2019年04月28日

無駄足を踏む

満を持して、栗子峠に出掛ける。
コシアブラには、ちと早いような気もするが、この10連休で
他の人がどう出るか分からない。先んじる必要がある。

で、ダメ。

まだ一週間は早そうだ。

仕方がないので、手土産がわりにウコギの木が何本かある箇所に
行ってみた。

DSCF3550.jpg

他家の分まで収穫。
帰りがてら、配って歩く。


帰宅後、天皇賞の結果を見る。
リプレイ動画だが、3分は長い。

2019春天.jpg

何故にもっと(千円とか)つぎ込まないのかと反省。
これでまた少し遊べる。


posted by 山口屋散人 at 17:51| Comment(4) | けーば | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
以前より福島市内の探索記事を楽しく拝見させていただいておりました。

記事の内容と関係なくて申し訳ないのですが、
福島市内に"風穴"という、真夏でも冷風が吹き出る場所が何箇所かあることを知りました。
参考:
http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/17394/kg040-07.pdf

そのうちのどれかに行ってみたいと思うのですが、他に情報がなくアクセス方法が心配でした。

福島近隣の山歩きをされている山口屋さんなら
なにかご存知かと思いご相談させて頂きました。

何か情報などご存知でしょうか。
Posted by プラム at 2019年05月03日 10:07
プラムさん、ようこそ。

実は福島市内に風穴があるというのは、全く知りませんでした。
白石市の材木岩を見に行った時に、風穴を利用した小屋があり
入ってみたことがあります。
蚕種か何かに使っていた天然冷蔵庫の小屋だったような気がします。
10年ほど前のことでしょうか。
しかし、
茂庭や、栗子山にも風穴があるとは知りませんでした。
ありがたい情報をいただきました。
探索の種に使えそうです。
ということで、お役に立てず申し訳ありません。

(で、鹿摩大先生様、栗子山に風穴って知ってましたか?)



Posted by 散人 at 2019年05月04日 06:51
大先生よりメールを戴きました。
以下、抜粋を記します。


「 結論から云うと、大先生(?)にも全く分かりません。

で、大滝会、木村前会長さんにもお伺いしてみましたが、
   風穴は勿論、穴平という地名(?)も聞いたことがないそうです。


 それから余計な話しですが、
   信夫山にも相当有名な風穴があったそうです(羽黒神社の下)。
   現在は参道工事などのため無くなったそうです。
    (梅宮茂『信夫山めぐり』41頁)  」




Posted by 散人 at 2019年05月05日 06:53
山口屋さん
わざわざご確認まで頂いて恐縮です

風穴については、地元でも知られてないって感じだと
七ヶ宿の様に地元で活用されてた訳じゃなく
地学的な調査で判明した様な感じなのかもしれないですね

信夫山にもあったとは驚きです。
確かに地下工場跡の穴からは冷気吹き出してる感じですし
そう考えると自然の風穴があってもおかしくないですね。

今回の資料の風穴については
御在所山は林道から直ぐみたいですし、平沢山の方は除染土の仮置き場(旧モトクロス場跡)から直ぐみたいなので、今度見に行ってみようと思います。

色々とありがとうございました。
Posted by プラム at 2019年05月05日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。