2018年08月15日

どうされたか


DSCF0380.jpg

終戦記念の日。

三年前のこの日、自宅の塀に日章旗を掲げる老人がいた。

「三年前のブログ」

海軍に応召されて、駆逐艦に乗っていたが、病気のため内地に送られ終戦という
話を伺った。

犬の散歩で、ここは時々通るのだが、それ以来、お姿は見かけなかった。

昨年、一昨年と、この終戦記念の日には、ここを通らなかったので
日章旗が変わらず掲げられたのかどうか知らない。

今年は無かった。

健在であれば、今年満99歳になる方であった。


posted by 山口屋散人 at 18:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。