2008年02月09日

きらわれもの

xDSCF0206.JPG

このところめっきり見かけなくなった二千円札。
こうして忘れたころに入ってくる。
出どころは隣町で小売店を営むAさん。
たぶん財布のなかで邪魔なんでしょうな。

当店としてもお客さんにお釣りで使うのは、喜ばれないので
家人にスーパーでの買い物に使ってもらうしかない。

いつも家人がスーパーで使い、買い物袋につめていると
後に並んだお客さんに、レジのオバチャンがこう言うのが
聞こえてくるという。
「お釣りに二千円札が入ってもよろしいですか?」
スーパーでもなるべく早く出してしまう作戦らしいのだ。

この画像の二千円札は今頃予定通りスーパーのレジに一旦
収まり、断ることが出来ない気の弱いお客さんの財布に
つり銭として収まっていることだろう。



posted by 山口屋散人 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック