2016年08月18日

夢は枯野を・・

奥の細道で芭蕉がたどった最北の地、象潟。
道の駅の建物から撮った、現在の映像をライブカメラで見ることができる。
おまけに、画像を保存することも可能だ。

chokai-20160818181849.jpg

下の画像は由利本庄方面にカメラを向けたもの。
この見える範囲のなかで、通算で三泊ほど車中泊をした。

chokai-20160818181504.jpg

こんな暑さでは、車中泊どころではないが、早く彼の地に行かれるような季節に
ならないものか。また、象潟に行きたいなぁ。

posted by 山口屋散人 at 18:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

せみ


IMG_20160805_075428.jpg

森合は蝉が多い。
西道路の街路樹も蝉のたまり場だ。
足でドンと蹴っ飛ばすと、蝉が10匹も飛び出すのではないか。
試みにやってみるかと近づいたら、目の前にも一匹の蝉。
ド〜ンと蹴ったら、3〜4匹が飛び去った。

posted by 山口屋散人 at 16:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

100円BIG と〜せん〜!

100ennbig-0720.JPG

100en-0720.JPG

100-0717.JPG

他の9408人の皆さまと共に100円BIG 5等に当選いたしました。
賞金は910円と、ちょっと少ないけど、まぁね。


posted by 山口屋散人 at 17:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

慣れぬこと


sapporo1.jpg

飛行機に乗ったのは昭和の終わり頃だった。
平成になってから一度も乗ってない。

9月の末に、札幌で高校陸上部の同期会を開くことになった。
今までは飯坂温泉だったのだが、酔った勢いで、来年は札幌と決まった。

10人いた同期生のうち、2人が札幌の大学に進学した。
北大の教育学部にすすんだ一人は、二年前にがんで亡くなった。
もう一人はそのまま札幌に残って、大学職員をしている。

新幹線で函館に向かい、そして札幌かと色々検討したのだが、
函館と札幌は意外と遠いことが分かった。
また、べつな機会に函館に行くことにする。

飛行機のチケットの買い方が分からない。
娘に買ってもらおうかと思ったが、自分でやることにした。

画像の値段で買えるのかと思ったら、千円ちょっとの手数料が
取られるということで、あら、そうなのとちょっと驚いた。

posted by 山口屋散人 at 07:31| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

さいばいちゅーです


DSCF3554.jpg

時々、干上がらないように水などをやっております。
ま、場所が場所ですから、ナニと言えばナニなんではありますが。

DSCF3555.jpg

前回のはるじおんの時は、アップした二日後に、多分、近所のご奇特な方によって
掃除されてしまいました。残念。
これも、そろそろ危ないかな・・

posted by 山口屋散人 at 20:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

まったりの日曜日

鉢植えのだが、小生の好きなキキョウが咲いた。
しかし地植えのものは虫に喰われてアカンチ。
ホントは背丈の高い花が好きなのだが、ま、これでも。
(偶然だが、家人の実家の家紋が桔梗)

DSCF2671.jpg

午後から、まだ行ったことのないフォレストパークあだたらの温泉にでも
入ってくるべと、土湯街道を行く。

犬も歩けば、ということなのか、途中で陶器市の開催にぶつかる。
高校野球と重なって駐車場が大混雑。(警備員が役立たず)
野球ユニフォームの高校生が一生懸命、車の誘導をしていた。

DSCF2677.jpg

DSCF2678.jpg

つちゆ道の駅から、岳温泉方面へ降りて行くわけだが、何やら見慣れぬものが・・
いつの間に出来たんだ、こんなもの。



肝心のフォレストパークのお湯は、空いていて、しかも快適だったそうで、
また行きたいとの家人の要望あり。

posted by 山口屋散人 at 19:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

格安スマホ


DSCF2123.jpg

去年の4月から使い始めた格安スマホだが、バッテリーの劣化のせいか
夜に充電しておいて、朝から使い始めると夕方には電池切れの赤ランプと
いう状態になってしまった。
ガラケーと違い、蓋を外してバッテリーを取り換えるというわけにはいかないので
どうすんべ、また2,3万かかるのかと頭を悩ませていた。

そもそも電話とショートメールとたまにネット接続だけの利用である。
ゲームもSNS もしないので、試しに不要なアプリをバッサバッサと処分してみた。

画像を見てほしい。
あきれたことに、使い始めて「3日と21時間」が過ぎても、80パーセント以上の
電池が残っているようになった。
何ほど、不要な働きをしているもんだか。



posted by 山口屋散人 at 06:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

備忘録 にほんかい

18日の夜、シャワーを浴びて出発。
山形県小国町の道の駅「白い森おぐに」にて車中泊。
ここは通算三泊目。
なるほど、名前の通り、早朝はいつも白くモヤっている。

IMG_20160619_052203.jpg

次の新潟県関川村の道の駅で、温泉に入るべと思ったら、やたら混んでいる。
関川マラソン大会とかち合ってしまった。朝風呂はとても無理っぽいので断念。

DSCF2584.jpg

村上市のガストにて朝食。

DSCF2590.jpg

日本海を北上。

DSCF2593.jpg

酒田市にて、山居倉庫の周辺を歩く。

DSCF2602.jpg

DSCF2610.jpg

DSCF2606.jpg

DSCF2605.jpg

秋田県にかほ市まで足を伸ばし、白瀬南極探検隊記念館を見学。

DSCF2621.jpg

本日のお泊りは、これまた三回目となる、お気に入りの象潟の道の駅。
晴れていれば、鳥海山がきれいだし、海はきれいだし、夕日を見ながら温泉には
入れるし、風呂上がりに酒も飲めるし、トイレもきれいだし、向かい側にはガストもあって朝飯も食える。
ただし、夜になって雨にたたられた。豪雨だった。
車中泊は雨に弱い。出る入るに一苦労。

DSCF2626.jpg

帰りは新庄市から南下。南陽市にて地元スーパーに入り
ご当地お土産を仕入れる。
まぁ、だいたいいつもこれなんだけどね。

DSCF2638.jpg DSCF2639.jpg


posted by 山口屋散人 at 20:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

人生の旅立ちにて


本家(祖父の実家)で、お葬式が出来、午後から列席。
本家と言えど、代が下がってくると自然と疎遠になり、当主以外の家族は
道で出会っても分からない。

亡くなった方の初孫という小柄な娘さんが弔辞を読んだが、
思わず涙が流れてしまった。

式が終わり、親戚と挨拶をかわすと、
「○○ちゃんの見たか」という。
姿を見たか、と聞かれたのかと思い、
「そういえば、来ていないみたいだね」と言うと
新聞の訃報欄を見たかと聞いたらしい。
昨夜、亡くなったとの話。
病気療養中であるという話は全く聞こえてこなかったので驚く。
小生の高校時代、東京教育大を出て、西女子高の陸上部監督をやっていた。
あの頃はまだ20代で、走っている姿が思い出される。
もう一つ、お葬式が出来てしまった。

posted by 山口屋散人 at 05:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

にっぽん代表


エースナンバー10を付けているのに、ご機嫌ななめ。
そんなことはどーでもいいって?

DSCF2572.jpg

DSCF2573.jpg

DSCF2575.jpg

posted by 山口屋散人 at 18:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

米沢市けいゆ南陽市


S0022087.jpg

午後から米沢市に出張り、「栗子ハイウエイ開通50周年記念シンポ」に行く。
当ブログに時々コメント投稿してくれる黒パン党こと鹿摩貞男氏の講演を聞きに
いくためだが、こういう会場での写真撮影は、どうすんだ?っていうくらいに
難しい。オートでばかり撮っていたツケがまわってきた。

講演が終わったので、スタコラ脱走。この後催されるシンポは苦手だ。
米沢市から南陽市へと向かう。

DSCF2570.jpg

高台に設けられたハイジアパーク南陽という公共温泉施設に着く。

DSCF2567.jpg

ちょっと方向は違うが、「東洋のアルカディア」とバードちゃんがのたまった風景の一部。

DSCF2560.jpg

DSCF2562.jpg

DSCF2565.jpg

DSCF2564.jpg

一角に設けられた記念コーナーなので、元々期待はしていなかったが、それでも
朝鮮を旅した時の通行許可証や学会申請の自筆の書などが展示されていた。
当時の服装はこんなものとの展示は彼女のものではなく、ただのサンプル。
展示されている本が欲しいなと思い、売店の中を探すが無い。
受付で聞くと、バード関連の物は一つも無いという話。
で、あれば・・と温泉へと切り替えて、お風呂へと向かう。
ちなみに入館料は540円だった。


posted by 山口屋散人 at 04:46| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

車中泊 行き当たりばったりの旅

15,16と日曜と第三月曜ということでお休みである。それに17を臨時休業として
三連休とさせてもらった。

季節はいいし、さて、どこに行ぐんべ? と、北に針路をむける。
何となく、恐山あたりに行けねべか、と無謀にも考える。

DSCF2496.jpg

14日、営業を終えてから、走れるだけ走り、距離を稼ぐ。
本日の泊りは東北道、前沢SA。

DSCF2505.jpg

翌朝の朝食。サービスエリアは朝食が摂れるのでありがたい。

DSCF2514.jpg

八戸道を抜け、十和田市へ。 独特なアーケードだ。

DSCF2518.jpg

道の駅、奥入瀬から見る、八甲田山系。

DSCF2527.jpg

定番の奥入瀬渓流にて、パチリ。

DSCF1949.jpg

DSCF1955.jpg

十和田湖の乙女の像までは、けっこう走る。しかも、歩く距離も長い。
このまま、十和田湖を半周する形で、弘前市へと抜ける。
本日の泊りは弘前市の道の駅。すぐ隣接して温泉施設があり、お風呂に恵まれた。

DSCF1982.jpg

DSCF1986.jpg

DSCF1972.jpg

DSCF1988.jpg

DSCF1993.jpg

弘前市はどこに行っても、御岩木山がついてまわる。
歌でしか知らない岩木山が見られて大満足。

DSCF2549.jpg

DSCF2551.jpg

隣村の田舎館に弥生時代の水田があり、弥生人の足型が残っているという。
見てくんべとせっかく出張ったのに、休館日だった。あちゃー!

DSCF2036.jpg

恐山はとてものこと遠すぎる。
帰りを考えると、八幡平を通って盛岡市に抜けるのが良さそうと判断。
アスピーテラインという元有料道路を通って、一路盛岡市へ。
南部富士と言われる岩手山が歓迎してくれた。

盛岡市にて、翌日の天候を調べてみたら、雨っぽい。
人間だけならよいのだが、ワンコがいると色々めんどう。
もう、たくさん、見学をした気になっていたので、頑張ってそのまま
福島に帰ることにした。
弘前市から福島市まで、一日で帰ってきたことになる。
およそ出発から50時間の旅で、走行距離は約1000キロだった。
食事はサービスエリアで3回、ガストで2回、その他で2回。
ガソリン代と高速代とで約2万。施設入館、入園料金が約5千円。
宿泊費が無料とはいえ、けっこう掛かるものだ。



posted by 山口屋散人 at 07:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

はるじおん

DSCF3540.jpg

DSCF3541.jpg

DSCF3542.jpg

時々、水などをやって育てていたら、ハルジオンだった。
ただ、場所が店の前だから、ちと何ではあるのだが・・


DSCF3546.jpg

店のパソコンが席を離れているうちに勝手に WIN10 に乗っ取られてしまった。
MSはビッグデータを収集して、何をやらかそうとするんだべ。
確か30日以内であれば、元に戻せるはずだから、少し使ってみんべ。

posted by 山口屋散人 at 06:31| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

ひなげし


IMG_20160505_084214.jpg

除染の影響だと思うが、しばらく姿を消していたナガミヒナゲシが、今年はあちこちに
見られるようになった。震災前の姿に戻ってきたのなら、喜ばしいのだが・・

DSCF2457.jpg

連休中に帰省した友人との飲み会。
この連中との付き合いも半世紀。命と人生の洗濯。
ともあれ、GWが終わってよかった。


posted by 山口屋散人 at 06:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

にわ


DSCF1914.jpg

DSCF1915.jpg

昨年は荷物の片付けに翻弄され、庭の手入れは後回しにされた。
車を置けるように、移動や伐採をしただけだ。
休みの日は、天気がよければ遊びに出てしまうので、なかなか時間が取れない。
暖かくなったのだから、早起きして、少しずつでも手入れをすることにしよう。
屋根のペンキ塗りもせにゃいかんばい。



posted by 山口屋散人 at 07:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

GWは 我慢(GAMAN)の週


tirasi.jpg

今年の連休は少々つらい。
休んでも、休まなくても、つらい日程だ。
で、結局、上記のようなチラシをつくることになった。
ただし、前半で思いがけず忙しかったりすると、材料切れになるのが困る。
市場が休むために、肉、野菜が入手できなくなるからだ。
早く、GW なんか終わってくれないかな、と思う。

昨日、郊外奥の古民家を改造して料理屋さんを営むお客さんとの会話。
「連休のお客さんって、ちょっとつらいよね。」
やはり、同じなんだな〜と妙に感心した。
いつものお客さんは、ありがたい。

posted by 山口屋散人 at 07:48| Comment(5) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

だいえんかい


DSCF2441.jpg

DSCF2442.jpg

DSCF2443.jpg

桜が10日ほど早いのなら、栗子のコシアブラだって、今頃が採りごろのはず・・
そう思って、ダメもとで突撃してみたらドンピシャ!
大量収穫とあいなった。


DSCF2446.jpg

午後からは西沢書店2Fで行われたギャラリートークというものに出てみる。
民友新聞の矢内さんの「かえるふくしま展」だ。
カナヘビは三回くらい退路を遮断してやると、どうしてよいのか考え込んでしまい、
フリーズするので、写真を撮りやすくなるそうだ。へんなやつだ。


DSCF2447.jpg

さらに夕刻には、消防団時代の近所のジッチが集まって、コシアブラの天婦羅で大宴会。
こうして、休日の一日が暮れていく。

posted by 山口屋散人 at 19:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

くんれん


IMG_20160422_224254.jpg

自作のスリングはあるのだが、リュックに入ってくれれば、もっと楽かとの思惑で
色々試している。
しかし、本犬は迷惑そう。

posted by 山口屋散人 at 07:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

縄文の記憶


天候不順、雨、強風をものともせず、突撃!
縄文の採取原始本能のなせるわざか。

DSCF2428.jpg

ここいら辺のコゴミは栄養価が低いせいか、ちょっとヤセッポッチ。

DSCF2426.jpg

本年度、初お目見えのショウジョウバカマとイカリソウ。

DSCF2430.jpg

DSCF2432.jpg

コシアブラは来週あたりかな。




posted by 山口屋散人 at 21:10| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

一年が過ぎた




DSCF2412.jpg DSCF2414.jpg DSCF2416.jpg

土曜日の夜、F班長が散歩の途中で店に寄り、そのまま酒飲みに出る。
2ヶ月ぶりの夜の街だ。
帰りはタクシーとなったが、場所を言うのにちょっと迷った。
住所は森合に違いないが、南隣は野田町、西側の二軒先は南沢又という、変な場所である。

画像と動画はかつて大荒れに荒れた清水中の北側道路の桜と南側道路のユキヤナギ。
この地に移り住んで一年が経過した。
色々なことが、ものすごく激変した一年だった。
方向としては悪化でないのが、救い。

posted by 山口屋散人 at 06:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする