2013年01月21日

張り紙その他

S0150067.JPG

今年はやたら雀の数が多い。
小生の給餌を待つ雀を静止画で数えてみると、何と54羽。
すずめ用の米は、あと2キロくらいしか残ってねえよ。どうすっぺ。

DSCF0106.JPG

店にこういう張り紙をした。
何か隠れるようにして写真を撮っているお客さんが目に付くようになったからだ。
だから堂々と撮って良いですよ、
         だけど「食べログ」なんかに載せないでね、ということで。

当ブログの副題を変えた。
「無益の老いぼれ馬・・」から
        「絶滅危惧種 昭和のガラパゴス食堂の爺ィ・・」に。
HNも山口屋散人から山口屋散爺にするべか。
そのほうが名は体をあらわすかも知れんし。

posted by 山口屋散人 at 17:08| Comment(7) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

不要のもの

fujinomiya-yakisoba1.jpg

今月の組合の新聞。
ときどき、たまにウェブ上に良い記事があったら、小生の独断と偏見で
勝手に発行するという約束で今年2月から始まったものだ。
ところが実際には毎月発行することになってしまった。
今月号で11回目となる。(来年からは通巻ナンバーも付けるか)
ただし、読者は実質数名しかいないだろうという超不人気のものでもある。
それでも発行を続けるのは、組合からの配布物が増えるのを組合執行部が喜ぶ(?)
という構図があるからだ。
小生としては少々自己満足を味わえるだけで、紙代、インク代が持ち出し。もうやだ〜(悲しい顔)

posted by 山口屋散人 at 22:01| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

蕎麦屋のヤキトリ

DSCF2728.JPG

当店の看板メニューの(と言う人あり)カレー南蛮そばは鶏肉が入る。
しかし、お客さんによっては、鶏肉が苦手な人がいる。
鶏肉だけ残してくれれば良いのだが、入っているのも「いやだ」という方もいる。
そういうお客さんには、カレーのとろみをつける前に取り除く。
取り除いた鶏肉は言わば出しガラであるから、捨てるしかないのだが、
試しにヤキトリ風に串にさして炙ってみた。
タレで煮込んであるので味がついているせいか、なかなかのお味だった。
posted by 山口屋散人 at 17:46| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

くろがね小屋の黒いダイヤモンド

DSCF2715.jpg DSCF2720.jpg

わが店のHPの「お散歩帳」にこの黒いダイヤを「何十年かぶりで見た」と書いたのは
いつであったか調べてみると平成18年の1月であった。
ということはもう7年近くも前のことで、それ以来のオメモジ。
その間、冬場に「くろがね小屋」には来ていないということでもある。
当時の暖房費は160円だったが今は200円で25%値上がりしていた。

posted by 山口屋散人 at 17:58| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

これがそうかい

DSCF0788.jpgDSCF0791.jpg DSCF0789.jpg

人工降雪機というものは、コンクリートミキサー車くらいの大きさを想像していた。
値段も高級外車並みであろうと勝手に思っていたのだが、どうも違うみたい。 
塩沢スキー場というマイナーな所にも数台がスタンバイしていた。
近くで見ると、え?これ! って感じ。
要するに気温がマイナスの時に、水を噴霧状にしてぶっ飛ばしてやると、雪のように
凍ってくれるという仕組みのようだ。
意外と単純な仕組みだった。
posted by 山口屋散人 at 19:14| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

どこで



涙なしには見られない動画だ。
どこで放送されたものやら。
posted by 山口屋散人 at 09:52| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

さて、どうしようか・・

pajeko.jpg

愛車である軽四駆は平成8年製である。
フロントにあるジャイロマルチメーターの液晶がこの秋になっていかれてきた。
下半分が不鮮明になってきて読めない。
おそらく液晶の寿命が切れてきたのだろう。
しかし、ちょっと不自由だ。
時間、温度、高度、方位のメーターであったのだが、自分が思っていたよりも
便利に使っていたらしい。

試しにヤフオクで売っているかと探してみたら、やはり有った。
3000〜4000円が相場みたいだ。
手数料送料と合わせて、5000円位か。

多分、小生の腕で交換作業をすることは可能だと思うのだが、問題がある。
この型は平成7〜9年の車に付いているものだ。
たとえ9年型のパーツであっても、いつまで寿命があるものやら。
そして5年落ちの中古で買った車であるが、すでに12年も使っている。
これまたいつまで持つのやら。(次はとても買えねえし)

実は、安くて良さそうな物が出た時に二度ほど入札しているのだが、競り負けている。
需要があるということは、同じ悩みをかかえるオーナーが多数存在するということ。
その点でも、踏み切れない理由のひとつなのである。

posted by 山口屋散人 at 21:33| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

別な顔

DSCF0720.JPG(新そば マーク)

当店の使う蕎麦粉と小麦粉、打粉の問屋さんとの話。
この問屋さんは砂糖や小麦粉、玄米が主力なので、昨年から市場に流通
していない中通りの米は一体どこに行ったんだ?と聞いてみた。
そしたら、「大手の外食産業に流れているみたいですよ」と言う。
例えば、牛丼チェーンであるとか、コンビニおにぎりであるとか、
・・ということらしい。

米はともかく、県産玄蕎麦の今年のJA引き取り価格が異常に安い。
原発事故前の何分の一の価格だ。(去年の価格は知らない)
農家にはお気の毒としか言いようがない。
じゃあ、その安い価格の蕎麦粉を使おうかという訳にはいかない。
大手の蕎麦製粉業者は手を出さないでしょう、と言うのだ。
もしアレが出たら、回収その他、大変だからだとか。
しかし、これも結局はどこかにいってしまう。
そして何処かで別な顔を持って・・出てくる・・のかも知れない。
posted by 山口屋散人 at 18:39| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

レジ掃除

キャプチャ.jpg

レジストリのお掃除スキャンをしてみたら、こんなん出てきた。
posted by 山口屋散人 at 18:34| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

なんとまぁ姑息な・・

DSCF0676.jpg

左側は日経新聞、右側は天下のY新聞。
週刊新潮の広告だが、やることが露骨。
品の良い記事だとは思わないが、週刊誌とはこんなもの。
都合の悪いものを隠すY新聞って、隣の国同様でろくな新聞社でないということネ。
posted by 山口屋散人 at 16:44| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

松川事件との関わり

今年の4月に単なる思い付きで「松川事件」の現場へと行き、慰霊碑等の施設物を
見て回ってきた。
地元にいながら、この全国的にも有名な事件にあまり関心は無かった。
事実認定に関わる資料の膨大さを聞いただけで、頭だけでも突っ込みたくなかったのだ。
ただ、現場には行ってみたいとだけは思っていた。
起訴された20名の人たちは全員無罪を勝ち取ったが、犯人は最低でも数名存在する。
その現場に立ってみたい、それだけだった。

P4221735.JPG

近所に「物知り」で知られた御老体がいる。
その御老体に事件の現場まで行ってきたことを話題にしたら、意外な事実を聞かされた。
小生の所属した消防団の前分団長の奥さんが、事件で死亡した機関士の遺児だというのだ。
だから毎年8月には事件現場の慰霊碑までお参りに行くという。
そしてもう一つ、途中で証言を変えた木村証人という人がいるが、何と知っている人だった。
この方は昨年お亡くなりになったが、お店にも来てくれていた。
御老体はこの木村証人を「素晴らしく度胸の良い漢だった」と表現した。

彼は松本清張の「日本の黒い霧」にも登場する。
そして、広津和郎の講演録の中では「奇怪な人物なのです」などと表されている。
小生としては、多少人を喰っているところがある人だが、面白い人だな、と思っていた。

DSCF2677.jpg DSCF2679.jpg

事件とは全く無縁だと思っていたのだが、関係する人達が身近にいたのに驚かされる。
そういえば、亡き父から叔父が取り調べを受けたと聞いたことがある。
叔父の家の本棚には資本論と共産党宣言がセンターに鎮座していた。
どのくらい活動していたのか知らないが、抑圧の対象だったのだろう。
その叔父も今年で85歳になる。
松川事件の発生から今年で63年の月日が流れた。

posted by 山口屋散人 at 17:45| Comment(5) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

最後の一枚

DSCF2634.jpg

こういう紙を何というのか知らない。
出前の時などに、蕎麦つゆを入れる「たれすず」にふたをするための紙である。
少しの間だけでも水が漏れないようにするためか片面だけコーティングされている。
小生の代になってから作ったことはない。
ということは30年以上前に作ったものである。
もう何年もまえから出番がなく、時々石油釜の焚き付けに一枚ずつ使われていた。
それがついに最後の一枚になってしまい、わが店では絶滅することになる。

DSCF2644.jpg

最後の一枚は、本来の使い方をすることにした。
ただし、写真を撮られるだけの目的である。

posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

シラガジジイって、えっ俺のこと?

DSCF0504.jpg DSCF0509.jpg

蛇も毛虫も嫌いではない。
ただ好きなわけではない。異常に怖がることはないという意味だ。
こんな毛虫を初めて見た。
でっけー!
ただし色は非常に綺麗だ。
動きが早くて、カメラの焦点がなかなか合わない。
でも大概の場合、綺麗な毛虫は成虫になると汚い蛾になることが多い。

DSCF0498.jpg DSCF0534.jpg

この御不動様の右脇の木にいっぱい付いていた。
そして木の下にいると時々ポタッと落ちてくる。
もぞもぞしながら、元に戻るべく地べたを這い出す。
虫嫌いの人にとっては、これは絶好の環境設定だ。

少しく、この毛虫を調べてみた。

この毛虫の名前はヤママユガ科のクスサン(楠蚕)。
幼虫はシラガタロウ、又はクリケムシ、シラガジジイと云われる。
体長は80mm。無毒。
繭がカゴ目状とちょっと変わっている。

konchu22.jpg (社)農林水産食品産業技術振興協会HPより

00050-1.jpg 成虫はやっぱり蛾そのもの


posted by 山口屋散人 at 20:52| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

Sさんを思い出した

DSCF2623.jpg DSCF2617.jpg

中学三年の時、隣の席にいたSさん(女性)は一所懸命に教科書に赤線を入れていた。
教科書のほぼ全文近くにに赤線を入れているのを見て、流石にあきれて言った。
「これじゃあ、どこが大事なのか分かんねーじゃねーか」

今、それを小生がやっている。
酒飲み読書で、うんうんと唸りながら蛍光ペンを塗り塗りするのだが、頭には入らない。

ちなみに努力家のSさんであったが、成績が向上せず進学できないで終わってしまった。
しかし、その後良縁に恵まれ、中学校の先生の奥さんをしている。
posted by 山口屋散人 at 19:42| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

蔵王での珍奇なること

無料の蔵王エコーラインから刈田岳山頂までのハイラインは520円の有料道路。
バス専用駐車場は一番良い場所にあり、商売がうまい。
小生の車はその一段下の駐車場を確保できた。
10台くらいのバスのお尻をながめていたら、あることに気が付いた。

DSCF0433.jpg(ナンバーズ4のボックス的中!)

DSCF0434.jpg DSCF0435.jpg(ストレート的中!)

早速、ナンバーズを買いに行ったほうが良かんべか?

   犬

白石までの帰り道は久しぶりに濃霧にまかれ往生した。





posted by 山口屋散人 at 18:40| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

何が一体真実なのか

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-645.html

発信力が低いのでは、とか、存在感が薄いのでは、と巷では言われている知事さんだが、
なるほど、こういう批判のされ方もあるんですな。

金と金メッキ、銀と銀メッキの違いが、災害非常時で露見するという不幸な時代に遭遇
してしまったが、本物の金と銀は何処にあるのか、それと4号機が心配。
posted by 山口屋散人 at 00:55| Comment(6) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

やっぱりそーか!

