2019年06月24日

ものかは


IMG_1872.jpg

雑用もものかは、やはりしっかりと見ておかなければと出掛ける。

宮内コレクションとか、南奥博物館とか、あぁアソコねと言えるのは
70歳を越えた人だろう。
記憶の片隅にチラっと残っているだけだ。

先週、明治14年の万世大路の絵があると、従兄弟から連絡をもらう。
さっそく長老大先生に連絡したら、すぐに返事があった。


「明治14年と云うことなので、多分濱崎木麟(別添資料参照)の
「栗子新道畫圖」ではないかと思います。」


さすがに万世大路の生き字引はご存知でありました。

で、本日見てまいりました。
ついでですが、昔は最古の古銭として習った和同開珎もあり
これの実物は初めて見ました。

展示は明日までですので、見逃した方はお急ぎください。
場所はアオウゼです。




posted by 山口屋散人 at 19:34| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。