2020年05月09日

営業再開に備えて

カエシさえあれば、出汁はその日に取ればよい。
蕎麦もその日に打てば良い。

でも中華麺の場合は、少し時間差がある。、
我が店の場合、打ってから60時間経てば、自信を持って提供出来るのだが、
案外、上手く行かないことが多い。
逆算して、月曜日の提供であれば、土曜日あたりかと妥協して計算する。

IMG_2592.jpg

実に久しぶりの感覚だった。
こんなに空いた経験はない。
体が体得しているので、迷うことは無いのだが、新鮮だった。

お店的には、3個あれば間にあう、という時もある。
かと思うと、30個近く出る時もある。

わが家は何屋だと思わないでもないが、何屋でも良い。
お客さんが来てくれるだけでも良いとしなければなるまい。


posted by 山口屋散人 at 21:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。