2017年10月02日

年寄の目だそうだ

IMG_0676.jpg

9月26,27日と青森は三沢市から函館市に行ってきた。
個人ではおよそ無理な団体ならではの、しかも主催は新聞社ということもあり
普段では無理な所への侵入が許可されたり、解説を聞くことが出来た。
(福島民友新聞主催 大人の社会科教室)

およそ二日間で200枚の写真を撮ってきたのだが、整理がつかないでいる。
両眼に異変が起こってしまったからだ。
特に左目が急性後部硝子体剥離だそうで、でっかくて黒いクラゲかアメーバの
ようなものが、視野の中に浮遊している。
緊急性は無いとの事であるが、しばらくはこのお邪魔アメーバと暮らしてい
かなければならないらしい。
うっとうしいが、酒は飲んでもよいとのことで、勿怪の幸いか。




posted by 山口屋散人 at 20:57| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土方歳三終焉の地、といえば函館(アレッ、なぜそこに)、説明文で納得です。函館まで行かれたのですね。函館といえば、函館山からの夜景やら啄木の銅像、八幡坂・基坂、立待岬と見るところが沢山です。
それはともかく、お目々の方が心配です。青葉学園、栗子山、巨大氷柱などなど予定が目白押しですよ。
ところで「青葉学園跡探索記」2ヶ月ぶりに漸くアップしました。続編報告の約束まではしていませんが、それをにおわせて結びとしています。
心配です、お大事になさって下さい。
Posted by 黒パン党 at 2017年10月02日 23:51
お見舞いありがとうございます。

左眼が、例えればサッシの網戸越しに見ているような感覚なのですが、慣れればどうということもなさそうです。

ありがたいことに、安静にしておれ、という事ではありませんので、戦闘態勢はとることができます。

探索記、大変な長編でびっくりしました。さっと読ませていただきましたが、印刷してじっくり後で読ませていただきます。

ところで、メールを今晩にでも送りますので、よろしゅうに。

Posted by 散人 at 2017年10月03日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。