2004年10月22日

ンも出来ますメニュー?

メニューには本職と言うべきものと余技みたいな扱いのものとある。
いや、余技と言うよりも一応出来ますと言うメニューか?

どうかすると朝イチから一応出来ますメニューが続くときがある。
一日全体を通しても、「何でぇー?」と思うようなそんな日もある。

一応出来ますメニューは不得意という訳ではないが、やり辛い。
ある食堂店主が言っていた。
「うちではラーメンを一つ作るより、野菜炒め定食のほうが早い」
(へぇーと正直驚いた)

イチに段取り、ニに段取り、三四が無くて、五に段取りと言われる業界。
ケースAならドンドンいらっしゃい。
ケースDだとダンダン困ってくる。
「カレーライスだと早いですか?」と聞くお客さんがいるが、
当店の場合、ワースト5には入るだろう。

namikatu2

画像は近頃会津若松市で売出し中という「ソースかつ丼」の当店版。
小生の親父の時代は「並かつ丼」と言っていた。
ちなみに玉子でとじた煮込みかつ丼は「上かつ丼」となっていた。
何が上で何が並やら、時代と言うべきや。
これもやはり「一応出来ますメニュー」である。


posted by 山口屋散人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック