2019年09月15日

びあふら

oopo.jpg

PCでニュースを探っていると、「あ、爺さんが空いてた」と婆さんが寄越す。
「空いてない」と言っても、無理に寄越す。

仕方がないので、抱いて表に出る。
コスモス畑を眺めていると、娘が出てきて、パチリ。

随分、瘦せっぽちに写っているなと感想をもらすと、婆と娘が口をそろえる。
「腹はビアフラだけど、瘦せっぽちだよ」

我が家では「ビアフラ」という単語が飛び交うので、娘も知っている。
飢餓で痩せているのに異常に腹だけ膨らんでいる子供の写真がそれほど
強烈な印象であったのだと思う。

ところで「ビアフラ」って、まるで最近は聞かない。
いったい何処だったんだ?と調べてみる。


アルジェリアである部族が独立宣誓、内戦を引き起こし、二年半位で
ポシャちゃった国だった。

「ここは地の果てアルジェリア」での50年前の出来事。
posted by 山口屋散人 at 08:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。