2004年09月04日

モチベーション?

「蕎麦は健康食だ」などとは正直思っていない。
そうであれば不健康食というものがあるはずである。
そんな食べ物は聞いたことが無い。
およそ人間の食べ物で、初めから健康を害する意図があるものなど
在る訳がないのである。

問題は偏った食事であるはずだ。
朝からとんかつを食べ、昼には天ぷら定食、
夜には焼き鳥とビール、あがりにラーメンという生活をしていれば、
不健康に決まっている。

お客さんのなかには、来れば必ず天ぷら蕎麦という人もいる。
普段の生活を知らないし、天ぷら蕎麦はなかなか旨いので
これはこれで理解できる。

hiyasitenpurasoba



問題は、例えば糖尿病で医師から食べることを禁止されているお客である。
痛風で靴が履けず、片足をサンダルにしているようなお客さんがいる。
「天ぷらを二つ乗っけてくれないか」などと注文してくる。
また、家族に内緒で禁止されている天ぷらを食べに来る爺さんもいる。

こういう時、蕎麦屋は健康害食産業に変身してしまう。
モチベーションの上がらないこと甚だしい。

そういう食べ物が好きな人間に限って、食べられないような病気に罹ってしまう。
人間の三大欲求の一つは、業が深い。
posted by 山口屋散人 at 21:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
います。そういう同級生。
カツ丼が大好きで、一週間に4回。
餃子200個完食。割り勘で注文したフライドチキンは独り占め、酒はビールをお茶代わりにして、ウィスキーロックダブル、ジン、ラム、ときて仕上げはテキーラ。
お宅のお店でも必ずカツ丼を注文する、あのデブです。
昨年、糖尿からくる脳梗塞をおこし、入院。ようやっと退院してきて、後遺症がなかったので幸いですが、また酒のみはじめました。注意するのですが、だめです。こうなると自己責任ですよね。

う〜む、煩悩か?
Posted by ヒゲの理髪師 at 2004年09月05日 09:10
こういう人はどうなんでしょうね(笑)

http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/
Posted by gyuto at 2004年09月05日 10:49
愛煙家と一緒かと思います。
体に悪いと思っても止められない。
入院しても止めない。

でも肺がんと告知されると止めてしまう。でも単なる喘息だとわかると、止められない。

ちなみに、私は愛煙家です。かなり厳しい世間になってきましたが、止める気はさらさらありません(^_^;)でも最近はあまりにも風当たりが悪いので弱気。

近いうちに蕎麦食いにいきます。
Posted by 長谷川 at 2004年09月06日 00:17
あらら・・お得意様から三件ものコメントが・・

うちでカツ丼を注文するデブ?誰だっぺ?
髭の理髪師さん、今度会ったらカケそばにするように
言ってください。

gyutoさん、私はこういう人とは、とてものことお友達になれません。(笑)

長谷川さん、私も愛煙家です。
「禁煙しないでくれ」と女房が頼みます。
物をブッ壊したり、凶暴になるからです。
(ひょっとして素質的には凶暴なのかも)

Posted by 散人 at 2004年09月06日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック