2008年03月18日

すぱすぱ

sDSCF0232.JPG

席につくなりスパスパとやり始める。
結局、蕎麦一杯を食べるだけのことで、これだけの
煙草を吸っていった。
それもそこそこ若い女性のお客さん二人だ。
いわゆる水商売の方達ではない。昼間のお勤めの方である。

       犬

5月からタスポなるカードがないと、自販機では煙草を
買えなくなるらしい。
真面目に取り組んでいる人達には申し訳ないが、ばかばか
しい限りだ。
そんなことをしても未成年者の喫煙が減るとは思わないが
確実に成人男性の喫煙は減るだろう。
すでにその兆候は目に見えてある。
大手企業に勤めるお客さんほど吸わなくなっているのだ。
喫煙は三流企業?の証明になってはかなわない。
確実に確実に流れは禁煙、嫌煙に向かっているのだろう。

(いちはやく禁煙した小生はえらい。もうすぐまる3年、
 ナニ、これが言いたくてなし)
posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
禁煙3年目は本当に偉いと思います。
少数派になりつつある喫煙組としては、この客はいただけませんなぁ。
お食事処で吸うのは論外。最低限のマナーってものがあります。
でもこういう輩は、コンビニ弁当を公園で食べてプカプカやりますよ。
寅パパ@北京
Posted by 寅パパ at 2008年03月19日 09:22
寅パパは日本を代表する企業グループですから
禁煙せにゃいかんでしょうが、対外折衝(特に中国)ではどうなのでしょうね。かえって嫌われるかも・・なんて考えますが。
Posted by 山散人 at 2008年03月19日 20:25
う・・・(汗)。
百害あって一利無しだと理解しているのですが、中国と付き合っていると、どうしてもねぇ・・・などと言い訳したりして。
マナーを守って適量を嗜むことが肝要です。
Posted by 寅パパ@上海 at 2008年03月20日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック