2005年07月19日

よそ猫篭城事件勃発!

yosoneko1

我家のメス猫は、人間の美的感覚からいけば美人とは
言いがたいのだが、このご近所ではモテモテである。
どうもこの辺は女ヒデリらしいのだ。

うっかりしていると雄猫に家に入りこまれる。
なかにはシブトク篭城を決め込む猫さえいる。
画像の猫は二重カーテンのレールの上に逃げ込んだ。

猫に限らず、開き直ったものはやっかいだ。
ちょっとやそっとでは降りてくれないし、歯向かう。

こういう時は猫好きも何もあったものではない。
断じて排除するという強い意志が必要である。

ただこの猫にしても飼い主がいるであろうことで、
怪我しないように気をつけなければならない。

新聞を丸めたもので、気合をこめて2〜3発。
ようやく、用意した椅子とテーブルの階段状ルートで
逃げ出してくれた。
窓から逃げ出す、そのケツにもお仕置きの一発。
これで懲りてくれればいいのだけれど・・

posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック