2008年01月14日

めがね橋を見物

奥州街道八丁目宿なんて言い方は数年前まで知らなんだ。
福島市の旧市内に住む人間は八丁目なんて言っても、ほとんど
知らないはずだ。
松川町のことだ、と言えば、あぁそうがぃ、で終わりだろう。
めがね橋も、聞いたことがあるような・・という程度だろう。

その「めがね橋」をわざわざ見に行った。
うろ覚えの行き当たりばったりの道中である。

DSCF1062.jpg

適当に回っているとネットでよく見かける天神様があったの
で見物。確かこの近くのはずだった。

そのまま北上すると間もなく、三島通庸が作らせためがね橋
に到着した。
信夫橋と同時期に作られたということは、120年を超える訳だが
重量制限も何もない、バリバリの現役だ。
思ったよりも円弧がゆるい。
丸めがねでなく最近の流行の眼鏡のようですな。

DSCF1070.jpg


[訂正]
 このめがね橋は重量制限13トンだそうです。
posted by 山口屋散人 at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前は13tの制限標識があったんですが、
撤去されたんですね。
http://wing2.jp/~kaido/hasi/matu.htm

移設保存じゃなくて「現役」って所が凄いです。
Posted by TUKA at 2008年01月16日 19:38
あらら、以前にtukaさんのサイトで見た記憶があったので
探したのですが、橋梁ウェブの方ににあったのですね。
街道で探してました。
(それもやたら重くて・・何とかなりませんか)

重量制限は私が見逃したんですね。
解除されるわけがないし、隣の橋に何か工事が入っていて
数人働いていて、資材が積んであったもので
気が付かなかったんだと思います。

しかし、13トン・・? って、どんな車?でしょうね。
ほとんど意味が無さそうな気がしますね。
Posted by 散人 at 2008年01月16日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック