2020年11月09日

我が家の守り神

PB080296.jpg

PB080305.jpg

PB080308.jpg

全長5,6センチ。
爬虫類の嫌いな家人が、洗濯物を干している時に発見。
悲鳴を上げなかったのは、あまりにも小さいからだとか。

どれどれと、さっそくモデルになってもらったが、迷惑そう。
ヤモリは爬虫類、イモリは両生類。
そして爬虫類は肺呼吸、両生類は皮膚呼吸と覚えている。
ここは乾燥したコンクリート上。

だから爬虫類、ということはヤモリ。
さらに、ということは家守であるから、我が家の守り神。
しかも赤んぼ。

posted by 山口屋散人 at 20:33| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
珍しいですね。ヤモリ、勿論知ってはいますが見たことはありません。貴重映像です。
ヤモリは家を守るのですから大事にしなくてはなりませんね。
赤い腹のイモリは子供の頃ザッコすくいでたまに取ることがあって、家で飼っていたこともありました。特に一盃森周辺の小川で取った記憶があります。
Posted by 黒パン党 at 2020年11月10日 09:14

そう言われてみると、私も久しぶりに見ましたね。
横浜に住んでいた浪人時代に、毎夜、曇りガラスの外側ですが
ピッタと貼りつくヤモリがいまして、鉛筆で形をトレースして
遊びました。
今考えると、慰めに現れてくれていたんでしょうか。

Posted by 散人 at 2020年11月11日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。