2007年11月25日

どれが亀よ?

もったいないような穏やかな日だった。
少し動いたほうが良いかと信夫山を歩く。

DSCF1016.jpg

1770年代に造られたという祓川橋(メガネ橋)をあらためて
ながめてみた。
昭和45年に移築したということは、小生の高校生の時である。
入り口にあるために有難みがどうも薄くなってしまうきらいが
あるが、福島市の指定有形文化財だそうだ。
キーストン(要石)に鶴と亀の浮彫りが施されている。
亀が分かりにくいので、下に降りてみた。

DSCF1015.jpg

なるほど2匹の亀がいらっしゃる。

DSCF1017.jpg

しかし、底は隙間だらけで、大丈夫かなー?という感じ。
posted by 山口屋散人 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック