2016年04月08日

楽しみな季節


IMG_20160408_083349.jpg

朝のわんこのお散歩のコースに、いくつか青果物の無人販売がある。
コインロッカー式のものや、台をおいての全くの信用販売のもある。
何より新鮮なのが良い。
そして安い。まあ、ざっと八百屋さんの半額以下。

今朝は「クキダチナ」を一つ買ってきた。100円。
今の季節はそんなものだが、これから種類が増える。
今日は何が入っているか、という朝の楽しみの一つである。


posted by 山口屋散人 at 21:27| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

まったりの日曜日


DSCF2403.jpg


DSCF2404.jpg DSCF2400.jpg DSCF2401.jpg

特に急ぐ訳でなく、時間は余裕がある。
こういう時は、犬にもノンビリ自由に歩いてもらおうと言うことで、懐かしの信夫山を
散歩することにした。
かつての散歩道であるが、オバカ犬でも覚えているらしい。
「僕、この道知ってます」というように先導して歩く。

この時期に桜が咲くということが、にわかには信じられないほど早い。
流石に第二展望台の桜は、未だだったが、例年よりはずっと早そうだ。
(何か異変起こらねば良いなと思わずにはいられない)

午後からは、先週に引き続き栗子峠に「ふきのとう」を採りに行く。

DSCF2409.jpg

雪解けの良質な物が、採取できた。
あまりに良質であると、これ、採って良いのかなと良心の呵責に悩む。
次世代に残すべく、まばらに採取したが、この後に来る人間の災禍を逃れるだろうか。




posted by 山口屋散人 at 23:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

地のお恵み


DSCF2396.jpg

「ふきのとう」でも採ってくるべと、13号線を米沢方面へ。
第一の地点は既に育ち過ぎで、B級品しか採れない。
第二の地点まで足を伸ばす。

DSCF2393.jpg DSCF2394.jpg DSCF2397.jpg

やはり雪が残っているような所で、探すに限る。
A級品や超A級品を少量なれどゲット。

posted by 山口屋散人 at 19:21| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

だらだらと家事


DSCF2380.jpg


ツクシが出ているよ、と家人に教えたら、えっ!どこどこ?と乗ってきた。
まぁね、出ているといっても、こんなところなんだけどね。


DSCF2381.jpg


二日間の貴重な連休だったが、結局、庭木の手入れとか家の仕事をだらだらとするだけ。
あまり成果はなかったが、こういう休みもそれなりに必要なのだろう。


DSCF2382.jpg


庭に出ると、信夫山の烏ヶ崎が見える。
二階からは、吾妻の山々が見える。
去年、一昨年と「魔女の瞳」にご無沙汰してしまったので、今年こそは。




posted by 山口屋散人 at 21:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

やっとオワタ !

IMG_20160315_080251.jpg

集中的にやると、頭の中身がガゴソと揺れ動き、錆がとれるような気がする。
ともあれ、こつこつとルーティンワークをこなすという能力に欠ける。
そういう能力は身に付かないで人生を終わりそうだ。

(確定申告提出最終日にやっと間に合った。)


posted by 山口屋散人 at 19:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

こそこそ ヒソヒソ・・




             只今、伝票の山に埋もれております。
             これでも青色申告だということは本
             当はあってはいけないことなんですが
             ナイショです・・・・・・・・・





posted by 山口屋散人 at 18:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

ふーあーゆー?

DSCF2355.jpg


DSCF2356.jpg

ふと我が家の玄関の上を見上げると、見慣れぬ毛のモノが。

「おまえは誰だ?」 と聞いたら 「おめえこそ、誰だ?」 という態度。
どうやら、以前からこの家をシマにしているらしい。

posted by 山口屋散人 at 16:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

オレンジ色の光


DSCF1830.jpg
(2月8日の吾妻小富士)

DSCF1834.jpg
(2月16日の吾妻小富士)

DSCF2342.jpg

DSCF2344.jpg DSCF2338.jpg

わが家の食卓にも庭から採取した梅の花。

475x525A.jpg

随分と先の話だと思っていた3月も、あと少し。 もうすぐ春。

posted by 山口屋散人 at 19:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

しぶき氷


DSCF2328.jpg
(2月8日福島民友より)

そういえば、今年は電話が来なかったな、と思い出した。
テレビ朝日で「なにこれ珍百景」という番組があるそうだ。
(福島でも放送しているらしいが、見たことが無い。)
番組製作者からの「今年の二ッ小屋隧道の氷柱はどうですか?」という電話だ。
震災後に3年ほど連続で、また一冬に2度3度と来たことさえある。

「今年は小さいから、絵にならないよ〜。」なんて返事が続いたものだ。
あらためて思えば、不思議なことに震災の一月前に行った時が、一番巨大だった。
普段は出来ない場所にギリシャ建築のような巨大な氷柱が屹立していた。
(翌年行った時は、存在していなかった。)



今年は暖冬のせいか、行ってみようかという気さえ失せていた。
そうだったね。忘れていたね。


posted by 山口屋散人 at 19:59| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

おとしだま貰ろた


昨晩はわが組合の新年会が飯坂で開かれた。(今ごろ・・)
例によって、気乗りしないが浮世の義理で出席する。

DSCF2289.jpg DSCF2299.jpg DSCF2314.jpg

お年玉争奪じゃんけん大会が行われ、気乗りしないのが功を奏してゲット。
一万円を頂いたので、コレを資金に皆を誘いカラオケルームにと繰り出したのだが
先客がいて開催不能。(結局、わが財布に収まる。)

こういう好事?の時は「魔」多し。
家に帰ってバックを開けたら、あらら・・ルームキーが出てきたで。

DSCF2317.jpg

夕方もう一度、飯坂まで返しに戻るはめになった。
(まぁ、ガソリンが安くなったから・・でも往復一時間の無駄 )




posted by 山口屋散人 at 20:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

ポン

昨年は我人生の中で恐らく最も忙しい一年であったろう。
自分の意思と関係なく翻弄されるものも多かった。
処理すべき事があまりにも多く、ノートに書き出してみたら三十数件もあり
一つ案件が済みしだい横線で消していくという作業に追われた。

その疲れがたまったのか、正月早々体調不良に。
鼻風邪を引いてしまった。
発熱も無く、咳も出ないのだが、声が風邪声でなかなか治らない。
悪くもならないが良くもならない状態で、十日あまりが過ぎた。
しかし市販薬を換えてみたら、一日で改善方向へと動き出してくれた。
そろそろ治る時期だったとも言えるが、誰かが背中をポンと押してくれたのだろう。


DSCF2284.jpg

昨年の4月に越してきて、初めての冬を迎えた我が家であるが、案外と便利があった。
家の前に使われていない用水路があり、そこに雪を片付けられる。
面している道路が南北のため、雪解けが早い。
ということで、庭には雪があるものの、玄関先には無い。
これは予想外であったが、ありがたいことだ。



posted by 山口屋散人 at 21:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

本年もよろしくお願いします


DSCF1811.jpg

2016年の初お買い物。(百均のダイソーにて)

頭皮のマッサージ器らしいのだが、二日酔にも効きそーとの思惑で。
家人に見せたら、
「あるのは知っていたけど、誰が買うんだこんなの?」と思っていたそうな。
まさか自分の亭主が買うとは思っていなかった、だって。

俺はもう一つ買ってくんべかな、とさえ思っているだよ。



posted by 山口屋散人 at 14:41| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

大晦日の仕事を終えて


DSCF1805.jpg

21世紀になってもう15年が過ぎようとしている。
何か無駄に歳(馬齢)ばかりを重ねたなという感じ。

とりあえず、今年も無事にこうして暮らせたことを感謝して
一年を終えたいと思います。

当ブログのお客様、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。



posted by 山口屋散人 at 20:42| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

笑えぬ傑作


DSCF3520.jpg

朝、お店に来たらヘルメット姿のガス会社の社員が数名モサモサやっている。
ガスが何処からか漏れているのは分かっていたのだが、以前調べてもらった時は
特定が出来なかった。
ここのところ、匂いがきつくなったので、漏れが激しくなったのかなとは思っていた。
しかし、わが店のメーターには無関係なのでほっといたら、近所から通報があったそうだ。

そしてわが家の敷地をいじる必要があるとのことで、連絡方法を探っていた所だった。
「近所の方に、ここのお店やっているんですか?と聞いたら、やっているっていうんで
お出でになるのを待ってました。」とガス会社員の話。(思わず苦笑・・)

まぁ、玄関口にはペンペン草が生えているし、玄関戸はガラスが割れているのを
セロテープでねっぱしてあるし、そもそもボロいし、そう思うわよなー。
(小生ですらそう思うけど、こういう店なのよ、この店は。)

家人に笑って話を教えてやったら、「笑えないよ、何とかしろー」だって。
家人は常日頃、「どこかの知らない町でお腹が空いていたとしても、うちの様なお店には
絶対入らない」って言っている。 (確かに入るには勇気がいるわなw)

posted by 山口屋散人 at 21:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

子供たちが遊んでいる・・って


DSCF1795.jpg

DSCF1796.jpg

oneファミリーでなく、数家族の子供たちが遊んでいるという風景は久しぶりに見た。
この違和感は何なのかと思えば、震災以後の生活には見られなかった光景だ。
かと言って、復旧が進んでいる訳では勿論ない。
慣れてしまっているという事だろう。
しかし、無邪気な会話のやりとりには、思わず頬がゆるんでしまった。
子供は国の宝だなぁ、と年寄りくさく思ったりもする。

この子達の年齢は10歳前後であろうが、そうすると小生と50年も違う。
とりあえず大過なく生きながらえてしまった小生の50年を、この子達もそうであるのだろうか。

そういうことでは、ひどく心配なんだけど。
「good luck!」と祈るだけ。

(久しぶりに愛犬のかつての散歩コースに戻った朝 )



posted by 山口屋散人 at 22:57| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

酒飲み読書


DSCF1739.jpg

文庫本を読むのに老眼鏡が必要になってから、あまり分厚い本には手を出さないようになった。
600頁近い本は何年ぶりだろうかという有様である。
しかも酒飲みの目のおつまみであるから、一日に10〜30頁がやっと、それも時々別な本に
浮気をしながらなので、一月以上かかってしまった。

この本で、艦上戦闘機、艦上爆撃機、艦上攻撃機のそれぞれの特徴と、巡航速度というのは
最小の燃料消費で飛んだ時の速度だということを教えられた。

中古本屋さんで購入した物で、作者に印税が入らないのが、何か悪い気がしないでもない。



posted by 山口屋散人 at 05:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

半世紀近く前はアスリート


DSCF1751.jpg

二年ぶりに高校の陸上部の同期会が開かれた。
一昨年に初めて開かれ、それ以来の2回目である。

その間に残念ながら一人は遺影での参加となってしまった。
肝臓がんだった。

いわゆるインターハイは陸上競技の場合、高校ごとの個人と団体(リレー等)の得点により
優勝高を決める。1位は6点、6位は1点という具合に。

この10人のメンバーは、福島県大会において三年間負け知らずであった。
さすがに一年生の時には先輩の得点だけで優勝したわけだが、その翌年は楽勝。
三年生時は故障者などで冷や冷やものだったが、なんとか僅差で逃げ切った。

陸上競技部はその後、何人かの優秀なアスリートを輩出したが、団体としての
各校対抗戦で総合優勝したのは、この年(s45)が最後のはずである。

画像左端でひときわデカイのは、現在、福島県陸上競技協会の会長職。
(こういう連中と酒を飲んだ翌日は当然ふつかよいでドタマがガンガン痛え!)




posted by 山口屋散人 at 17:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

枯れ葉よ〜


DSCF3510.jpg

掃いても掃いても、あとからあとから・・
お店の前は枯れ葉の溜まり場。
枯れ葉も小生の誕生日をお祝いに来ているに違いないと思う。
(死んだ親父の歳を二年上回った)

今日はインフルエンザのワクチン注射をして来た。
自分が発症しないだけでなく、感染源にもならないとのことなので
去年から受ける様にしている。
(家人と二人で7000円の出費)



posted by 山口屋散人 at 19:10| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

水林にて


DSCF2208.jpg DSCF2210.jpg DSCF2211.jpg

例の自作のロケットストーブを思いっきり燃焼させてみんべと、水林自然林へ。
先日近くで車両火災があったばかりの団地の中では、気が引ける。
水林のキャンプ場は芋煮会にはもう寒い時期なので、先客は2組だけだった。
ワンコに邪魔されながらえっちらと準備をする。

DSCF2213.jpg DSCF2214.jpg DSCF2216.jpg

ただの燃焼テストでは面白くないので、サツマイモを用意。
アルミホイルに包み、火口の近くへ置く。(こんなんで焼けんのかな?)

小一時間もすると焼き芋の匂いがしてきて、ワンコがそわそわ落ち着かなくなった。

DSCF2218.jpg

普段からめったに焼き芋を食うことはないのだが、味見。
ほくほくして、なかなか宜し。

posted by 山口屋散人 at 17:42| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

ねくたい

DSCF2205.jpg

雨の日曜日は、家にこもって荷物の整理。
まだまだ引越しの後片付けが大量に残っている。
ところが昔の物が出てくると、ついつい見入ってしまい、時間ばかり食う。

画像は小生のサラリーマン時代のもので、多分昭和55年。
その当時の手帳からパラリと落ちてきた。
(生意気そ〜だし、なんだか韓流ドラマに出てきそうでちょっとダサ)

土曜日がようやく隔週で休みになってきたという世の中だった。
休みとはいえ、交代で営業職は電話番(もちろん手当無し)に出る。
そんなある時、一人で留守番をしていると、同僚が遊びに来た。
その時撮ってくれたもので、電話はどれどれとポーズでつけたもの。

残業は月に80時間以上したが、これもサービス残業。
会社のこの当時の資本金26億円。
今はいくらなんだと調べたら1500億円。
会社の成長の後ろを振り返れば、夥しい社員の死屍累々なんだろうな。

家業を継いでからはネクタイをつけることは冠婚葬祭以外にない。
締め方を忘れ、あれ?と家人に助けを求めたことも何度かある。



posted by 山口屋散人 at 20:11| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする