2007年07月22日

町なかのお散歩

朝方までの強い雨を思うと、あがったからといって
出かける気にはなれない。
といって、このままダラダラと過ごすのももったいない。

街中での気になる宿題もあることは・・ある。
その一部を用達することにした。

御倉町というのは、旧市内に住んでいながら、何と読むの
か分からない。あまり耳に入ってこない町名だ。
だから今日まで「みくらちょう」だと思っていた。
「おくらまち」が正しいそうだ。

その町にある「旧日銀支店長邸宅」を見に行った。

何となく米沢の上杉子爵邸に似ている気がした。
歪みのある昭和初期の窓ガラスなどが同じだ。

一番感心したのが、門を入ってすぐにある、この小屋。

DSCF0783.jpg

人力車の車夫が待機する小屋。まさに権威の象徴のようだ。
一間X一間半で奥に雪隠という造りである。

奥のトイレと思われる戸を開けてみると、アンチークな
朝顔便器が現れたのはよいのだが、ギャオオ〜!!
ゴキブリちゃんが数匹で運動会をしていた。

      犬

ついでに宝林寺という時宗のお寺に寄ってみる。
維新戦争の時の官軍側の墓か何かあったはずだという
記憶があったのだが、そのような案内はない。

境内には見事な公孫樹の木があった。

DSCF0790.jpg

隣接して小さな墓地があったのだが、古いお寺さんにつき
もののように無縁となった墓石が集約されていた。

DSCF0788.jpg

いくつかの石碑を読んでみると天明とか文化とか明治とか
読み取れる。
祖父母にして4人、曽祖父母にして8人、そのまた上に16人。
例え、血を引くとしても、代が下がればこんなもの。
自分の墓だって、せいぜいお参りしてくれる人がいるのは
孫の代まで、なんだろうな。
それ以下になると、こっちとしても「あんた誰?」だし。

一番良いのが阿武隈川にでも灰を流してくれれば、面倒が
無いと思うのだが、そうもいかないのであれば、こうやって
少しずつ消えていくのが良いのかも。
posted by 山口屋散人 at 20:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米沢藩などの米蔵があった所ですね。

トイレ付き車夫用の待機小屋ですか。
真っ先に撤去されそうな物件ですが、よく残ってましたね。
目の付け所がステキです(笑

腰の具合も良くなったご様子ですので、また「宿題」w
三島が造った明治の信夫橋(石橋)の親柱が保存されてるとの事ですが、ご存知でしたでしょうか?
信夫山公園、一小、一中に1本ずつ、もう一本は行方不明だそうです。
40年も前の本がネタ元ですが・・・。

wiki見ると橋脚跡が見えるみたいですね。
Posted by TUKA at 2007年07月22日 21:29
いや〜これも三島がらみだとはうっかりしてました。
親柱ですが、一中のは見たことがあります。
私の出た二中にもあるんです。信夫橋かどうか記憶があいまいなのですが・・
多分信夫山には無いはずです。
一小は?  う〜ん、お、おじかんを〜。
Posted by 散人 at 2007年07月23日 20:28
信夫山公園内の中腹だそうです。
一中の「江戸街道」の道標はきっちり確認してますが、
親柱はあったような、なかったような・・・。

当初は一小に欄干も含めて全て移設したようですが、
徐々に拡散していったようです。
Posted by TUKA at 2007年07月23日 23:20
実はこの日、あづまエビスさんのお墓にもお参りしてきたのですが、一小、一中出身の彼に聞ければなーなどと思ってしまいます。彼のHPに信夫橋について書いてあったのを記憶しているのですが、そのページは保存していないのです。残念。

市の歴史資料館のような施設がわりと近くですので、図書館での自力の調査でダメなら、そこで他力本願で行こうかと思っています。

信夫山については、中腹と聞いて、ますます確信をもちました。 ・・まず無い、と。(あっさり有ったりして・・)
Posted by 散人 at 2007年07月24日 09:21
あずまエビスさんのサイトですが↓から見れます。
ご参考にどうぞ。

http://web.archive.org/web/20050414082418/www.h5.dion.ne.jp/~bonch.f/shinobubashi.htm
Posted by まるみや at 2007年07月24日 20:57
まるみやさん、どーもです。
よく保存していましたね。さすがです。
でも三島の橋については書いてありませんでしたね。
今日の夕方は彼の出版した(1995)本を読んでいました。
エビスさんから(2003)いただいたものです。
彼のHPの文章は、あまり上手いなとは感じなかったのですが、こちらの方は随所に流石と感じさせられました。
小生は「盆地の道」は保存しておいたのですが、こうして彼のHPを保存していてくれる人がいるのは何だかうれしいですね。
Posted by 散人 at 2007年07月24日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック