2004年10月07日

ごめラーメン?

ごめラーメンください。」
「はぁ?」
「あのぉー、ごめラーメンです。」

ごめラーメンとは五目ラーメンのことだった。
同じ町に日本語学校がある。
そのため、中国人の姿を見かけない日は無く
時々わが店にもやってくる。

最近の中国人は言葉を話さなければ、日本人と見分けがつかない。
いや、日本人より裕福そうでもある。
ブランド品のバッグや財布をもっている。
(まさか、日本で稼いでいるんであんめぇな)

別段、中国人に限らず偏見はもっていない。
しかし、少々印象は悪い。
皆が皆と言ってよいほど、汚く食べ残すのだ。
味付けが合わなければ仕方がないが、
同じ人間がまた来たりする。

中国からの留学生の9割が日本を嫌いになって帰るらしいが、
お店にとっても有難いお客さんではない。
それこそモチベーションにかかわる。

gome

画像はラーメンではなくごめ蕎麦である。
小生が作ると「エーとあと何だっけ?」
と時間ばかりかかるので、作るのはクビになった。



posted by 山口屋散人 at 23:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ごめ」ではありませんが、
東京の事務所で出前を取る蕎麦屋さんには「おかめ蕎麦」というメニューがあります。
山口屋散人ンとこには置いてないですよね。
この五目蕎麦がおかめ蕎麦のような気がするのですが・・・。
東京じゃ、「ごめ」じゃなくて「おかめ」?
Posted by gyuto at 2004年10月07日 23:40
大学時代の話です。

あとでその人は中国からの留学生だと知ったのですが、見た目や話し方では全く見分けがつきません。

学食で私の食べているものをしつこく聞いてきます。
「見ればわかるだろうが!親子丼だろ!」
ブツブツ言いながら去っていきました。

料理の見た目と「親子」という言葉が結びつかなかっただろうなぁ(笑)。
Posted by GILLS at 2004年10月08日 09:15
由緒ただしい「お蕎麦屋」さんでは、おかめ、とか、花そば、とかありますよね。
当店はドサクサにまぎれて蕎麦屋だといっている店なので・・・(ホント素性が悪り〜)

五目って何ですか?と時たま聞かれることがあります。(日本人ですが)
「おかめそば」みたいなもんです、と答えます。考えてみますと田舎町だと五目というのがアリガタイみたいですね。五目=デラックスという感じでしょうか。

そういえば、中国のお客さんに「親子そば」って何ですか?と聞かれて、説明した記憶があります。
結局食べませんでしたけど。
中国の人は「蕎麦」は食いません。
ほとんどラーメンです。
Posted by 散人 at 2004年10月08日 21:45
うまそうな五目蕎麦だなあ。食べたい!!

すいません、それだけです。
Posted by 長谷川 at 2004年10月09日 22:05
長谷川さん、いらっしゃい。
思わず笑ってしまいました。

ちなみに、小生は「ごめ蕎麦」は食べたことが一度もありません。
(部品的には当然ありますが)
そう言えば、「ごめラーメン」も食べたことがありません。
小生はごちゃごちゃ乗っかってるのが嫌いなようです。
Posted by 散人 at 2004年10月10日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック