2017年03月24日

かくーせいきゅーさぎ の番号だって

IMG_0069.JPG

登録の無い番号から掛かってきた電話は原則として出ない。
ワン切りするらしいので、気がつかなかったのだろう。
知らない番号から、しかも東京の固定電話から、掛かってきた。

ネットで調べてみたら、架空請求詐欺の電話番号らしい。
うっかり、「何か用ですか?」と掛けなおしたら、面白い
ことになっちまうところだった。

posted by 山口屋散人 at 09:18| Comment(2) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

やってみんべ

DSCF3578.jpg

こういう椅子って、どこかで直してくれるもんなのか知らない。
調べもしないで、ほっといたのだが、内心、ちょっとナーとは思っていた。

3年ほど前にホームセンターで、椅子のシート生地を見つけたので購入。
2脚分で千円程度。
しかし、修理の自信がないし、そもそも図画工作は苦手。
特に見映えの要求されるものはダメ。

雨の日曜日。普段できない雑用を片付けるべき日だ。
思い切って、手を付けてみた。

DSCF3580.jpg DSCF3582.jpg DSCF3586.jpg

シートをはがす作業が思いの外手間取った。
約一時間の作業のうち、8割ははがす作業だった。

DSCF3588.jpg

原価500円なら安いもの。
しかし修理が必要なのは、あと3つくらいあるが、しばらくやりたくない。

posted by 山口屋散人 at 06:03| Comment(4) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

祭りの夜




直前に対向車があり、減速していたので助かったが、普通ならゴチンコ!
祭りの夜はアブナイ。

posted by 山口屋散人 at 05:43| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

すくらんぶる発進


DSCF2109.jpg

DSCF2096.jpg

DSCF2112.jpg

わが店に飛来したので、迎撃戦闘機をスクランブル発進して、撃墜!

何という蜂か調べてみようと、調理場の片隅にオブジェとして飾っているのだが
三日過ぎても、また調べてない。
時々、自分で飾っておきながら、近くに来ると、ドキッとする始末。
けっこう迫力があるのだが、この写真で伝わるべが。

posted by 山口屋散人 at 21:17| Comment(3) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

わたしのたわし


DSCF2424.jpg

左側のタワシがさしずめ小生か。(と、何気なく思った。)

そろそろ交換の時期かなと、新しいタワシをおろす。
しかし新しい物が良いとは限らない。
少し使い込んでからの方が、勝手が良いのである。
従って、先輩タワシと新人タワシの両方併用する期間が存在する。
新人君が使えるようになれば、先輩は引退となる。

両方並べてみたら、先輩タワシは、あらら、既に引退の時期かものようだ。
新人君を急いで鍛えなければならないかな。


posted by 山口屋散人 at 21:13| Comment(3) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

やってみんべ!

「司、司に任せれば良い」と竹下さんはのたまわったが、小遣いに不自由している
小生はそうも行かない。自力で可能ならば、自力本願で。

車のメーターパネルのバックライトが調子悪い。
LEDに交換可能らしいので、やってみた。

DSCF2251.jpg DSCF2254.jpg DSCF2255.jpg

とりあえず、七つのバルブをLEDに差し替えてみた。

DSCF2257.jpg

大きいバルブは黒ずんでいる。だから薄暗かったのだ。
しかし、LEDは電極が違うと点灯しないのだが、昼間は確認しにくい。

DSCF2259.jpg

まあ、こんなものか。
また、調整する必要が出るかもしれないので、少しの間パネルカバーは外したままにしておく。

DSCF2249.jpg DSCF2246.jpg

先日夜間に走行中、ハザードのスイッチの場所が分からずに???となった。
バックランプが切れていたためだ。
ところが、こんなランプはどこを探してもない。
手作りするスキルは無いので、中古品を手に入れた。
一時は夜光塗料でも塗っておくかとまで考えたのだが、これも一件落着。

posted by 山口屋散人 at 19:39| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

これで直りゃ・・


DSCF2242.jpg

点いたり消えたりしていたナビとバックビュー。
とうとう点くことがなくなってしまった。
ヤフオクを見ていたら、あら、こんな部品が手に入る。しかも2000円弱。
送料と手数料を含めて、3000円くらいならダメもとでトライ。

DSCF2243.jpg

車って、つくづく張子の虎なんだなといつも思う。
で、交換終了。
エンジンをかけてみる。

DSCF2244.jpg

失敗。 反応なし。う〜ん、がっかり・・

実はスイッチ類のバックランプや、メーターのランプがアチコチ切れてきたので、交換するべと
物色していたら、たまたま有ったので、やってみたのだが、そうは問屋が・・だった。
電球の交換は後日、時間をくいそうなので休日にすんべと思う。





posted by 山口屋散人 at 20:35| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

江戸時代・・

DSCF3507.jpg

某社の会長さん、当店が慢性的に釣り銭が不足していることを知っているので
小銭をためておいてくれる様になった。
そしてついに「はい、これで700両ね。んであといくら?」という具合になった。

こういう真正山口屋後援会のお客さんの何人かで、あわてて小銭調達で走り回ることが
なくなったのである。

posted by 山口屋散人 at 17:52| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

嫌いなかたはゴメンナナサイ




何か、東京タワーをよじ登ったモスラみたいだな、と思った。(古ぅ!)
調べてみたが、何の虫かわからない。 (茂庭っ湖の周回道路にて)

小生も別に好きなわけではなく、差し伸べた手は当然引っ込めました。



posted by 山口屋散人 at 21:00| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

作ってみんべ


DSCF3498.jpg


給湯器を付けた時の余りと思われる排気筒が二個ころがって邪魔していた。
十年来の邪魔者だが、これを連結すればエル型になる。
これでロケットストーブの小さい物を作ってみようかと考えた。
原理は簡単だし、グラインダーが有れば何とかなるべと。

本体のヒートライザーは一斗缶の醤油缶か油の缶は自前で有るが、取っ手付きの
少し見栄えのいい物・・と考えてペール缶をヤフオクで落札。
(510円だったが送料700円)

燃焼効率が良いので、少ない燃料でお湯などを沸かすことが出来る。
震災を経験すると、こういうものを楽しみながら作るのも良いかなと。さて。

posted by 山口屋散人 at 21:51| Comment(2) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

でかっ!


IMG_20150904_082932.jpg

こんなデカイのを見たことがない。
およそ40センチはありそうだった。
(しかし、わがワンコは全く関心なし)

posted by 山口屋散人 at 16:25| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

でけた

まぐろ.jpg

二月分がもう出来てしまった。
予習はおろか宿題も忘れて怒られていた子供だったにしてはユウシュウ X2

posted by 山口屋散人 at 21:32| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

続 めぐりめぐって・・

残りのもう一つを開けてみた。

DSCF4825.jpg DSCF4828.jpg DSCF4830.jpg

味は上等の部類。
何でかマッシュルームが入っていた。
posted by 山口屋散人 at 15:42| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

めぐりめぐって・・

DSCF4802.jpg DSCF4811.jpg


災害派遣の自衛隊が持ち込んだ物だそうだ。
巡り巡って、二缶ほど娘がもらったそうで、今、我が家にある。

時々、ヤフオクなんかで見かけるが、物好きの小生でさえ、費用対効果を
考えると手を出さなかったものだ。
ただし、興味は津々。

「たくあん」を開けてみた。

DSCF4814.jpg DSCF4818.JPG

少々古漬けっぽい。
旨くはないが、不味いわけでもない。
肉体活動の後には良さそうな味付けである。
posted by 山口屋散人 at 18:59| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

お散歩のついでに

どこかに行く場合、できるだけ通ったことのない、空いている道路を選ぶ。
そして興味を引かれるようなものに出会ったら、出来るだけ停まり、見物する。


丸森町までの往路は阿武隈川西岸沿いの国道349を通る。
初めての道ではないのだが、このお地蔵さんには初めて気が付いた。

DSCF0386.jpg DSCF0384.JPG

舟運が盛んだった歴史があるのだから、それにまつわる諸事件がたくさんあったに違いない。
そのなかの一つとして、「泣き地蔵」というお地蔵さんが後世に伝わる。


復路は阿武隈川東岸沿いの道を選ぶ。
この道はダート部分こそ無いが、時々とんでもなく狭い道が続く。
ただし対向車は極端に少ないから、その点は良い。

ここでは百合沢という所で、弁天様と不動尊をまつった神か仏か分らないような・・
ま、鳥居があるから神社なんだろうな、というのがあった。
ここの弁天様は大変な目にあっているらしい。
あちこちで災害に遭い、転々とした苦労人(?)だ。

DSCF0428.jpg DSCF0422.JPG

ここに手水舎があり、硬貨が入っている。

DSCF0427.jpg DSCF0425.JPG

この手水舎は金運の泉という名が付いているらしい。
さりげなく書かれた由来書きが、その気にさせる。
財布から5円玉を取り出し、水中から別な5円玉と取り替える。

小生に金運を呼んでくれる5円玉はこれ。

DSCF4665.jpg

posted by 山口屋散人 at 21:05| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

どういう局面で?

こんなものを見つけたので、遊ぶ。

DSCF4453.jpg DSCF4451.jpg DSCF4456.jpg

水で戻して「おしぼり」として使うらしい。
面白いが問題はどういう場面で使うのかということ。
具体的イメージがわいてこない。だから売れなかったのだろう。



上の動画の水の使用量は10cc ほど。
バッグにひとつ入れていても良いかなとも思うが、使う時があるだろうか?

32個で100円。信夫ヶ丘のオーディンで売ってまっせ。
posted by 山口屋散人 at 16:52| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

お掃除は三文の得

ガサゴソと押入れを整理していたら、何やらカネメのモノが・・
・・出てきたのは古銭。

DSCF4409.jpg DSCF4412.jpg

ただし、今でも使用可能な日本銀行券もあった。

DSCF4411.jpg DSCF4414.jpg DSCF4413.jpg

昭和に入ってからの一銭硬貨を比較すると、何やら時代背景が透けて見える。

DSCF4419.jpg DSCF4426.jpg

年代別に並べてみた。 明治の物は一枚しかなかったが、重量感があり格調高い。

DSCF4437(1).jpg

終戦からしばらくは「日本政府」として発行されていたらしい。
仔細に見ると、昭和20年発行のものが一枚あった。中ほどの5銭がそれだ。

DSCF4437.JPG

posted by 山口屋散人 at 18:35| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

つうはん

DSCF4398.jpg DSCF4399.jpg

ちょっと小物を購入した。ネットで、である。
上の画像のような紙袋で届いた。
こういう袋は初めて見た。
二重になっていて、緩衝材が中に入っている。

どうなっているのと開いてみると、以下のようになっていた。

DSCF4400.jpg
posted by 山口屋散人 at 20:53| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

訂正 さらに訂正

AP6131244.jpg

4人の人間が写っている・・なんて言ったのに、二日経って8人に訂正した。
さらに一日経ったら、あらら二人増えて10人になってしまった。
(いったい何処を見て写真を撮っているのやら・・)

1234P6131244.jpg 56P6131244.jpg 778910P6131244.jpg
posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

上腕骨外側上顆炎

「じょうわんこつがいそくじょうかえん」と読むらしい。
簡単に言うと「テニス肘」と言うんだそうだ。

jouwann.jpg

去年の暮れあたりから左ヒジの調子がおかしい。
痛みがあり、重いものを持つことができない。
たいがいの場合、ほっておいても治るのだが、いつまでも治らない。

その話をしたら、実はF班長もそうだと言う。
やはり左ヒジで、雑巾が絞れないという。
しかも時期も同じ頃から始まっている。

ま、体のあちこち壊れてくる年齢ではあるが、よりによって二人して
左ヒジがおかしくなるとはどういうことだろう。
二人ともヤブ歩きはするが、テニスなんぞはしない。
ということは何かの祟りか?
去年の暮れ近くに行った所を思い出しながら、だとしたら、あそこだ・・
などという話になった。

BDSCF3691.jpg

信夫山の金山跡に行った時のことだ。
説明しにくいがちょっと異変があった。
異変は小生に起こったのだが、F班長にも影響を及ぼしたのかも知れない。

(その時のことはまたいずれ)
posted by 山口屋散人 at 09:02| Comment(3) | 雑事 | 更新情報をチェックする