2004年10月26日

野手上山から partU

裏手(北側)から、九十九折の道を登ると
やたら栗が落ちている。
少しばかり拾っても面倒なだけだ、とそのまま行く。

しかし、やけにあるナァ、と拾い拾い歩きはじめた。
目に付いた物だけを拾い歩いたのだが、
kuri1
頂上までにこのぐらい拾えた。
この後が大変なのよね

kuri2
売り物の栗と違って、殻をむくのは根気がいる。(女房の仕事だけど

kuri3
ここまでくれば、あとは食べるだけ。
芝栗はおいしいから、さぞかし旨い栗ご飯になってくれるだろう。
女房の話だと三合は炊けるとのこと。

来年は本格的に栗拾いに行くかなぁ・・。
登山道の上だけでこのくらいだから。

追加 10月27日
おにぎりにして3個食べたところで、思いついて撮る。
懐かしいような味がしました。ゴチ。
onigiri


posted by 山口屋散人 at 21:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
栗ご飯のおにぎり、おいしそうですね。

とある事情からヒゲを落としましたのでハンドル名をヒゲの理髪師から変更しました。ま〜心境の変化と申しましょうか〜。
Posted by りはつし at 2004年10月29日 18:13
hajime様から伺いました。
つらかったですね。お察しいたします。
Posted by 散人 at 2004年10月29日 20:39
ありがとうございます。
いつも心の中でほほえんでいます。
Posted by りはつし at 2004年10月30日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック