2014年08月01日

動画二題 山と川


くそ暑い日が続いているが、なんでこんな日に移動しなきゃならんの?
という山からの動画一つ目。



雨が降らないため水位が下がり、透明度が増してきた阿武隈川。
こんな光景も見られるようになってきた。



30センチはありそうだ。
顔の横に赤いラインがあるので、ミドリガメ?

posted by 山口屋散人 at 18:19| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

さまざまなこと 2


DSCF1024.jpg

信夫山は相当奥まで突っ込んで歩いたという自信があるのだが、蛇には一度もお目に
かかったことがない。
朝の散歩で、交通事故死した蛇の赤ちゃんがいた。
ということは複数の親蛇が存在するわけだ。
信夫山全体で2匹というわけではないだろうから、相当いると考えられる。
今まで単に遭わなかったということだろう。

赤ちゃん蛇はこれ以上、車に踏み潰されるのは可哀想なので、落ち葉のなかへ移動。

posted by 山口屋散人 at 20:27| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

さまざまなこと



DSCF1021.jpg

阿武隈川にもカルガモの親子がいた。でも子の数がちょっと少ないか。

DSCF0998.jpg

あまり使っていないが古いウォーキングシューズを履いてきたら、こうなった。

DSCF1002.jpg

前の車のナンバーが、小生の車と同じ数字だった。偶然に出会う確立はいかほどなりや。

DSCF1011.jpg

去年もここに栽培されていた。面積は約一反歩ほどだろうか。
園芸用の何かかと思っていたが、畳の原料となるイグサだった。




posted by 山口屋散人 at 17:52| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

室伏を見に

雨の中、ハンマー投げの室伏を見に行ってきた。

DSCF0966.jpg DSCF0970.jpg DSCF0971.jpg

100メーター予選の桐生君。




本当は同じグランドから見上げてみたい沢野の優勝を決めた試技。



posted by 山口屋散人 at 20:41| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

国土交通省からの差し入れ

DSCF0549.jpg DSCF0552.jpg

先日の大雪で娘の仕事先の同僚が4号線で大渋滞に巻き込まれてしまった。
近くに住む娘は差し入れを持って、てこてこ歩いて救援に向う。
そのまま帰るに帰れず、助手席にて一晩中お付き合いをするはめになったそうだ。
その時に、国交省でドライバーに配ってあるいたのが、上掲の非常食。
まぁ、カロリーメイトみたいなもんだが、カロリーはこれで300Kもある。

posted by 山口屋散人 at 20:52| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

手招き?


山を歩いていると、ろくろく風もないのに、ある特定の葉や枝であったり
その植物だけが揺れているということがある。
視界の端にそういう現象があらわれると、手招きされているようで、何となく
不可思議な感覚におちいるものだ。

ワンコとのお散歩で、それに近い現象が見られたので、撮影してみた。





posted by 山口屋散人 at 19:18| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

新潟のカスタードケーキ

(先の小トリップでの話し。)

長岡駅に着いたのは朝の9時である。
その時に、それを売っている売店には、もうこの札が下がっていた。

DSCF3238.jpg

それを見た家人は興味をおぼえたらしく大阪のオバちゃん面で話を聞きに行った。
すると人気の商品で、品薄状態が続いていて、工場にも在庫が無いとの事。
ただ、近くのヨーカ堂の売店には少量だが、品を納めているのでそちらへ行かれては、と。

山本五十六記念館を出ると頃合の時間、ムームーとしてヨーカ堂へ家人一人突入!
ゲットしてきたのがこれ。

DSCF3285.jpg

さっそくゴチになる。
菓匠三全の萩の月に似た感じで、洋ナシの香りが強く、キャラメルの不思議な味わい。
新潟県産 キャラメル ル レクチェ」というカスタードケーキ。

DSCF3287.jpg

posted by 山口屋散人 at 22:08| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

不老長寿の桃

DSCF3033.jpg

「蟠桃」と書く。
あの番頭さんをやっていた山片蟠桃と同じ字を書く。
こういう桃が存在していたことを初めて知った。
長女が桑折町で買ってきたとのこと。
何でも桑折町で2軒の農家でしか栽培していないとかで、幻の桃だとか。

DSCF3022.jpg DSCF3023.jpg DSCF3024.jpg

ちょっと調べてみたら、楊貴妃やら神仙思想が出てきて、不老長寿の妙薬とか。

DSCF3026.jpg DSCF3028.jpg DSCF3031.jpg

肝心の味だが、不味くはないが美味しいという程でもない。
が、あかつきなどに比べるのは酷だろう。
何せ、不老長寿の薬だ。
posted by 山口屋散人 at 15:52| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

Amazon は、こんな物まで売っている


永年に渡って取引のあった漆器屋さんが廃業して、しばらく経つ。
消耗品に不足が生じた時は色々と不便だ。

DSCF2945.JPG

ざる蕎麦、もり蕎麦に使う簾(スダレ)は消耗品だ。
しかし同じ品質でも扱う店により値段がまちまちで、うかつには買えない物でもある。
ネットで合羽橋周辺の蕎麦用品を扱う店を調べたがアイテム数が膨大であるので
こんなものを載せている店は少ない。
(そもそも蕎麦屋のネット普及率などを考えれば、効率が悪いのは自明だし)
値段を問い合わせた店からの返信は、「う〜ん、高け〜!」という値。

仕方ないかと枚数を最小限にして注文しようかと思ったが、「まてよ・・」。
アマゾンで探してみたら、有った。
しかも、安い。合羽橋のお店の三分の一から四分の一だ。
アマゾンはこんな物まで売っているのにビックリだった。


DSCF2940.JPG

posted by 山口屋散人 at 19:44| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

信夫山から

mydog.JPG


ワンコの散歩だけでは面白くないので、途中で出会ったキノコを撮ってみた。


DSCF2930.jpg DSCF2932.jpg DSCF2933.jpg DSCF2929.jpg DSCF2928.jpg DSCF2925.jpg DSCF2923.jpg DSCF2921.jpg DSCF2901.jpg


ひと際鮮やかな紅色のキノコがある。


A-1.jpg A-2.jpg A-3.jpg

どうもタマゴタケと言うらしい。
食用にもなり、これだけを目的に採取するファンもいるという。
だけど、この山のものでは喰えんわい。

posted by 山口屋散人 at 20:46| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

こりゃ簡便

DSCF2893.JPG

車の運転が好きでないのはメガネの重さに耳が疲れるためと云う事もある。
耳が不快で頭が痛くなり、疲労感がずしりとくるのだ。

南会津に転勤で行っておられる方のブログに時々おじゃまするのだが、
JINSというメガネ屋さんの話が出ていた。
その方のメガネの画像が出ていたのだが、軽そうでなかなか良さげ。
しかも安いのだという。
安いと言われても、その感覚はフトコロ具合の兼ね合いでもあるので分からないが、
調べてみたら確かに驚きの価格だった。

通販でも買えるが、自分の度数が分からない。
実店舗を探すと、ラッキーなことに福島駅のビルにあるではないの。
さっそく行ってきた。
上の画像がそれ。(5990円)

快適なメガネなので長い時間掛けていてもあまり苦にならない。
前回の湯殿山、羽黒山行きは、このメガネで試してみたくなったからでもある。
疲労度が全く違ったのは、ありがたい。

posted by 山口屋散人 at 20:17| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

ワンコのお散歩から

あっちに行ったり、こっちに行ったりしているのだが、川向かいの小鳥の森周辺も
よく行くコースだ。
隣接して霊園があるので、時折、苗字と家紋などをながめながら歩くときもある。
この霊園は皆同じ規格の墓石で色々と制限がありそうだ。
そんな中でも、それなりに個性的な物もある。

ある時、墓誌に相当する場所にちょっと変わったものを見つけた。
山で遭難された方のお墓らしく、山の仲間が建てたものらしい。

DSCF2872.jpg

調べてみたら、この記事にたどりついた。

http://risk-counselor.seesaa.net/article/33774181.html

ヒマラヤの6000メートル付近で、7人の仲間と共にテントごと雪崩に遭遇。
日本からも捜索隊が出されたが、何一つ遺品は出てこなかったそうだ。
つまり、このお墓には本人の遺骨は入っていないということになる。
故人の愛用した品がかわりに入っているんだろうなと勝手に想像する。

小生より2.3歳くらい年上の方のようで、遭難当時は30歳ちょっとくらい。
同じ福島市という以外は今のところ、何ら接点がない。
しかし、前を通り過ぎる時は、黙礼、若しくは手を合わせている。


posted by 山口屋散人 at 19:12| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

春が少々遅いために

DSCF0502.jpg DSCF0508.jpg

いつも連休の頃にこの花を見にいくのだが、終わりかけに近い。
今年は少々春が遅いので、案外ドンピシャかも知れないと出かけてきた。
しかし、どんどん山が荒れて、シラネアオイの個体数も随分と減ったようである。
こうなると絶滅するのではと思ってしまうが、なんせ咲いているのがこんな所。

S0270533.jpg S0280534.jpg

この場所にたどりつくまでの道中がコゴミの畑であることを初めて知った。
いつもは既に大きく成長しているため、それと気が付かなかったのである。

S0300542.jpg

遅い春の恩恵に、さっそく家人と娘が採取、採取。おひたしでゴチになった。


posted by 山口屋散人 at 21:49| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

東北六魂祭は

DSCF0852.JPG

何でも御近所のお店の話によると、お祭期間中はお店を休まないで欲しいと
どこからだか要請があったそうだ。
幸い?ウチのお店にはない。
そもそもどうやっても店をやれる訳がない。
よって逃げることとする。
どごさ逃げっぺ?

