2020年11月12日

托鉢の僧は

家人は家事があるので、店に出てくるのが遅い。

今日は店に着くなり、「托鉢のお坊さんが歩いている」とのたまう。
しかも、裸足にわらじだと言う。
そして「声が素晴らしく良く、立ち姿が美しい」ので感心したそうだ。
小生も外を覗いて歩いている姿を確認した。
確かに様になっている。


うちの店の前に立ったらばどうしようかと言うので、これを喜捨
するようにと500円玉を家人に渡す。
よく山形の檀家の少ないお寺の坊さんが托鉢して歩いていると聞く。


そばを打ち終えてから戻ってみると、やはりお店の前に立ったそうで、
喜捨の返礼なのか「でっかい名刺をもらちゃった」と言う。
そして最敬礼よりも、よくそんなに体が曲がるねという位の
お辞儀をされたそうである。
凛とした若い坊さんで、「足が冷たくないの?」なんて少し話をしたらしい。


でっかい名刺を見ると岩手県にあるお寺の坊さんだった。
店が終わってから、どんなお寺なのか調べてみることにした。

IMG_2904.jpg

IMG_2902.JPG IMG_2903.JPG


何とびっくりしたのだが、このお坊さんだった。


obarasoukan.jpg
posted by 山口屋散人 at 21:00| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山口屋散人様

 何とも言えないですが

 「汝自分の務めを果たせ」
を務めているのが、心に来ました。

自分ができることと務めている。
私にはできるか、考えています。

できれば、寺院名も公開していただければと

蜩c
Posted by 蜩c at 2020年11月14日 19:56
柳田さん、どーもです。
画像を拡大すると、寺院名と住所が読めますよ。
検索で入力途中なのに、もう名前が出てくるような
有名人ですね。
Posted by 散人 at 2020年11月15日 06:08
山口屋散人様

よく見たら、見えました。
ありがとうございます

最近、えせ托鉢も多いと聞きます

良いことをされたと思います。

蜩c
Posted by 蜩c at 2020年11月15日 06:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。