2020年06月30日

非日常に見える画


DSCF0838.jpg

田んぼに軽自動車が埋まっている、大変だ! ではない。

実は道路を挟んで、両側が田んぼ。
手前のは道路より高い位置に田がある。
天井川と同じ。
向こう側は道路と同じか、より低い。

ここは5メートル道路であるので、違法駐車が多い。
除染が盛りの時は、関係作業員の車が何台も停まっていた。

posted by 山口屋散人 at 19:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

少しは縁が

家人が現在通っている某医院に「楓橋夜泊」の拓本らしい掛け軸が
かけてあるという。
有名な漢詩であるから、現地には詩碑が建っていることだろう。
ではその拓本というのは、どれほどの価値のものかと調べてみた。

ヤフオクであるが、数が在るらしく大したことはない。
お土産用に量産されているみたいだ。

それより久しぶりに掛け軸を見ていたら、こんなものがあった。

IMG_2666.jpg

実は学生時代、武者小路実篤邸のすぐ近くに住んでいた。
偶然にそうなっただけである。
少し交流があるらしい大家さん宅には、本物の色紙の額が飾られていたのだが
白樺派の好きな小生は羨ましく拝見していた。

実篤は最晩年のおよそ20年をそこで暮らした。
ざっと千坪だったかの敷地は南斜面であったが、泉が湧き出る池がある。
それがお気に入りであったらしい。
よくぐるっと一周散歩したが、本人にお目にかかったことはない。
亡くなるまでの約3年、同じ地で同じ空気を吸っていたことになる。

という訳で、ポチッ!

IMG_2669.jpg

届いた荷物を開けて、少し驚いた。
専用の木箱に入り、きっちりとした厚紙箱に収められている。

IMG_2671.jpg

紙箱に貼ってある印刷物を見て、また少し驚いた。
どこをどう辿ったか分からないが、元々は「一枚の絵」が販売したものらしい。
ということは、まず偽物ではないだろう。
もっとも、偽物でも一向かまわない位の競り無しの落札価格だった。
掘り出し物だったかも知れない。

「自然 玄妙 人生 玄妙」ということか。








posted by 山口屋散人 at 21:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

背負いビール

IMG_2664.jpg

二十歳の頃から40代半ばまでビール党だった。
その頃から焼酎に移り、チューハイをしばらく飲む。
今はもっぱらハイボールかブランデーサワーだ。

コンビニの陳列棚を眺めていたら、久しぶりにビールでもという気になった。

「背負い水」というのがある。
人は自分が一生使うだけの水を背負ってこの世に生まれてくるラシイ。

あまり美味しく感じないのは、背負ってきたビールが尽きたせいだろうか。

でも、まぁ、未だ「背負いウィスキー」と「背負いブランデー」が残っている。

posted by 山口屋散人 at 21:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

6月としてはかつてない、とか

晴れていればどこかに出かけてみたいのは、誰も同じ。
県境をまたいでも宜しいとなるが、近くでも十分。

市内から1時間で、全く別世界の地があるのだ。
それがスカイラインであり、浄土平。

一切経に登りたいところであるが、とりあえずワタスゲを見に行く。

狐地獄を過ぎて、つづら折れが始まるところから、渋滞。
浄土平の駐車場は見事に満車状態。
こんなに混んでいるのを見たことがない。

料金所まで約30分くらいかかる。
その間にバッグを玄関に忘れてしまったのに気付く。
財布もなければカメラもないしスマホもない。
車内の小銭をかき集めて、駐車場協力金の500円を払う。

6-21judodaira.jpg


ビジターセンターのツイッターから画像をお借りした。
6月としてはかつてない、らしい。

あちこちでステイホームのお陰で子供が円形脱毛症になっているとか。
行動を制限されるというのは、なかなか辛い。
全国民がゆるい禁固刑を課せられた状態にあったのだから
そのストレスは半端ないだろう。





posted by 山口屋散人 at 19:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

あら早い

IMG_2662.jpg

市役所からの葉書、封書はろくなものが来ない。
せいぜい税金を早く払えとか、そういうものばかりだ。

これは珍しく、良い知らせみたいだ。

「15日付で申請のあった福島市飲食店営業継続支援給付金については
下記の通り支給決定しましたので通知します」 とある。

決定は申請翌日の16日。振込日は18日という素早さ。

この純利にも相当する10万円という金額は、我が店の数字にあてはめると
25万円の売り上げに相当する。
実に「ざるそば」なら420枚を売らないとならない金額だ。

たくさん税金を納めている法人やお金持ちに何か借りが出来た感じ。

posted by 山口屋散人 at 19:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

訳がわからん

給付金 協力金 支援金
それぞれ意味が違うのだろうが、現金給付は同じ。

市と県と国から、頂ける。

市と県は、期日が短いので、先にを手続きをする。

市を終え、県も終えた。

福島県コロナ協力金申請0615.jpg

県の場合、休業したのを証拠付ける物がいる。
このブログを利用できたのは幸いだった。

しかし、市からは必要なファイルが足りないというメールが来た。
県の申請の場合も親切ではなく、完成度も少し足りない感じがしたが、
市の場合、「これはアンタの方が悪いわい」という箇所もあった。
ま、増額になったので、がまんがまん。

posted by 山口屋散人 at 22:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

再開始

DSCF3657.jpg

新型コロナに効く効果は確認出来ないし、有害の恐れありという独立行政法人の
NITE「製品評価技術基盤機構」に反論が出た。

北海道大学とか帯広畜産大学の教授たちだ。
次亜塩素酸水は有効であり、適切に濃度を管理すれば危険はない。
と言うのである。

この説を信じることにした。

で、充電作業を開始。
本日から、また各テーブルで間欠噴霧を始めた。

posted by 山口屋散人 at 18:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

有害のおそれ

IMG_2634.jpg

昨日の民友新聞の記事。
かねてネットでは次亜塩素酸水の噴霧について出ていたが、
世の趨勢は、こういう見解に収斂していくようだ。

止む無く、効果がないだけならまだしも、有害とあっては
噴霧器を下げざるを得ない。

パナソニックを始め、装置メーカーが反論の準備をしているとも聞く。
その結果いかんでは、もう少し違った評価が生まれるかもしれない。

それまでは、取り下げ。

posted by 山口屋散人 at 18:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

50円でプチブル気分

IMG_2621.jpg

自宅から歩いて2分の距離にリサイクル店が出来た。
少し強気の値付けかなという気もするが、広さは十分だし、
色々あってオモシロイ。

東邦銀行のノベルティグッズを見つけた。
口座は一応持っているが、大口の預金者でも借入者でもない。
こういう物は貰えない無縁の下層市民である。

ともあれ、漆ぬりのひのき箸を50円+税でゲットし、プチブル気分を
味わっているが、使いやすくなかなか実用的。




posted by 山口屋散人 at 04:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

にちじょう

DSCF0825.jpg

今年も家人のお気に入りのバラが咲き誇る。
東浜町から一緒に移住したものだが、こちらの生活になじんだようだ。


DSCF0823.jpg

ドブサライは「溝浚い」と書くらしい。
この用水路の脇道を、お散歩の時によく通る。
誰がするのか知らないが、どぶさらいをしたようである。
と言っても、汚泥ではなく、砂以外は見当たらない。
ということは、流れる水のほとんどが湧き水ということのようだ。
だから、雨の日でも濁ることがないのだろう。
かつての福島用水など、こうやって流れていたのだろうか。

posted by 山口屋散人 at 17:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

先日の

フキ採りの途中で、こんなものを見つけた。

DSCF3725.jpg

天然のキクラゲというのはざらに在るらしいのだが、これか?

とりあえず写真だけ撮って、後で調べんべと思った。
ところが、よく分からない。
キノコには手を出さないほうが無難のようだ。

posted by 山口屋散人 at 19:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

本年初サル

DSCF3723.jpg

画像の中央に注目。

DSCF3721.jpg

追われた元ボス猿だろうか。
歳をとっている感じ。

DSCF3717.jpg

本日は各種の収穫の日。
先ずは庭の梅の実。


なんでも鑑定団を見て、フキを採りに行く。
上のサルはその途中の産物。

DSCF3728.jpg

収穫、上々。

DSCF3727.jpg

ついでに採ったウルイで、これから一杯をいっぱい。

posted by 山口屋散人 at 20:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

ももりん

IMG_2616.jpg

「まちづくりセンター」が、イベント中止のポスターを持ってきた。
その時に、マスク用にと頂いたもの。

センターで企画したものか、売り込みがあったのか、気になるところだが
日本人って、こういうの考えるのが好きなんですな。

posted by 山口屋散人 at 20:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

久しぶりに買い物へ

DSCF3714.jpg

信号で先頭待ち。
対抗車線に見慣れぬオートバイ。
助手席の家人と、三輪であるか四輪であるか話題に。

DSCF3715.jpg

三輪であったが、車検はどういうふうになるのだろうか。


🐶


この後、地元上場企業のラーメン屋さんに行ったのだが、びっくり。
三時過ぎとはいえ日曜日。
時々おじゃまするが、いつもこの時間。
席空き待ちをすることはないが、いつも混んでいる店だ。
それが何と、貸し切り状態。
食べ終わる頃、おひとり様がやっと来店。
でかい企業だから経産省の持続化給付金くらいでは焼け石になんとか。
大丈夫かいなと心配になった。


posted by 山口屋散人 at 13:33| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

れあ

DSCF0787.jpg

ワンコのお散歩であちこち歩きまわると、色々な物に出会う。
これなど、若い人は何か分かるだろうか。

これが木製であれば、(残っているわけもないだろうが)超貴重品だ。


posted by 山口屋散人 at 20:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

どなんすべぇ

IMG_2602.jpg

以前から、そこにあったように不思議と落ち着いている。
こんな噴霧器を各テーブルに置くという、異常さなのだが
装置の可愛さが、救ってくれているのかも知れない。


🐶


目が悪く、車の免許が取れなかった義父は、庭の中央に
イチジクの木を植えていた。
結構、収穫も出来たのだが、駐車場に使うために伐った。

しかし、挿し木をしてみて、根が付いたものを庭の隅に
植えておいたのだ。

IMG_2601.jpg

IMG_2598.jpg

まだ細く、背も足りないが、初めて実をつけた。
しかも2個もだ。

木の成長を期するために摘果すべきなのか、どうか迷う。
調べてみないといけない。




posted by 山口屋散人 at 18:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

やれることはやる

IMG_2594.jpg

明日からのお店の再開にそなえて、充電中。
これを各テーブルに一個ずつ置いておく算段。

IMG_2597.jpg

例の次亜塩素酸水をこれで放出する。

ここまでやるか、という塩梅かも知れないが、やれることはやる。






posted by 山口屋散人 at 08:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

営業再開に備えて

カエシさえあれば、出汁はその日に取ればよい。
蕎麦もその日に打てば良い。

でも中華麺の場合は、少し時間差がある。、
我が店の場合、打ってから60時間経てば、自信を持って提供出来るのだが、
案外、上手く行かないことが多い。
逆算して、月曜日の提供であれば、土曜日あたりかと妥協して計算する。

IMG_2592.jpg

実に久しぶりの感覚だった。
こんなに空いた経験はない。
体が体得しているので、迷うことは無いのだが、新鮮だった。

お店的には、3個あれば間にあう、という時もある。
かと思うと、30個近く出る時もある。

わが家は何屋だと思わないでもないが、何屋でも良い。
お客さんが来てくれるだけでも良いとしなければなるまい。


posted by 山口屋散人 at 21:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

こえぇー

DSCF3706.jpg

お店の二階の屋根は、割合平気で登れる。
それに比べると自宅の二階の屋根は別格だ。
しかし、猶予の無い状態である。

先日、店の屋根のペンキ塗りをして、ある事に思いついた。

DSCF3707.jpg

DSCF3708.jpg

団地なので、高い建物が無い。
だから、余計に高く感じるのだ。
お店の二階の屋根だと思って、登ればいいわけだ。
とはいえ、端っこの部分は怖いので、ロープを装着した。

DSCF3709.jpg

足腰がへたる前に、端っこを攻略。
坪数にして、12,3坪くらいだと思うが、4時間かかった。

DSCF3711.jpg

DSCF3712.jpg

こんな手で、食べ物を作るわけにはいかないから、お店再開までに落とさなければ。



posted by 山口屋散人 at 17:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

ちち(遅々)

DSCF3702.jpg

前回、お店の屋根のペンキ塗りをしたのは、2009年のお盆だった。
日記代わりのこのブログで調べられるのは、便利といえば便利。

先日、残っているペンキで塗り始めたのだが、到底間に合わず。

今日は目鼻をつけようと、強風の中、踏ん張る。

DSCF3703.jpg

八割方、達成。
あとは仕上げをすれば良い。
でも、11年前のペンキと今日買ったペンキの色艶が違い過ぎる。
ま、良いことにすんべ。

posted by 山口屋散人 at 18:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする