2020年11月25日

備忘録 赤岩駅近辺

DSCF3763.jpg

DSCF3768.jpg

DSCF3765.jpg

DSCF3774.jpg

前から頼まれていた赤岩駅周辺の案内をしてくることになった。


帰りがけ途中で解散し、黒パン党さんと二人で赤岩駅へと向かう。

DSCF3784.jpg

ホームに立つと、なんと電光掲示板が動いている。
すっかり廃駅になったものとばかり思っていたが、違うらしい。

DSCF3785.jpg

列車が全部停まらなくなって三年半以上も経つ。
しかし、停まらないだけで、駅として赤岩駅は健在だということなのだろう。


大笹生小学校大平分校跡地に出る。
遊具や建物は既に撤去されて、単なる荒地になりつつある。

DSCF3793.jpg

ここで珍しいものを見つけた。

DSCF3790.jpg

山繭(天然の繭)が風にゆれていた。


DSCF3794.jpg

来る時も三匹ほどに遭遇したが、帰りもこの一匹に。
この猿はガードレールに腰をおろしたまま、我々の車を見送った。
そのくらいならばと、降りてカメラを取り出すと、逃走。
逆光のため、写りが悪い。






posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(6) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山口屋散人様

もしかして、赤岩2往復ですか?
Posted by 蜩c at 2020年11月25日 20:36

いえ、周遊みたいなもんですかね。
ひさしぶりなので、足にがたが来ました。
Posted by 散人 at 2020年11月26日 16:26
先日はご多忙のところ現地案内ありがとうございました。とても一人で行けるところではありません。感謝。
おかげさまで素晴らしい体験をさせて頂きました。
現地の廃線遺構は想像以上の代物でその迫力に圧倒されました。100年以上経過してもあれだけしっかりと残存しているのは素晴らしいことだと思います。
初期の路線変更が第7号隧道の被災にあったということについて初めて知りその痕跡を確認しました。
機会があれば板谷駅周辺も見てみたいですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by 黒パン党 at 2020年11月26日 21:00
先日はこちらこそお世話になりました。
ちょっとおどろおどろしい所ですが、皆で行けば
怖くないですね。
久しぶりに藪歩きを満喫しまして、楽しかったです。
また、行きましょう。
Posted by 散人 at 2020年11月27日 16:11
前の記事に郡山の眼科に行ったと書いておられましたのでので眼病か、とご心配申し上げましたが、今回の記事では書いておられなかったので、良かったです。私は今年の夏に網膜剥離になりましてえらいめに会いました。入院手術して、幸い快癒しました。お互い老人なので気をつけなければなりませんね。
Posted by skanno at 2020年11月27日 20:46
skanno先輩、おひさです。
ご心配していただいて有難うございます。

実は右目の白内障が酷くなってきたのですが、福島市の
場合、手術が一年待ちの状態らしいのです。
急ぐのであれば、郡山の病院を紹介しますよとのこと。
で、県内から郡山市に行くみたいです。

網膜剥離だと、入院中ずっとうつ伏せでいないとならないと
聞きました。大変でしたね。
それからすると、白内障はその日のうちに帰れるとか。
郡山の病院は入院が必要ですが。

さすがに老化を感じる年齢になってきました。
変なところを彷徨、怪我をして笑われないように
気を付けなければ、と自戒しております。
Posted by 散人 at 2020年11月28日 07:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。