:42| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー、「実用品」感が出てきましたね(笑)。
私は中に詰めたパーライトの上に乗っけて、
石焼き芋にするのかと思ってました。
Posted by TUKA at 2015年11月24日 01:06
家に無水なべがあるので、それで焼こうかとか、小石を
網の上に敷き詰めて、その上に置こうかとか色々考えましたが、
結局面倒なんで、アルミを二重にまいて、時々回転させるという
方法にしました。
結果はOKでしたけどね。

燃料は本当に食わないけど、筒の細さから、それほどの火力に
ならないということを学習しました。

Posted by 散人 at 2015年11月24日 04:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。