2019年09月19日

いぎだぐねー


IMG_2029.jpg

2020年度から全ての飲食店に導入が義務づけられるというHACCP。
「Hazard Analysis and Critical Control Point」(危害分析重要管理点)

この新しい衛生管理の制度方法を勉強せいというお達し。
弁当を用意するから、おいでと言うのだが、当然行きたくない。

この研修会の名称が傑作だ。
「食品等関係施設へのHACCP普及指導に従事する導入支援員の研修会開催」
なんとも、ながっ。

でも、仕方がないので店を休んで行く。
これで10月は月曜日が4日あるが、3日は休みになる。


IMG_2026.jpg

コスモス専用の花壇で、花が咲き始まった。
正確に言えば、ここは我が家の土地ではないはずなので、不法占拠かな。

posted by 山口屋散人 at 19:28| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

まぁ、こんなもの


メールをチェックしていると、ネットバンクに入金があったとの通知。

思い当たらないので、ログインしてみると、これだった。



100yenbig5tou1.jpg


100yenbig5tou2.jpg


5等(4個外し)で賞金890円。
まぁ、100円ビッグなので、上等な配当ではある。
けど、めったに当たらない。


posted by 山口屋散人 at 19:02| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

モンスターに飲み込まれる

モルタル用のペンキみたいなものを買ったのは
随分と前だ。
梯子も長いのを近所から借りる算段もしていた。
そうこうしているうちに、震災になった。

以後、ほったらかし。

今、自然のものが代用してくれている。
断熱効果があるかも知れない。

何年前かのように、アメヒトが発生すると悲劇だが。


IMG_1651.jpg

IMG_1652.jpg

posted by 山口屋散人 at 17:40| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

今、よみがえる。近代福島の歴史的建造物展

ちょいと自転車で出掛けて見てきた。

rekisitekikennzoubutu.jpg

昭和30年頃の地図らしい。
わが店が今の場所に無い。
元は豊田町にあったのだが、そこに存在していた。
翌年、今の仲間町に移転した。

yamagutiya-toyodamati.jpg

県立図書館の火災は昭和35年。
この火事の日は南風が吹き、天の川のように我が店の上空を火の粉と煙が
流れて行ったのを覚えている。
紙がチラチラと燃えながら飛んでい行った。

posted by 山口屋散人 at 07:09| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

今週も温泉ざんまい

先週の話。
F班長と山形県は高畠町の温泉に行こうとした。
大笹生からの道路に乗るべく13号線を走らせていると、飯坂インターの
前を通りかかった。
あ、これで大笹生まで行けばいいじゃんと、高速に乗る。
何の疑いもなく仙台方面に向かう。
途中で、F班長が「大笹生って遠いね」と言う。
「ホントだね」なんて言っているあいだに、桑折のJCの工事現場が
見えてきた。
ここで、やっと間違いに気がついた。
大笹生JCは飯坂インターと福島西インターの間なのだ。
つまり反対方向に車を走らせてしまったのだ。

仕方なく国見インターで降りる。
こうなれば、この近くのお風呂に、出来れば天然温泉でと思いめぐらす。

万蔵様の奥に、何かあったはずだと、行ってみることにした。

あまり期待はしていなかったのだが、湯温、湯質、が素晴らしい
温泉だった。(入浴は700円)

で、今日も行ってきた。
F班長は都合が悪いので、ひとりで。

IMG_1622.jpg

ついでで申し訳ないが、久しぶりに万蔵稲荷に参拝。

IMG_1624.jpg

IMG_1623.jpg

けっこう賑わっているのは、全国でも珍しいという泉質も関係しているのか。
正式名称は白石湯沢温泉というらしい。
しかし、「やくせん」という旅館名のほうが通りが良いみたい。


IMG_1629.jpg

旅館を出るとけっこうな雨。
だが国見の町に出るころには、陽も差してきた。
きれいな半円ではないが、虹の柱が歓迎してくれた。






posted by 山口屋散人 at 18:38| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ひびのくらし

IMG_1452.jpg

IMG_1454.jpg

今年は営業許可の書き換え更新がある。
2月末で許可が切れるのだ。

中核都市とかで、福島市独自に保健所行政が出来るようになった。
流石に県北地方の時と比べると、人数は半数になったような気がする。
しかし、午前中に手続き業務と講習をやるのは勘弁してくれだ。
朝の早よから店に出て、仕込みをし、9時には出なければならない。
しかも帰りは何時になるか分からず、お昼近くになるはずだ。
我が店のようなジジババストアはどうしようもない。
いつも早い時間帯に来るお客さんには
「開店は12時に間に合うかどうか」と予め言っておく必要があり、
わずらわしいことこの上ない。

IMG_1455.jpg
(福島市保健所5階から見た吾妻山)


     
    🐱

IMG_1457.jpg

お店の近くのごみ置き場に建てられた立て札。
以前から外国人と思われる住民によりトラブルの多い箇所だ。
で、こんな立て札が最近建てられた。
改正出入国管理法が施行されて、一年もすると、あちこちに
当たり前のように並ぶんだろうな、きっと。


posted by 山口屋散人 at 20:38| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

0.00342548739


100enn-big-1043kai.jpg

またやった。全問不正解の100円ビッグだ。
全問不正解は3択の内、2択が正解だ。つまり三分の二が正解。
それを14回連続で正解し続けていく確率はというと、表題のようになる。

0.00342548739

つまり、1000枚買えば、三つくらいはある、ということらしい。

では、全問正解の確率は・・と調べてみると、分からん答えが出た。

2.09075158e-7

少しく調べてみた。

0.000000209075158

こういうことらしい。
全問不正解は300枚に1枚出るが、全問正解は500万枚に1枚だ。
レベルが違った。

posted by 山口屋散人 at 17:41| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

秋田の無明舎


IMG_1248.jpg

3ヵ月置きくらいに秋田の出版社である無明舎からお便りが届く。
出版本の宣伝であるが、社長の安倍甲氏の「んだんだ通信」がいつも面白い。


IMG_1254.jpg


今回も興味深い記事にマークを付けていたら、こんな案配になった。

曰く、昭和天皇がすんでのところで、キリスト教に改宗しそうになった。

曰く、「風呂をうめる」のうめるは、方言ではなく標準語だった。

曰く、北朝鮮の瀬どりと、本屋の背どりの違い。

曰く、彼をして今年最高の一冊と言わしめた、国分拓著「ノモレ」

曰く、バーチャルウォーターの概念。米1キロ生産のために水が4千リットル必要。

等々。






posted by 山口屋散人 at 20:10| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

やっと鎮静化


DSCF3470.jpg


二週前の山歩きで、首筋に手のひら半分くらいのかぶれが出来てしまった。
何かの植物にやられたらしいのだが、初めてのことで特定出来てない。
病院に行くようだろうかと、調べてみたが、痛み痒みも大したことなく
リンデロンを塗って様子を見ることにした。

首筋のかぶれであるので、何かの拍子に目立ってしまうのが難点。
悪い病気持ちと間違えられるのが困るところだったが、ようやく
鎮静化したようだ。
痣のような色素がまだ残っているが、あとは時間の過ぎるのを待つだけ。


画像は「クロモジ」の葉。
ところどころに生えているので、小枝を爪楊枝よろしく咥えて歩いて
いたのだが、葉をかじってみるとハーブのような味と香りがする。
それを言うと、メンバーの一人がかじってみて、「ジャスミン茶だ」と言う。
強烈な味がするわけではないが、まさしくその通りだ。

山では山の自然のフリスク、ミンティアがあるもので、これをかじりながら
歩いていた。



posted by 山口屋散人 at 07:02| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

全敗はむしろ凄い!

1006回BIG.jpg

買っても普段であれば1枚分しか買わないサッカーのBIG。
先週は何を思ったか2枚分とフンパツした訳だが、ご覧の通り。

なんと2枚目は全敗なのだ。
これはこれで、なかなか難しいのではと、いっそ清々しい気持ち。



posted by 山口屋散人 at 18:53| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

ごじゅうねん


ko-ra-s43.jpg

昭和43年に店舗を大改造した。
およそ2か月に渡って工事をしたと記憶している。
5月の半ばに竣工。
その時のコーラとファンタが今もそのままにされている。

今年、2018年は昭和で言えば93年であるから、来月で50年。
中身が入ったままのコーラ、ファンタも50歳を迎える。
HPでは35年物となっているが、開設当時(2003)の年齢だ。
作成ソフトは、現在使用のPCが読んでくれない。
同じ新バージョンのソフトを買えば訂正その他が可能になるのだろうが
どうでも良いかとそのままにしてある。

posted by 山口屋散人 at 06:40| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

もう少し


100ennbig.jpg


100ennbig-2.jpg


14個の三択のうち、10個が正解なのだから、もう少し配当があっても・・
当選金は890円は高いのか安いのか。




posted by 山口屋散人 at 20:02| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

スズメのスズなり


DSCF3341.jpg

雀の鈴なり。
小生を追いかけて、バサバサと飛んでくる。
この画像の中のスズメの総数は、21羽。

posted by 山口屋散人 at 20:36| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

あら、知らんかった

IMG_0855.jpg

新幹線の窓からの画像。
時間を調べてみると、小山駅だ。
何気なく見ていると、ディスカウントのドンキの看板。
「ドン・キホーテ」となっている。

ドンキホーテの物語は有名だが、まともに読んだことは無い。
作者セルバンテス、従者サンチョ、馬ロシナンテという程度は知っている。
が、主人公の名は「ドンキ・ホーテ」だとばかり思っていた。

帰宅後に調べてみたら、「ドン・キホーテ (Don Quijote) 」だった。

posted by 山口屋散人 at 06:50| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

どられこ 2


dorireco.jpg

ドラレコを設置してみた。
設定がし易いし、写りも上々。
残りの課題は夜間の写りと耐久性のみ。



posted by 山口屋散人 at 17:36| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

どられこ

先日の栗子の氷柱を見てきた帰りの旧13号線での話。
円部のあたりを走行中、山側からサルが数頭駆け下りてきた。
後続車が気になったが、急ブレーキを踏み、車に衝撃は無かった
ものの、4駆で走っていたせいか聞きなれない異音がした。
そのまま走行したが、バックミラーを見る限り、ノビているサルは
おらず、山側に引き返すサル達が見えた。

少し広いところで、車を止め、フロントを確認した。
凹みも何も無かったので、接触はしなかったようだ。

家に帰って、ドラレコで見てみることにした。

ところが、数年前のバッタ品のドラレコは、満タン状態とPCに認識
されるものの、中身は最初の3分間しか録画されていない。
あとは全部空のフォルダが並んでいる。

IMG_0826.jpg

アマゾンで、ドラレコを覗く。
参考価格6980円、価格4299円、38パーセントオフのベストセラーとかいうのが
最初に出た。
こんなんで大丈夫かなと一応お気に入りに入れる。
2時間ほど後に、また見てみると丁度にタイムセール対象商品に。
3654円になっていた。しかもマイクロSD16Gが付く。
「ポチッ」

日曜日にお試ししてみます。

posted by 山口屋散人 at 07:34| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

ど根性のシャコバサボテン


IMG_0809.jpg

シャコバサボテンが咲いた。
何の変哲もないもののようだが、少し曰くがある。

2015年の3月まで市内東浜町に住んでいたのだが、11年の震災当日は部屋の
角隅のテレビの上に置いてあった。
それが地震でテレビの裏側に落ち、そのまま引っ越しまでの4年間、忘れ去ら
れていたのだ。

当然、水などを補給される訳もなく、発見された時は瀕死の状態だった。
それから3年近く経って、ようやく花をつけるまで回復したのである。

posted by 山口屋散人 at 18:56| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

青函トリップから

青森県三沢市の先人記念館は、廣澤安任の記念館と言ってもおかしくない。
開拓は彼一人によるものでもないので、まとめて先人として、敬意を表して
いるのだろう。

その展示物の中で、珍しいものを見た。
廣澤が亡くなった時(明治24年)の香典控えだ。

ssIMG_0507.jpg

IMG_0507.JPG (拡大用)

もう120余年が過ぎているので、誰はばかることはないのだが、こういうものは
めったにお目にはかかれない。

山川浩の香典は断トツ一位の5円。
柴四郎(東海散士)は3円。
大山巌は1円50銭。
下の方に西周の名も確認できる。

山川浩は陸軍少将までなり、現筑波大学、お茶の水女子大の校長などを
やっていた時期であるが、食客が多数おり、終生貧乏をしていたという。
しかしながら、5円。

この時代の1円の価値はどうなのか、学芸員さんに問うてみたのだが、
そんなことを聞くのは、小生が初めてらしく、分からないと言う。

ネットの時代はその気になれば、簡単に調べがつく。
そのまま信用できないのが難点だが、いくつか当たれば、大体わかる。

3800倍にして現在に相当とするものがあるが、ちょっと?
この時代、長崎市での農作業雇の女性の月額は2円前後。
機織りの仕事は月額4円前後という資料がある。
農作業雇というのが、いまいちよく分からないが、機織りは工場勤めと
考えれば良いのかなと思われる。

日本がまだ貧しく、労働者の地位もはるかに低い時代である。
山川が差し出した香典は、現在の10万円を超える価値であったようだ。


posted by 山口屋散人 at 13:06| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

惜しかった


IMG_0755.jpg

先日の探索行で、黒パン党さんが天然なめこを採取してきた。
そのおすそ分けを戴いたので、翌日の朝、豆腐とみそ汁にして、残った
ナメコは、おろし和えにして、酒のつまみにした。 

そういえば・・と痕跡探しに歩いているよう時に発見し、何のキノコか
後で調べようと写真を撮っていたのを思い出した。
黒パン党さんにお尋ねすると、まさしく天然ナメコに間違いないとのこと。

DSCF3275.jpg

う〜ん、素通りしてしまっただ!




posted by 山口屋散人 at 21:48| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

最後の稲束


DSCF0259.jpg

家の近くの田んぼ。
今年は耕作をやめてしまうのだろうかと心配した田んぼだ。
無事に収穫も終わったようである。

二三日前のことだ。
家人が「去年もそうだったのだけど、今年も稲が一束残っている」と言う。
朝のわんこの散歩のついでに探してみると、確かに隅に一束残っている。

調べてみたら、「最後の稲束」「神の稲」などと呼ばれているみたいだ。
収穫の感謝儀礼で、残した稲束に何か構築物をかけるなどして、一定の時期に
刈り取り、一緒に「田の神」を家に迎い入れる儀礼を行うという。

団地の中の田んぼに、そんな習俗が生きているとは不思議な感じ。


posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする