2018年04月04日

いくどうおん


DSCF0316.jpg

「何か今年の桜はきれいじゃないねぇ・・」
皆が皆というほど、口をそろえてそう言う。
色彩もいまいちながら、満を持したという「生命の輝き、躍動感」とでも言うのか、
精気のようなものを感じ取ることができないでいるのだ。
そのためか「うわぁー綺麗!」という圧倒されるような感動がない。

こういうストレスを感じさせる桜は初めての経験である。
史上最速の開花というが、それよりはいつもの桜を。




posted by 山口屋散人 at 15:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。