2008年03月03日

三等三角点おおさくやま

国道4号線で南から福島市に入る伏拝の坂の上で、信夫山の
後ろに椀にもった飯をひっくり返したような山を見ることが
できる。
いつも、何と言う山なのか気になっていたのだが、以前に
スキー場建設の話があった大作山らしいと分かった。

飯坂在住の同級のモンジョウ博士によると、ダイサクではなく
「おおさくやま」というのが正しくて、語源は「あうさか」
(逢う坂)から来ており、男女密会の場であったそうな。

sDSCF1189.jpg

いつもの通り、大雑把に地図を眺めただけで、出かけると
「すりかみ浄水場」に出てしまった。
これには予定が狂った。あらかじめ眺めた地図には、この
施設が記されてなかったのだ。
(帰宅してからもう一度、ネット地図を確認すると、マピオン
は全く無し、ヤフー地図は建物だけ表示されているだけで
浄水場の記載はされてなかった)
何か安全上の配慮がなされているのだろうか?

DSCF1194.JPG

進むにつれ残雪のために駐車場(記念広場)まで行けな
かったので、途中で車を置き、歩き出す。
歩きにきたのだから、どうという事は無いが、思ったより
雪が深い。
山の斜面にはまだらにあるだけだが、登山道には長靴がもぐ
るほどの積雪がある。

sDSCF1189 (1).jpg

ともあれ、山頂に。
この辺りに三等三角点(567M)があるのだろう。

sDSCF1189 (2).jpg

気温は高くも低くもない感じなのだが、風が無いのが
助かる。信夫山を眺めながら、お茶をわかし、昼食とする。

sDSCF1189 (3).jpg

同行のF班長は、この山で二つの山繭を見つけた。
自分で発見したのは初めてのことだそうで、無邪気に
喜んでいた。
この日の二つを含め、今シーズンは4個ほど見たことになる。
当たり年かな。

posted by 山口屋散人 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょいTrip | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック