2017年11月20日

青函トリップから

青森県三沢市の先人記念館は、廣澤安任の記念館と言ってもおかしくない。
開拓は彼一人によるものでもないので、まとめて先人として、敬意を表して
いるのだろう。

その展示物の中で、珍しいものを見た。
廣澤が亡くなった時(明治24年)の香典控えだ。

ssIMG_0507.jpg

IMG_0507.JPG (拡大用)

もう120余年が過ぎているので、誰はばかることはないのだが、こういうものは
めったにお目にはかかれない。

山川浩の香典は断トツ一位の5円。
柴四郎(東海散士)は3円。
大山巌は1円50銭。
下の方に西周の名も確認できる。

山川浩は陸軍少将までなり、現筑波大学、お茶の水女子大の校長などを
やっていた時期であるが、食客が多数おり、終生貧乏をしていたという。
しかしながら、5円。

この時代の1円の価値はどうなのか、学芸員さんに問うてみたのだが、
そんなことを聞くのは、小生が初めてらしく、分からないと言う。

ネットの時代はその気になれば、簡単に調べがつく。
そのまま信用できないのが難点だが、いくつか当たれば、大体わかる。

3800倍にして現在に相当とするものがあるが、ちょっと?
この時代、長崎市での農作業雇の女性の月額は2円前後。
機織りの仕事は月額4円前後という資料がある。
農作業雇というのが、いまいちよく分からないが、機織りは工場務めと
考えれば良いのかなと思われる。

日本がまだ貧しく、労働者の地位もはるかに低い時代である。
山川が差し出した香典は、現在の10万円を超える価値であったようだ。


posted by 山口屋散人 at 13:06| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

惜しかった


IMG_0755.jpg

先日の探索行で、黒パン党さんが天然なめこを採取してきた。
そのおすそ分けを戴いたので、翌日の朝、豆腐とみそ汁にして、残った
ナメコは、おろし和えにして、酒のつまみにした。 

そういえば・・と痕跡探しに歩いているよう時に発見し、何のキノコか
後で調べようと写真を撮っていたのを思い出した。
黒パン党さんにお尋ねすると、まさしく天然ナメコに間違いないとのこと。

DSCF3275.jpg

う〜ん、素通りしてしまっただ!




posted by 山口屋散人 at 21:48| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

最後の稲束


DSCF0259.jpg

家の近くの田んぼ。
今年は耕作をやめてしまうのだろうかと心配した田んぼだ。
無事に収穫も終わったようである。

二三日前のことだ。
家人が「去年もそうだったのだけど、今年も稲が一束残っている」と言う。
朝のわんこの散歩のついでに探してみると、確かに隅に一束残っている。

調べてみたら、「最後の稲束」「神の稲」などと呼ばれているみたいだ。
収穫の感謝儀礼で、残した稲束に何か構築物をかけるなどして、一定の時期に
刈り取り、一緒に「田の神」を家に迎い入れる儀礼を行うという。

団地の中の田んぼに、そんな習俗が生きているとは不思議な感じ。


posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

チャリで30秒で行ってきた

すぐ近くの世良修蔵の墓。
ホントだ、綺麗になっている。
なんでも、大河ドラマの「八重の桜」にもチョロチョロ出たらしいので、
そのころに改修されたらしい。

IMG_0720.jpg

IMG_0722.jpg

IMG_0721.JPG

解説文は、ずいぶん好意的に書いてあるように思える。
古老の話では、皆、世良の墓に小便をひっかけるので、稲荷神社の境内であれば
その風が収まるであろうと、移築されたのだという。
福島県は白河、二本松、会津、そして会津と関りが深い北越と戊辰戦争のメッカだ。
庶民が小便をひっかけたくなるのが、自然な感情かなとも思う。

posted by 山口屋散人 at 20:43| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

これのことか?


DSCF0248.jpg

日曜日、車で15分かけてかつての庭にワンコのお散歩。

DSCF0251.jpg

DSCF0250.jpg

DSCF0253.jpg

もっと近づいて撮ろうと思ったら、気配でドボンと逃げられてしまった。
ふと、後ろを振り向くと、こんな立て札が。

DSCF0255.jpg

posted by 山口屋散人 at 07:23| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

なしてだべなし?

DSCF0223.jpg

この用水路も

DSCF0229.jpg

この用水路も

DSCF0227.jpg

信夫山の南側を流れる秡川に吸収統合される訳であるが、どうしたことか
雨降りが続いても、濁らない。
松川からの分水であるので、生物はいないのは分かる。
しかし、雨ならば濁った水が流れそうなものだ。
湧水が混ざったとしても、それにしてもと思われる。
取水口を見に行ってこないとかな。

posted by 山口屋散人 at 19:28| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

どーすんだこれ?

日曜日のワンコのお散歩は、時間に余裕があるので、ちょっと突っ込む。

DSCF0220.jpg

飯電の岩代清水駅に出てしまった。
何やらホームに入場する通路に怪しげな機械がある。
1周してみたが、意味不明。
例えば、小生がここから乗って、福島駅に行こうと思えば、どーすんのこれ?
無人駅だから聞きようがないし・・

DSCF0219.jpg

切符はどこで買うんだべ?
電車にも乗れない年寄りになっちまったか。

posted by 山口屋散人 at 15:44| Comment(3) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

うか


わが家の広大な日本庭園の片隅で、アブラゼミの羽化を発見。

IMG_0422.jpg

去年はさっぱりだったが、今年はいくつか見られるのだろうか。

IMG_0423.jpg

今朝にはもう飛び立っていってしまった。
わが家の生まれなので、無事に7日間過ごせよと祈る。



posted by 山口屋散人 at 08:42| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

あぶね 3


P2090640.jpg 
(Darkさん提供)

どんな所に探索に行ってきたのかというと、こんな所。
先行は小生、後続は黒パン党さん。



posted by 山口屋散人 at 07:37| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

そろそろ青葉谷へ

IMG_0413.jpg

IMG_0414.jpg IMG_0415.jpg IMG_0416.jpg

そろそろ、児童養護施設、青葉学園の創立地への探索行が近づいてきたので、
創立者の三尾砂先生の墓地に詣でてきた。

創立50周年の記念誌で、何か資料を探せないかと、図書館から借りたものの、
ついつい読み解くと、こんな人が存在したのだと深い感動に、恥ずかしながら
涙がこぼれた。

奥深い山中で、子供の足なら3時間ほどもかかるであろう廃鉱山の宿舎跡を
探すわけであるが、およそ70年余が経過している。

この辺一帯は蛇体と呼ばれていたが、青葉が海のように茂っているので、
青葉谷と呼び、途中の峠は青葉峠とし、ついでに青葉学園としたとある。

時計もカメラもあったのだが、「食べちゃった」そうで、当時の写真は
民報新聞の記者が取材で撮ったものが唯一とか。

雪深い地であることを知り、わずかに数か月の拠点であったが、烏川で
食べ物を楽しそうに洗う子供たちの写真が残っている。

その地を無事に訪ねることが出来るのか、どうか。
あっさりと見つかることもあれば、苦戦を強いられる時もある。

三尾砂先生は、キリスト教の洗礼を受けているので、どうして良いか
分からず、ただ手を合わせてきたのみ。

posted by 山口屋散人 at 19:02| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

借りたのは何十年ぶり


IMG_0183.jpg

IMG_0182.jpg IMG_0186.jpg IMG_0185.jpg

歩いて3分、自転車で1分の市立図書館に出向く。
お目当てはコレ。
市内にある児童福祉施設の創立50周年の記念誌。
申し訳ないが、施設の内容に興味がある訳ではなく、その所在地の変遷に
関心があるのである。

ここ何年かに渡って、大滝集落跡から茂庭へと続く杣道を歩いている。
一昨年は茂庭側からアプローチしてみたのだが、一本の線につながらない。
中ほどの10キロ程度の距離に渡って未踏なのだ。
しかも何処かで渡河の可能性もあり、一晩野宿の覚悟がなければ、
歩き通せない長大な距離がある。

大滝集落跡からは2時間の距離までは歩いたことが何度もある。
峠も2ヶ所あることは確認済み。
歩いて2時間かかる二つ目の峠の先に廃鉱山があり、その廃宿舎を
買い取って、この青葉学園が70年前に最初の産声を上げたのだ。
なんでこんな所に・・という疑問と、その跡を探してみたいと思った次第。
(詳しくは「わが大滝の記憶」さんをご覧ください)

おそらく大滝集落跡から2時間半くらいかかるだろう。
歩くだけで往復5時間。休憩昼食に1時間。
痕跡探索にどれほどか、未知の部分も多く、予定は立てようがない。


🐶 と云うことで、こういうのに慣れた「物好き探検隊」の皆さんには、
  そのうちお触書が届くと思われますので、よろしくご検討ください。





posted by 山口屋散人 at 19:57| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

あぶね


DSCF2288.jpg

兵子に登ったのは震災の前だから、10年くらい経つかもしれない。
ガスにまかれて、何も見えなかったのだが、どうも岩を登るルート
しかないようなので、そろそろと登ったものだ。
一切経の山頂から見ると、相当あぶねぇ岩のようで、驚き。

posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

こんな物まで

蕎麦屋の商売道具のうち、消耗品に該当する丼や漆器、瀬戸物の類は、それぞれ
東京や、岐阜などから業者が定期的に注文を取りに来た。
そして商品を後からトラック便で送り付け、次回、何か月後に来た時に、料金の
精算をする。また別に注文があれば取っていく。
そういうサイクルだったのだが、今はもうそんな時代ではない。

DSCF3604.jpg

こんな物まで、Amazon で買う時代になってしまった。
安物と、ちゃんとした物の見分けが難しいので、値段で飛びつかないように
している。
そこそこの値のものを頼んだが、まあまあの物でとりあえず安心。
まずは洗浄して、使えるようにする作業。

posted by 山口屋散人 at 21:41| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

かねのなるき

DSCF0100.jpg

朝のわんこのお散歩ちゅうに見つけた。
「金の生る木」のようだ。
色んな再利用の仕方があるものだが、面白え。

posted by 山口屋散人 at 07:00| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

11-22


ワンコの散歩の範囲で、11-22 という車のナンバーがいくつかある。
数千円の出費をして、わざわざ希望したのだろうから、意味があるのだろう。

DSCF0099.jpg

何だろうと思っていたら、「いい夫婦」ということらしい。
つい3日前ほどに、いい夫婦の車の後に付いた。
年寄りマークを付けている人も、いい夫婦にこだわるのだろうか。

DSCF3169.jpg


posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

自記録計とは何じゃ?

ワンコのお散歩はどっちの方向に行くのか、犬まかせ。
とはいえ、初めて通る道ではないのに、今まで気付かなかったらしい。
こんなマンホールの蓋を見つけた。

DSCF0098.jpg

このような蓋は見たことがない。
何を記録するのか、帰ってから調べてみた。
「水圧」を記録しておく装置がこの中にあるらしい。





posted by 山口屋散人 at 18:36| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

十分の一


rennho.jpg

このお方、今夏には某政党の代表から落っこちそうだが、小生の
学部学科の後輩なのである。
法学部で入学後、二年生に進む時に、学科を選択することになっている。
私法学科と公法学科で、必修科目が多少違うだけであまり意味がない。
法学部私法学科と法学部公法学科、どっちが格好良いかといえば、多分、
私法学科。(現制度では廃止)
そのため、10人中、8〜9人はそちらに進む。
(小生はアホくさいので、選択届を出さなかったため、自動的に
 希望者の少ない公法学科に組み込まれた。蓮舫さんは、自ら
 希望したのかどうかは知らない)
ただ、憲法は同じ教授に習っているはずだ。左翼系だった。
試験は2問で、1問は必ず9条について述べよ、が出される。
左翼系だから、自衛隊は違憲という立場で、それに反論すると単位が
もらえない。
憲法は必修中の必修であるから、泣く泣く違憲論を書く。
蓮舫さんの憲法観は知らないが、一応違憲論を書いたと思われる。
三遊亭円楽(楽太郎)はちょっと先輩で、やはり公法学科。
例の問題の多い復興大臣を務めた高木パンツ大臣も法学部なのだが、
どちらの学科なのかは知らない。



posted by 山口屋散人 at 06:48| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

紅のブ〇


DSCF3160.jpg

DSCF3161.jpg

明日は旧初午祭。
我が店の旗を新調した。
ベースの色が赤だったのは意外な展開だったが
ま、考えてもいなかったので。

posted by 山口屋散人 at 15:59| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

せいめいりょく


DSCF0011.jpg

お正月のお花で、無理やり金粉ショーをやらされた何かの枝が
芽をだしていたので、空き缶に水をはって入れていたのだが、
どうも成長が見られない。
もう少し、様子を見てみようか。

posted by 山口屋散人 at 21:18| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

ひぇ〜高けぇ〜


DSCF3597.jpg

10円玉がたまったので、信金に持ち込む。
重い。約8キロ弱。(重量から推察すると1万7千円前後)
重そうに持って歩くと、銀行強盗か何かに間違えられる恐れ有り。
平気な顔で、番号札を取り、順番を待つ。
窓口で、コレなんですが・・とチラ見せすると、千枚以上は
手数料がかかります、と言われる。
はい、けっこうです、と返事をし、数分待つ。

手数料といっても、100円か200円プラス消費税かと思った。
ところが、
えっ! 600円(税抜き)!

つまり、一円玉を千枚持ち込むと、手数料が648円かかり、
入金は352円になってしまうということ。ふ〜ん。

posted by 山口屋散人 at 22:30| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする