2020年05月30日

にちじょう

DSCF0825.jpg

今年も家人のお気に入りのバラが咲き誇る。
東浜町から一緒に移住したものだが、こちらの生活になじんだようだ。


DSCF0823.jpg

ドブサライは「溝浚い」と書くらしい。
この用水路の脇道を、お散歩の時によく通る。
誰がするのか知らないが、どぶさらいをしたようである。
と言っても、汚泥ではなく、砂以外は見当たらない。
ということは、流れる水のほとんどが湧き水ということのようだ。
だから、雨の日でも濁ることがないのだろう。
かつての福島用水など、こうやって流れていたのだろうか。

posted by 山口屋散人 at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。