話は変わって、この間の秋山街道探索で見つけたもの。
いや、捨てられていたもの。

DSCF0272.jpg  DSCF0304.jpg

リヤカーって、最近また流行って来たんじゃなかったっけ?
(置いておくスペースがあれば拾ってくるんだけど・・残念)
そしてコーラの大瓶。
しばらくぶりで見たけど、価値はどうなんだろう?
(ヤフオクで売れそうだ)

posted by 山口屋散人 at 17:28| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

後世おそるべし



すげなー 楽しみだなー
一緒に走った大学生も拍手して祝福してたけど、彼にとっても光栄だろう。


posted by 山口屋散人 at 18:26| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

様々なお客さん


DSCF5166.jpg

お店には、実に様々なお客さんが来る。
こういう新聞を発行しているらしいお客さんも来る。
いつのまにか新聞ラックに収まっている。
世の中では「ゴ▲新聞」と呼ばれるものであるが、
読んでは何とも面白い。
このお客さんは年に3〜4回くらい現れる。
店が空いた時間になると、つい新聞ラックをのぞきに行く。
この新聞が楽しみで・・(小生もゴシップ好き?)


posted by 山口屋散人 at 20:21| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

モモリン


福島市のゆるキャラ?のモモリンが今月から変わった。

DSCF0090.JPG

「もも&りんご&雪うさぎ」というのがコンセプトだったように記憶している。
15周年を期して、新キャラに変わったのは評判がいまいちだったのか?
ま、確かに旧キャラはちっとダサイかも。

先日訪れた米沢市のゆるキャラは結構人気がある。
小生は「おせんちゃん」に奇妙に魅かれた。

DSCF0052.jpg

素晴らしくスタイルの悪い(二頭身)おせんちゃんは犬だそうだ。

DSCF0056.jpg

他のキャラも直江兼続や前田慶次郎、影勝をデフォルメしたものなのだが、皆犬。
何で犬なんだろうと考えたら、あの辺は高安犬という下地があるのでそれか。




posted by 山口屋散人 at 21:05| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

張り紙その他

S0150067.JPG

今年はやたら雀の数が多い。
小生の給餌を待つ雀を静止画で数えてみると、何と54羽。
すずめ用の米は、あと2キロくらいしか残ってねえよ。どうすっぺ。

DSCF0106.JPG

店にこういう張り紙をした。
何か隠れるようにして写真を撮っているお客さんが目に付くようになったからだ。
だから堂々と撮って良いですよ、
         だけど「食べログ」なんかに載せないでね、ということで。

当ブログの副題を変えた。
「無益の老いぼれ馬・・」から
        「絶滅危惧種 昭和のガラパゴス食堂の爺ィ・・」に。
HNも山口屋散人から山口屋散爺にするべか。
そのほうが名は体をあらわすかも知れんし。

posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(7) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

不要のもの

fujinomiya-yakisoba1.jpg

今月の組合の新聞。
ときどき、たまにウェブ上に良い記事があったら、小生の独断と偏見で
勝手に発行するという約束で今年2月から始まったものだ。
ところが実際には毎月発行することになってしまった。
今月号で11回目となる。(来年からは通巻ナンバーも付けるか)
ただし、読者は実質数名しかいないだろうという超不人気のものでもある。
それでも発行を続けるのは、組合からの配布物が増えるのを組合執行部が喜ぶ(?)
という構図があるからだ。
小生としては少々自己満足を味わえるだけで、紙代、インク代が持ち出し。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by 山口屋散人 at 22:01| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

蕎麦屋のヤキトリ

DSCF2728.JPG

当店の看板メニューの(と言う人あり)カレー南蛮そばは鶏肉が入る。
しかし、お客さんによっては、鶏肉が苦手な人がいる。
鶏肉だけ残してくれれば良いのだが、入っているのも「いやだ」という方もいる。
そういうお客さんには、カレーのとろみをつける前に取り除く。
取り除いた鶏肉は言わば出しガラであるから、捨てるしかないのだが、
試しにヤキトリ風に串にさして炙ってみた。
タレで煮込んであるので味がついているせいか、なかなかのお味だった。
posted by 山口屋散人 at 17:46| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする