2007年05月30日

花の名前検定試験

ついこの間までタンポポとチューリップしか知らなかったのだが
外歩きをするようになって、少しは野草などを覚えた。
だが、花屋さんにあるような花はまるでダメである。
第一、覚えようという気にならない。多分きれいだと感動し
ないのだろう。

          犬


家人が西洋風でなく極めて和風な花を店にかざった。

DSCF1654.JPG

そして
「この花、何ていうか分る? 多分当たるかもよ」と
変な言い回しをした。

小生、持てる知識を総動員して鑑定にあたる。
あやめ?しょうぶ?かきつばた? う〜ム、判らん。
ギブアップして「知らね〜」と降参。

すると「あら、いつものように言えばいいのに」と謎のような
ことをのたまう。
いつものように・・わがんね・・か?
いや、違うな、何だべなぁーと思考のワナにはまる。
またまた降参して教えを請うことに。
「いつも何って言ってんだ、おれ?」

大概の場合、素っ気無く「知らん」と言っているそうだ。
そう、この花の名前は「紫蘭」なんだって。
posted by 山口屋散人 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック