2017年03月18日

つい、うっかりと

DSCF0035.jpg

つい、うっかりと通りそうになる。
いかん、いかん、先を急ぐのが目的ではない。
それでは散歩にならん。
犬まで、どうかすると歩きそうになる。
団地の空き角地で段差がないと、ショートカット道ができる。
そう言やぁ、登山道でもよく見かけるな。


posted by 山口屋散人 at 07:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

あらためて・・


DSCF0032.jpg

こういう都市生活の後ろに、神々しい山々がそびえるという環境は
望んで望めないものであることに、やっぱり、感謝せんといかんわな、と思う。
(西道路ベニマルから、鬼面山と箕輪山)
posted by 山口屋散人 at 01:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

東風ふかば

DSCF0014.jpg

森合のふたつ山公園という所に行くと、安達太良から吾妻連邦に至る山々が
ずらーっと見渡せる。
冬は好きではないが、山がきれいに見えるのは大歓迎だ。

DSCF0015.jpg

我が家の庭の梅も、蕾をつけて来た。
そろそろ咲くかな。

posted by 山口屋散人 at 17:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

o157 は何時だったのか?


DSCF0004.jpg

同業だった友人が、整理していたら出て来たと、持ってきてくれた。
大きい方は民報、カラーで小さい方は民友である。

O157 という病原性大腸菌が流行っている時期だった。
食中毒は不思議なことに流行りがある。
あれだけ猛威をふるい、恐れられたしものが、どこ行っちまったんだという感じ。
今でも何だったんだあれは? という思いがある。

何年前かというと、調べなくてはいけないのだが、この地元紙の
画像に使われている検査している人物は、実は両方とも小生である。

それよりも頭が黒い。真っ黒みたい。
と言うことは、何年前だ?
相当前過ぎて、わからねぇよ。



posted by 山口屋散人 at 20:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

そろそろ


DSCF3136.jpg

頂きものだが、そろそろ腹の中に納めることにしようと思う。
お客さんの中に、先輩と後輩が一人ずついるので、お祝いの缶ビールを
一本ずつ進呈した。
来年はそうはいかんべな。

posted by 山口屋散人 at 21:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

街のゲイジツ家あらわる


作品発表の場を間違ってんでねぇの。

DSCF2225.jpg

DSCF2224.jpg


posted by 山口屋散人 at 18:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

またもやトーリトリ



スズメよりは一回りデカイ。ふっくらしている。
騒がしい。
夜明け後の30分くらいと、日暮れ前の30分くらいに騒ぐみたい。

posted by 山口屋散人 at 19:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

ぎゃー何じゃこりー

大晦日、久しぶりにコタコタとなった。
やはり歳なんでしょう。
まだ完全に回復したという訳ではないのだが
仕事をしながら、徐々にとしませう。

とにもかくにも
今年もよろしくお願いいたします。


今朝、6時半に目覚め、パソコンに向かっていると
何やら、聞いたことのない音が外で聞こえてきます。
はて、ご近所の方の動きではないし、例えて言えば
小型のダンプが砂利を少しづつサラサラじゃりじゃりと
落としているような・・

窓を開けてみたら、これでした。

DSCF2196.jpg

何の鳥なんでざーましょー?



posted by 山口屋散人 at 22:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

エサ不足


DSCF2946.jpg

日曜日の一コマ。
多分、くまさんのウンコに間違いないと思うのだが、あんまり良い物を
食べてなさそうな感じ。

posted by 山口屋散人 at 09:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

次は霊山へ


DSCF2938.jpg

鎌田まで用足しに出る。
用を終えて、4号線に出るべく信号待ちをしていたら、前方に霊山の壁。
久しぶりに霊山を意識した。
夕陽を浴びての霊山も綺麗だ。
信夫山の次は霊山か。

posted by 山口屋散人 at 16:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

山形新幹線交差

朝、店に来る途中の踏切で、足止めをくった。
上り電車の矢印が点いていたので、カメラを構えて待つ。

DSCF2935.jpg

折良く、下り電車も来る。
山形新幹線のすれ違いが撮れた。

DSCF2936.jpg

    
    ♦♦♦

日曜日の話。
信夫山で、足ならしをした。
烏ヶ崎への直登コース。
登り口が判りにくい。ほとんど利用されていないだろう。
場所は森合字北向山から階段を上って行く。
この階段の手摺が傑作だった。

DSCF2932.jpg

DSCF2931.jpg

廃レールが使われていた。
多分、飯坂線のレールだと思うのだが、どうだべしな。

posted by 山口屋散人 at 20:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

得難い経験を週に二回


DSCF2933.jpg

火曜日。
娘が応募したANAのチャリティー歌舞伎が当たったという。
が、本人が行けなくなってしまい、こちらにチケットが回ってきた。
歌舞伎は一度も見たことがない。そんな上等なお暮しではない。
あまり興味も無かったが、仕方なく出かける。
郡山まで新幹線往復。二人分6800円をはじめとしてチャリティーと
合わせて、約一万円の出費。
坂東巳之助の芸者姿に感嘆。

自宅に戻ってきてから、ひょっとしてと、金曜日の福島の文化センターでの
狂言のチケットを探してみる。
野村親子の狂言だ。
ナマ人間国宝を見たことがない。
チケットに空きがあった。
S席を2枚予約。 またまた約一万円の出費。
セブンイレブンでチケットを発行してもらったのだが、いろいろと
手数料がかかる。
飛行機といい、こういうものの手数料はかかり過ぎ。

ともあれ、この歳になって、歌舞伎と狂言を初めて経験した。
それも同じ週にだ。
冥途への土産がだんだんと積み増してきた。

posted by 山口屋散人 at 20:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

自重

せっかく一切経山へのルートが解除されたので、登ってくるかと思ったのだが
どうも感冒が治りきらない。
自重して自宅の庭の車置き場を整備をすることにした。

DSCF2918.jpg

使った時間、2時間。
使った小砂利250キロ。(10キロ、198円)

DSCF2921.jpg

あと、100キロくらい撒かないとならなそう。

posted by 山口屋散人 at 15:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

続々到着

DSCF2892.jpg

イザベラ・バード関連の本で何かないかと探し、現代の学者の書いたものを
読んだのだが、どうも面白くない。欲求不満だけが残った。

その後、名前だけは知っている、宮本常一という民俗学者が書いた
バードの本に出合った。
35年前にお亡くなりになった人である。
硬い本かなと思ったら、これが予想に違えて、すごく面白かった。
一般人を対象にした講演録だったせいもあるが、分かりやすく、嵌まった。

で、自宅やお店に続々と彼の本が到着するようになった。
アマゾンで新刊で手に入る物もあれば、ヤフオクのようなサイトでないと
探せないものもある。
未だ届かないものもあるが、およそ10冊超くらいになるだろうか。
しばらくは、この宮本常一先生に没頭することになりそうだ。

posted by 山口屋散人 at 19:19| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

今度は高校クラス会 於 穴原温泉月乃瀬

DSCF2890.jpg

九月の末に陸上競技部の同期会が札幌で。
二週間後の昨日は、高校の11回目のクラス会。

DSCF2884.jpg DSCF2882.jpg DSCF2883.jpg

他のクラスは、同級会などやったことがないというのが大半なのに
我がクラスのように11回目を数えるものもある。
幹事が熱心でウルサイので、仕方なく参加してきたが、残り少ない人生に
なると、不思議に懐かしい連中という感覚になってきた。
オリンピックの開催年に開くことになっている。
次回は「東京オリンピック」
増えることはないが、何人減るかという問題。


posted by 山口屋散人 at 10:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

備忘録 札幌2

DSCF2836.jpg

いつもはこの一枚で終わる集合写真なのだが、観光地ということもあり
前回の大倉山ジャンプ台での集合写真と同期生の自宅前での写真と
合計3枚も撮ることができた。

DSCF2840.jpg

二日目は、現地解散のはずであったが、大倉山のジャンプ台の高さと勾配を
実感してみたいとの、小生の予定を披露したところ、皆で行くことになった。

DSCF2847.jpg DSCF2853.jpg DSCF2857.jpg

大倉山は駐車場から、長いエスカレーターが付いている。
登りと下りの中間に、階段があるのだが、いつもの癖で、階段を使う。

DSCF2859.jpg

これがたたった。
心拍数が一気にあがり、二日酔いがどっときてしまった。
かくして、せっかくの札幌の二日目が台無しになってしまったのである。

追加
 どうも納得がいかない画像が出てきた。と言っても、変だなーと思ったから
パチリとした訳だが、何なんだべ?

DSCF2861.jpg

街中を走っていたら、何か変〜ん!
何か違和感が・・・何だべ?
この道が一方通行であることに気がついた。
でも4車線もあるんだけど・・
(ひょっとして冬場対策の一環なんだべか?)





posted by 山口屋散人 at 05:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

備忘録 札幌1

DSCF2812.jpg

千歳空港に着いて、宴会までの数時間をどう過ごすべきかと一応のプランを
立てていたのだが、レンタカーの事務所で聞くと、時間的にきついのでは、という
話になってしまった。
仕方がないと諦め、とりあえずノーザンホースパークへ行ってみる。

DSCF2807.jpg DSCF2810.jpg DSCF2811.jpg

とにかく広いという印象。
お目当ては、かつての名馬。

tDSCF2826.jpg

日本での競走成績はないが、偉大な息子を残した功労馬。ウインドインハーヘア。
あのディープインパクトの母ちゃんである。

馬券でお世話になったバランスオブゲームを見てみたいと思っていたのだが
騸馬になっていたのはがっかりだった。細々でも種牡馬を続けているのだと
思っていた。

DSCF2819.jpg DSCF2818.jpg DSCF2820.jpg

菊花賞を勝ったデルタブルース、ディープがいなければダービー馬だったインティライミ。
その他、名のある馬たちがいたが、皆、騸馬となっていた。

広大な土地を歩いたせいか、少々お疲れ。
支笏湖をまわったのでは間に合わぬかも知れぬと、まっすぐ定山渓温泉へと向かう。
最小限の荷物だけにしたので、地図を持ち合わせていない。
ナビの拡大地図では土地勘が無いので、見当がつかないし、交通事情も分からない。

借りた車はスズキの軽、ハスラー。
いつも軽に乗っているので、そのほうが楽かと。

DSCF2829.jpg DSCF2866.jpg DSCF2827.jpg

道央自動車道を走ってみる。
意外と混んでいる。運転のマナーが悪い。方向指示器を出さない車も多い。
しかし、スピードはそんなに出さないようだ。(90キロ平均?)
概して雪国の人たちは、ゆっくり走る。

このハスラー、アイドリングストップも苦にならず、なかなか快適。
唯一の欠点は後ろが見辛い。ヘッドレストが高すぎるため邪魔になる。
そのため、体を余計にひねらなければならない。







posted by 山口屋散人 at 04:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

やっと涼し

DSCF2800.jpg

DSCF2799.jpg

やっと大工仕事をしても良いかな、という気温になってきた。

車中泊を何回かやったが、凸凹を毛布や座布団で調節しても、
何時間か横たわるとあちこち痛みが出る。
やはり板を渡すべきかと考える。

コンパネを二枚買ってきて、夫々60センチ幅で切断。蝶番でつなぎ合わせる。
合板のあの独特の臭いがいやだったのだが、針葉樹のコンパネはさほどでない。

とりあえず、セットしてみたのだが、どうだべし?


posted by 山口屋散人 at 19:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

レセプション


DSCF2792.jpg

今年は意識的に会合を避けてきた。
しかし、これは出ない訳にはいかんだろうと、重い腰をあげる。

業界の県組織の理事長を20年つとめあげ、今年交代した紺野氏の歓送迎会。
誰がやっても、ダメであろう失われた20年で、わが組合に限らず、どんな
およそ組合と名がつくもの全てが衰退していく年月だった。

この会場以外に、2軒ほど回ったが、うどん屋が本業の店で、しっかり
うどんを食べたせいか、二日酔いから逃れた。


posted by 山口屋散人 at 08:23| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

こんな値段だったのけ?


DSCF2789.jpg

永年使用してきたプリンターが動かなくなった。
警告ランプの点滅回数から判断すると、ヘッドがいかれたらしい。
年に何度も使わない。下手すれば、一度、年賀状だけだったりする。
それでもケチって、互換性の安価なインクを使ったせいか、と反省。
あきらめて、プリント機能だけの安い、一万円位のものを買うかと覚悟。
電気店やPCショップに行く時間がないので、とりあえずアマゾンで物色。

DSCF2791.jpg

コピーとスキャナー機能がついて、一応複合機。
これで、6千円ちょぼ。
いつの間にか、こんな状況になっているのに驚く。
壊れたプリンターは、2003年製だったみたいだから、もう13歳だったんだ。

posted by 山口屋散人 at 07:30| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする