2016年01月28日

Twitter から


Twitter にアカウントを持っている。
震災直後あたりから始まって、もう5年近くになるが、ツィートは200くらいだけで
ほとんどROM 専門。
当ブログもそうだが、Twi も日記代わりになっている。

例えば、
13年の3月には営業時間が残り30分近くになってもラーメン類がゼロだったが
最後にチャーシューメンが出て、記録達成にならなかった、という記載。

同じく13年の7月には、開店15分前になって、ラーメンのスープを作るのを忘れて
いた事に気づき、慌てたとの記載。

これも13年の10月だが、遂に遂にラーメンが一個も売れなく、ゼロ達成とか。
(これは小生の35年間に及ぶお店経営において、唯一の日であった。)


それから2年が過ぎた昨年の12月のことだ。
地元の新聞の県内版に、何とわが店が掲載されるにいたる。
見出しは 「そば屋のラーメン人気」

416.jpg

こういう昔のスタイルのお店は珍しくなってきたので、という取材趣旨だったのだが、
切り口がラーメンになり、こういう感じの記事とは予想していなかった。
(さすがにうまく書くもんだなーと思った。)

掲載当日は、11時30分の開店前に数人の知らないお客さんが並んでいた。
いつもより多めにスープを作ったが、早々に無くなり店を早仕舞いにした。
翌日はマックスにスープを作っておいたら、今度は麺が無くなり、また早仕舞いに。
やはり新聞に大きく掲載されるというのは影響が大きい。


概してメディアに載ると常連さんからは不評なのだが、こんなお客さんもいた。
先に記事を発見した奥さんが、「お父さんのよく行くお店が載っているよ。」と教えてくれ、
「良いお店だったんだね。」と言われたことが嬉しかったとの話。
そう言われて、こっちも何か嬉しかった。
(このお客さんは遠路はるばるこの小汚い無名のお店に通ってきてくれている。)

記事の影響は、まだ少なからず続いている。
がっかりさせないように、「気の乗らない」製麺作業をコツコツ・・すんべ。




posted by 山口屋散人 at 06:18| Comment(2) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのページはチェックを欠かしませんが、
お店のチェックはずうーっと欠かしっぱなし。
ラーメン食いに行きますよっとw
Posted by gyuto at 2016年01月29日 16:14
は〜い、お待ちしていますよ〜。

C 葉さんのブログでご尊顔を拝見いたしましたよ〜。

Posted by 散人 at 2016年01月29日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。