2019年04月05日

今、よみがえる。近代福島の歴史的建造物展

ちょいと自転車で出掛けて見てきた。

rekisitekikennzoubutu.jpg

昭和30年頃の地図らしい。
わが店が今の場所に無い。
元は豊田町にあったのだが、そこに存在していた。
翌年、今の仲間町に移転した。

yamagutiya-toyodamati.jpg

県立図書館の火災は昭和35年。
この火事の日は南風が吹き、天の川のように我が店の上空を火の粉と煙が
流れて行ったのを覚えている。
紙がチラチラと燃えながら飛んでい行った。

posted by 山口屋散人 at 07:09| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
skannoです。ご無沙汰しております。
興味深い地図ですね。山口屋さんは電車通りに面していたのですか。クイン洋裁店もみえる。クイン洋裁店は稲荷公園の北向かいにありましたね。集団で移転したのかもしれないですね。
Posted by skanno at 2019年04月17日 20:35
私もクインがここに在ったということで、驚きました。
わが店の南隣りが郵便局で、信夫さんという名家がやって
おられたんですが、瓜生いわ子の後援者としても有名です。
Posted by 散人 at 2019年04月18日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。