2018年06月11日

俺たちはいったい・・

わんこの散歩から帰ると、雨が降り始めた。
庭の手入れをして、午後からは会津若松に出張る予定だったのだが、
少し早い降雨に変更を余儀なくされた。
と言っても、庭の手入れが、部屋でゴロゴロになっただけ。

午後から土湯峠経由で若松へ。
福島真向会の練習日へ参加する。

途中、磐梯町の道の駅へ寄ると、佐渡ヶ嶽部屋の貸し切りバスが2台。
皆、横にデカイがあまり背は大きく感じなかった。
しかし、親方(琴の若)はデカイ。(画像なし、残念)

帰ってきて、高校陸上部の集まり(酒飲み)に出る。
札幌在住のSが植樹祭で福島に来たので、地元の連中が集う。

話は今年のインターハイ県大会の男子100メートル決勝に及ぶ。
出場8名が全員10秒台の走りだったのだ。
追い風は公認ギリギリの1.9メートル。
メンバーの中に現在の福島陸協の会長がいるので、
「少し、風測計のソンタク読み違いなんてねぇの?」と言うと
やりたくても出来ないシステムなんだそうだ。

札幌在住のSは100メートルが専門だった。
10秒台で走っても、6位まで入れず、東北大会にも出られないという
現実に、「俺たちはいったい何をやっていたんだ!」
と感慨深げにのたまった。


福島県大会.jpg


posted by 山口屋散人 at 16:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。