ひと月ほど前だろうか。
日頃温厚篤実でなる小生が珍しく声を荒げ、「本当に用があるのなら
また掛けてこい」と電話機をガチャンと切ったことがある。
家人が「珍しくどうしたの?」と心配して聞いてきた。

ナントカ保安協会とかが、何年かに一度の高圧電力の検査を行うのだが、
お宅がそれに該当するかどうか検針票を出して見てもらえないか、と言う
のだ。
「今、手元にない」と言うと、検針票の数字で検査が必要かどうか確認が
できるので、是非探してほしいと言う。
「そういう資料はおたくの方で持っているんじゃないの?」とここまでは
普通に対応する。
すると、電力会社からの資料は不完全ですごく時間がかかるので、直接に
聞いたほうが早いのだと言う。
「今どき、そんなことがある訳がないだろう。納得がいかないね。」
と言うと、どうしてですか?と相手が感情的になって食って掛かってきた。
その後、少し口論になり、面倒になってガチャとなった次第。

昨日、電力の検針があって、このようなチラシを置いていった。
電圧を調整して電気代を安く出来ますよという機器を売り込むのが目的の
ようだ。

ADSCF4959.jpg
posted by 山口屋散人 at 07:02| Comment(2) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

Digital dibide

DSCF4942.jpg

申告が終わったので、組合用の新聞を作った。
名づけて「ときたまウェブ新聞」である。
我が業界のその時その時の適宜な話題や関心事があるとき、代表的な意見や
ちょっとイイ話をウェブで見つけたら発行することにした。
ときどきたまに発行するつもりだったので、「ときたま」としたが、継続する
ことが大事だという意見もあり、今月号も作ることに。

記事の選択など全部小生におまかせの気安さがある。
フリーソフトを使って、拾ったテキストを流すだけというもので、著者紹介や
少々の見出しを作成するだけの労で、1時間とかからない。

つーたって、読んでもらえるのは3割もあれば上等か。
なんたって我が業界はデジタル・デバイドなど屁のカッパなのである。
posted by 山口屋散人 at 19:31| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

本物はエエ

DSCF2485.jpg DSCF2486.jpg DSCF2497.jpg

赤が本物で黒がまがい品。
米のナイフファクトリーメーカー「Kershaw」のカラビナナイフなのだが、黒には
その銘が無いので、百l偽物とは言えないかもしれない。(99l?)

黒の値は煙草一箱分、赤の定価は4800円(実売価格は半分程度)。

実は偽物のほうを面白がって先にChinaから買ったのである。
意外と使えそうなので、本物のほうを国内で後から買ったという次第。
並べて見ると材質、手触り感など、段違いと言うべきのものだった。

先日の「二ッ小屋隧道氷柱見学」に同行したのは、もったいないから
もちろん黒の偽物の方。これはこれで使い道がある。
posted by 山口屋散人 at 08:23| Comment(4) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

やはりニセモノ?

goldwin.jpg

先日ヤフオクで落札した、怪しいノースフェースのジャケットだが、どうも
やはり偽物なのではないかと思わざるをえない。
このGOLDWINのHPのトップに出ている偽物注意の中で実名を公表されている
業者が、今でも堂々とヤフオクに出品している。しかも大量に。
小生の落札した出品者とは別のIDだが、商品紹介の文がほとんど同じであるので
同一と見てよい。
ということは、やはり小生が落札した物も偽物ということになる。

あらためて商品を見てみる。
厚紙製のGORE-TEXのタグは付いている。どう見ても本物同然。
しかし商品自体に、大概の場合内側に付いている表示が無い。
物によっては表面に書いてあるロゴも無い。
そんなところで、幸いにして杜撰な縫製等は見当たらない。
つまりは偽物としては上等の部類に当たったということなんだろうか。
まだ、着るチャンスに恵まれてないのだが、着て実際に出かけると、何か
不具合が出てくるかもしれない。雨漏りしたり、ムレがひどかったり・・

別段、今必要としていないのに、「安いから拾っておくか」と考えた小生は
バーゲンに眼の色をかえるオバチャン族を笑えない。
届いた品を偽物と見破る眼力も無い。あらら。
posted by 山口屋散人 at 07:01| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする