2004年04月06日

標準木?

 季節の端境期は麺類を扱う商売にとって、まったくもってやりづらい。
ちょっと暑いと「冷しラーメンはま〜だ?」とくる。
かと思うと次の日には雪が舞ったりして、鍋焼きうどんなんかをせっせと作らされる。
概して、「まだか、まだか」と季節の先取りをするお客さんに限って、シーズンインと共にあれだけ騒いだくせにさっぱり食べなくなるのだから不思議なものだ。そしてシーズン終了間際になると「まだ出来るよね」とばかりまたぞろ騒ぎ立てる。
こういうお客さんの言うことは、正直言ってあまり聞く耳を持たない。翻弄されるだけのことだ。

 季節メニュー、例えば「冷しラーメン」を例に取ると、準備だけで1週間から10日かかる。食器の入れ替えもあるが、スープ(タレ?)の熟成に1週間は必要なのだ。作ったばかりのスープは味がとんがっている。味にまるみが出るまで寝かせる。(な〜んて言うと、一流の店みたいでちとハヂカシイ)
それに麺自体の作り方も変わる。温冷どちらかに標準を合わせて作るわけだから、予想が狂って逆に来た時は店もお客さんも悲惨である。

 桜の開花宣言をする時は、標準木というのがあるそうだ。この地区でただ一本の標準木。実はお店にとっては、標準木ならぬ標準人と呼べるお客さんがいる。このお客さんが言い出したら、「GO!」という人だ。
その話を同業者としたら、やはりそれらしいお客さんがいる、とのこと。みんな同じようなもんなんだなヤ。
posted by 山口屋散人 at 21:49| 福島 | Comment(8) | TrackBack(2) | 麺類学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 山口屋さんの冷やしラーメンは、世間一般で言う冷やし中華ですか?それとも、山形県で有名なラーメンの冷たいものでしょうか?
 実は山形県の冷やしラーメンが旨いと聞いて、出張のときにいただいたのですが、スープがやたらとしょっぱくて食えたもんでは無かったです。でも我慢して何とか食べました。
 ぜひおいしい冷やしラーメンを食べてみたいと思っています。
Posted by 長谷川 at 2004年04月08日 22:06
冷やし中華のほうです。でもお店の表示は「冷しラーメン」になってます。
大分以前の話ですが、熱いラーメンのスープを冷やして実験してみたことがあります。同じ物とは思えないほど不味くて、人間の食い物じゃないみたいでした。
私も機会があれば、山形式のを食べてみたいです。
Posted by 山口屋散人 at 2004年04月08日 23:04
冷やし中華の季節になりました(^^;
まだ少し早いでしょうが、でもコンビニの棚にはあのうれしい色合いが並んでいます。今日のお昼には近所の食堂で味噌ラーメンをいただきましたが、オーダーしてから壁に貼られた献立をふと見上げると、「つけめんはじめました」の札がありました。このつけめんというやつも曲者で(何が曲者かわかりませんが・・・)つゆが暖かいものと冷たいものがあるようです。夏の暑いとき、酸味の利いた冷やし中華をいただくのも至福ですが、冷たいめんを和風のたれにつけていただくつけめんも捨てがたいものです。ああ早く山口屋さんに行きたい。
Posted by gyuto at 2004年04月09日 18:41
「つけ麺」というのを一度も食べたことがありません。たまに若いお客さんに「つけ麺」ないですか?なんて聞かれることがありますが、どーなんでしょ。
おいしい「つけ麺」のお店があれば行ってみたいですね。
Posted by 山口屋散人 at 2004年04月10日 15:24
和風タレのつけ麺って食べたこと無いです。たまにつけ麺を食べますが、ラーメンのスープの濃いやつでした。人に薦められるほど美味しいつけ麺って食べたこと無いので、俺も教えて欲しいです。
Posted by 長谷川 at 2004年04月11日 17:59
福島市13号沿い福島銀行本店ほぼ向かいにあった「飛出飛来(ひでとら)」のつけ麺は絶品でした。酸味のきいた(私はさらに酢を追加してもらってた)温かいスープにつけて食べる。そのスープがおいしい。

まずは普通に食べる。ここでチャーシューを食べてはいけない。

次にスープ(ちょいしょっぱ目)にさらにスープを足してもらって飲む。うまい。ここでやっとチャーシュー。

最後にごはんを注文。ラーメンライスにする。

ほんとにおいしかった。もう店はないっすけどね。
Posted by GILLS at 2004年04月13日 17:11
そう言えば、上松川の「伊達屋」さんで一昨年(!)メニューに加えていた冷やしもおいしかったです。表現が難しいのですが、いわゆる冷やし中華ではなく、「伊達屋さんが冷たいラーメンを作るとこうなるのか〜!」感動するくらいおいしかったです(個人的観点)。

でも去年は作りませんでした。「冷やし塩そば」になっていました。「他にないメニューを作りたかった」とのこと。十分に他店と差別化できていたと思うので残念です。冷やし塩そばは...微妙でした。

なので(長文スイマセン)一昨年→伊達屋、去年→飛出飛来に通いました。伊達屋さんに「一昨年のメニュー作って」と今度頼んでみます。
Posted by GILLS at 2004年04月13日 17:18
上松川の伊達屋さんですね。きっと普通のラーメンも美味しいのでしょう。機会をみて行ってみることにしましよう。どこにあんだべし?「べんりチャン」買ってこなきゃ。
Posted by 山口屋散人 at 2004年04月13日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

season
Excerpt: 山口屋的文化MEN類学 桜の開花宣言をする時は、標準木というのがあるらしい。この地区でたった1本の標準木。 同じように、飲食店(特に麺類を扱うお店)にも「冷やし中華」など季節メニューを投入する際の基準..
Weblog: TAK@LOG
Tracked: 2004-04-13 17:35

season
Excerpt: 山口屋的文化MEN類学 桜の開花宣言をする時は、標準木というのがあるらしい。その地区でたった1本の標準木。 同じように、飲食店(特に麺類を扱うお店)にも「冷やし中華」など季節メニューを投入する際の基準..
Weblog: RUGSOLE
Tracked: 2004-04-13 18:21