2017年08月20日

ゆり


DSCF0195.jpg

わが家の東側には、おそらく数年前まで使われていた用水路がある。
(現在はその用を終了して、実質痕跡だけ)
幅は1メートル内外である。
その用水路の際に、ユリが咲いているという。
見に行くと確かに咲いていた。
家人が、今年も咲いたね、とのたまう。
「え!?」
記憶にない。去年も咲いてた・・の?
認知症の始まりか?
すぐ脇を通りながら、見落としていたのか。
家人に言わせると、「去年、あんたも見たよ」と言う。
見たのに・・忘れている・・・?
まずい!・・・
認識したものを忘れるのはまずい・・

でも・・まぁそんなもんか。


posted by 山口屋散人 at 00:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。