2007年10月09日

ちょっと明星湖まで その2

DSCF1952.jpg

どんな山でも最初の20分くらいは息切れするものだが、
ここはいきなり急な登りとなり、心臓がバクバクした。
とはいえ、ちょっとはヨサゲな道もある。

DSCF1957.jpg

こんなのはほんの少々で、大概はこんな道。
延々と続くのをがまん、がまん、またガマン。

DSCF1955.jpg

所々に泥濘のひどい箇所がある。
この葉っぱ、どこかで見たこと有るな、と考えたら、
多分、水芭蕉の葉っぱだ。ぬかるみ避けに踏まれている。

DSCF1960.jpg

いくらなんでも、そろそろ着いても良い頃だと思って
いると、整備された階段状の道となる。
下の方でなくて、上の方が整備されているのも変な感じ。

DSCF1963.JPG

間もなくやっと平らな道になると、湿原に到着となる。

DSCF1969.JPG

やっと着いた〜と湿原に感動していると、あっさりと
明星湖が見える。

小さいけどきれいな湖という名の地塘だ。
(カメラ写りが悪くて、残念。AUTOじゃダメだったか)
あの鮮やかに赤く紅葉しているのは何の木だろうか。
手の届く範囲にないので分らない。今後の課題。

DSCF1976.JPG

整備された木道を名月荘へと向かう。
比較的新しくしっかりとしている木道だ。
ただ湿原の中を通らず、外周に設けられているので、相当、
遠回りとなるのは仕方がない。

bbDSCF1981.JPG

ガイドブックでしか見られなかった小屋が目前にある。

DSCF1982.jpg

この避難小屋は珍しく二階建の小屋である。
時計を見ると1時20分、誰もいなかった。
湿原にも見渡すかぎり誰もいない。
ちょっと凄く贅沢な気分。
とりあえず二階に上がってみる。

DSCF1985.jpg

窓のすぐ外に鐘が見える。
霧が深い時に登山者に小屋のありかを知らせるために撞く
と何かの本で読んだ記憶がある。
一回鳴らしてみた。
お寺の梵鐘のような深い響きではなく、安い金属音だった。

もう少し時間が早ければ、東大巓まで足を伸ばすのだが
今日はここまでとし、小屋でオニギリを食べることにする。
ちょっとトイレが匂うのが難点のため、窓を開けて空気の
入れ替えをした。

小休止の後、気温が下がってきたので、着替えて帰路につく。
さっきまで汗を拭いていたのに、冷たい風で指先がかじ
かんでくる。

DSCF1987.JPG

湿原の西には標高2035米の西吾妻山が見える。
標高1810米のこの湿原から見ると、すぐ隣だ。
まだ未踏なので、いずれ御挨拶に行かなくては。
この辺りでは唯一の2000米級の山である。





posted by 山口屋散人 at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤いのはナナカマドでしょうかね?
平らな湿原の向こうに、ちょこっと頭を出している西吾妻に感動させて頂きました。
Posted by TUKA at 2007年10月10日 20:34
な〜るほど、言われてみればガッテンガッテン。
赤=かえで という公式しかなかったんで、かえでと
違うのは見て分りますし、はてな?と思っていました。
割合、湿原なんていうのは殺風景ですから、
鮮やかな真紅の紅葉に感動したんですね。
ここじゃなければ、特に関心を持たなかったかもです。
Posted by 散人 at 2007年10月10日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック