2006年12月26日

磨けや磨け

元の状態1

ピッケルというよりは縦走用の登山杖だろう。
相当古そうだが、磨けば使えるかも・・とヤフオクで
入札する。
ライバルが一人いたのだが振り切って1100円で落札。
(送料の方が高かかった)

          犬

サンダーで磨き、錆びを落とし、硬化パテを充填して
がたつきを直す。
木の部分はあまり白いとヘッドとのバランスが悪くなるので
そば釜の煤を塗りつけてから、ラッカーを塗った。
およそ3時間、余計なことは何も考えずに、久しぶりに
一心不乱状態でやる。
こうして、お気に入りが一つ誕生した。

ブラッシュアップ1
posted by 山口屋散人 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

結果としてイマイチだった・・

毎朝およそ一月半に渡って撮り続けてきたケヤキの大木。
今年はなかなか紅葉落葉せず、どうなっているの?
と少し気をもんだ。

やっと?ほぼ落葉したので、動画にしてみたのだが
どーも、イマイチ気に入らない。マ、こんなもんか。


posted by 山口屋散人 at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

所により日本一

缶ビール

試しにyahooの検索エンジンで「缶ビール」の画像を探すと
いの一番に出てくるのがコレ。
ヒット数24943(今日現在)の中の一番なのである。
ちなみにこれは、このブログの
2004年の4月13日のカテゴリ雑事で使った画像。

何でこんなのが一番なんだ? 世の中不可解。
とはいえ、
気がついたのは一ヶ月前なのだが、ず〜っとトップなので
ちょっこら自慢している次第。
posted by 山口屋散人 at 16:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

どこに消えた?

新旧包丁

あまり包丁は使わない小生だが、専用の包丁はある。
それも洋包丁である。
小生にはこれが使いよい。
物はそんなに良くはない。
ホームセンターで3000円もしないだろう。
(事実、ホームセンターで買ったものだが)

買ったばかりの物は、まだ使いにくい。
半年ほど過ぎると小生用にカスタマイズされてくる。

しかし、減り過ぎると使いにくくなってくる。
そうした包丁は肉切り専用となって我家では余生をおくる。

画像は元は同じ包丁である。
一つは使い込んだため、そろそろ肉切りに移動間近。
3,4年使ったろうか。

減った部分はどこに消えたのだろうか?
誰かの胃袋の中だったりして・・

posted by 山口屋散人 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

不味い海苔は

どうして葬式のお返しに使われる海苔は不味いのか。
海苔に限らず、お茶なども包装だけが立派なだけである。
しかし、買わされる側の遺族にとって、決して安いわけではない。
むしろ不当に高い。
「真心こめて・・」なんて言ったって、こんな不味いお茶や
海苔を食わされたのではたまらない。
いったいに葬祭業者は儲けすぎではないのか。
・・と他業者の悪口を言ってもはじまらない。

お葬式の海苔が溜まってきた。
おいしくないので、味の付け直しをする。
酒、味醂、砂糖、醤油、だし汁等で、佃煮を作っちゃうのである。

海苔の佃煮1

posted by 山口屋散人 at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

6月のお客さん

りふぁら3

このブログのアクセス解析をしてみた。
先月(6月)の分である。

それによると、アクセス総数8455。
そのうちの78%のお客さんがブックマークからである。
しかも、その数、6666。(確変でない大当たり?)
いや、なに、それが言いたいがためのエントリーなんだけどサ。
posted by 山口屋散人 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

GWのお散歩から その3

日本たんぽぽ1

なかなか見ようとすると大変なのだけれど
信夫山の市営墓地にあるとは思わなかった。

西洋タンポポの黄色い輝きと繁殖力にはかなわない。
「日本たんぽぽ」は何となく可憐な感じのたんぽぽなので
おやっ、と気が付きやすい。

確かめるのは花の裏側を見ればよい。
ガクがめくれてないのが「日本たんぽぽ」である。

日本たんぽぽ
posted by 山口屋散人 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

GWのお散歩から その2

お気に入りの飯舘村、野手上山に行ってきた。
長らく工事中だった風兼という麓にあるダムが完成していた。

kazakane1

湛えた水をどうやって落しているのか、近づいてみた。

kazakane2

帰り道の月舘町。
通りに沿った広瀬川を見ると、あれ?水が満々だ。
原因を探るとこれだった。
時期的に農業用水とするためか?

hirosegawa1

よく見ると、油圧式・・ですか?

hirosegawa2
posted by 山口屋散人 at 20:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

GW中のお散歩から その1

万世大路から「木の三編み」

mituami

同じく万世大路にはこんな所も

katakuribatake

カタクリのお花畑があるとは予想できなかった。
posted by 山口屋散人 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

見えねぇ

消防団を退団したので、貸与品であるトランシーバーは
返してしまった。
買い取ろうかと思ったのだが、手続きがメンドそうだ。

トランシーバーなど無くてもよいのだが、
携帯電話が通じない処にばかり「お散歩」に
行っているのだから、有るにこしたことはない。

ヤフオクで格安に手に入れることが出来た。
今までよりも高性能で扱いやすい後継機だ。
問題は受信改造していないことである。

vx-6

業界の自主規制かどうか知らぬが、工場出荷の段階では
ある種の電波は受信できないようになっている。
例えば一般家庭で使われているコードレスホンの電波とかである。
そんなのを聞く気はないが、拘束されているよりはフリーがいい。
ハムショップで売られているものはほとんどが受信改造されて
いるので、意味のない自主規制?なのである。

さて、受信改造であるが、方法は分かっている。

kaizou1

ハンダごて、とピンセットがあればいいのだ。
それでブリッジ状のものを外してやればOK。
ところが、
小さ過ぎて見えないのだ。
思わぬ難敵は自分自身だった。
posted by 山口屋散人 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

常在戦場?

夕方、現代○報と名乗る出版社(だそうだ)から電話をうける。
我が店の取材をしたいと言う。
「アサ○グラフ」のような雑誌で銀行とかで置いてもらっているが
ついては○月号は福島県の特集を組むので是非貴店にお伺いしたい、
「寅さん」映画に出ていた佐藤ガジ○ーがインタビュアーとして
一緒にくるという趣旨だった。

何かの間違いではないか、と念をいれる。
「ウチの店は特別変わったことをしている店ではなく普通の
食堂なんですよ」 と言えば、「それが良いのだ」とのこと。

「山口屋さんはオイシイと評判が良いお店ですので
取材させてもらえるとウレシイのですが」
とあくまで控えめながらも、自尊心をくすぐることも忘れない。

しかし、ここでオカシイと思い始めた。
「巧言令色少ないかな仁」である。
おそらく話を先に進めると、広告費としていくら出せという
話になるに違いない。
そう見極めた。いや聞き極めた。

「正直言って取材はちょっと迷惑ですので、お断りします」
そう言うとあらら、あっさりと引き下がったではないか。

カップねこ

現代○報という会社をWebで検索してみたら、存在していた。
ある店はやはり同じような取材の申し込みを受けて、
取材費と称して○万円を請求され、追加金を払って記事スペースを
拡げたほうが良いと勧められたらしい。

http://beyond.2log.net/akutoku/archives/qa/pslg111973.html

そういう仕組みだったようだ。
大きな店は割合シビアだから、小さい店を狙い、
安いB級タレントを動員してお店側を喜ばすという
手口みたいだ。
食べ歩きの番組なんかがやたら多いから
こういう輩の存在を許すことになる。
(いや、ひっかかる方が問題か?)
posted by 山口屋散人 at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

瞬間一位

nabeyaki

キーワードを「山口屋」だけでグーグルで検索してみると
なんとトップに「ようこそ山口屋へ」が出てきた。
ちなみにヤフーでは8位である。
ただしヤフーの場合、このブログも16位にランクされている。

なんてこった、世も末じゃ。
posted by 山口屋散人 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

バラすぞ!

デジカメが一台イカれた。
もはや回復不可能であるし、修理代は
中古で買った価格の倍はかかりそうだ。

後学のためにバラしてみることにした。
が、ネジが特殊だ。Y字型なのだ。

yjineji1

これを開けるドライバー、無いはずは無い。どこかにあるはずだ。
探すのはヤフオク。
さすがにヤフオク、すぐに見つかった。
費用は〆て870円。
届くのを待って、さっそく解体。

yjineji

内部はこんなになっているのかぁー、と感心しただけで
とりあえず蓋をしめる。
電池をいれてスイッチをいれてみると
今度は別な症状があらわれた。 げに不可解なり。
posted by 山口屋散人 at 20:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

業務連絡?

当店の本HPのサーバーが故障中です。

そう表示してくれれば良いのに
「ファイルが見つかりません」と
ISPはそういう態度であります。(怒)
posted by 山口屋散人 at 09:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

わかっちゃいるけど

やる気あんのか、コラ〜! と非難されそうだが
そうした声は今のところ聞こえてこない。

ま、初めてか、あまり慣れないお客さんが
待っている間に眺める程度のものである。

卓上のメニュー表が、夏メニューのままなのである。

menyu1

そういう意味で、当店は非常に不親切な店である。
慣れないと不信感をいだくか、侮るかだろう。

わかってはいるのだが、まぁ、いいかぁー。
あと2ヶ月くらい過ぎればオカシクなくなるしー。
posted by 山口屋散人 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

もう一つの宝物

久しぶりで自分のHPのコンテンツを開いた。

「お店の宝物」を見る。
よくもまぁ、アホラシ事をやっていたもんだ。
このデンでいくと、何でも宝物になるちゅーもんだ。

それにもう一つ、宝物を忘れていた。

rail1

何だかお分かりだろうか。
ミキサーの蓋がとばないように『重し』として使っているのだが、
元をただせば、福島市の文化財?でもあるのだ。

そう、昭和46年に姿を消したチンチン電車のレールなのである。
記念として、切断して売り出したものを親父が買ってきたのである。
500円だか1500円だったような記憶がある。

それ以来、ここで現役で活躍しているのだ。
親父と小生の二代に渡って使われている名品である。

でも、これじゃーなー。粉だらけだしー。
たまには洗ってやることにしよう。

posted by 山口屋散人 at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

この季節

ここ10年来の不景気のせいで、めっきり
カレンダーを作るお店が減った。

余裕の無いのは当店も同じなのだが、
実用的なせいか、このカレンダーは
けっこう人気があるため、やめられない。
と言っても、ファンはオトシヨリばかりである。

何より字がでかい、書き込める、大安などの六輝、
啓蟄などの二十四節気、旧暦などがあって
インテリアにはならないものの便利さはある。

数年前から「御自由にどうぞ」と店に置くことにした。
ただし、ポッと来たようなオバタリアン族に根こそぎ
持って行かれることもある。

calender1

そんなこともあって、「節度をもって」などと
いやらしくも書き足さなくてはならないはめになった。

このカレンダーを貰うがために、年に一度だけ来店
するお客さんもいる。
「世の中だな」と変に感心したりする。

まぁ、7割かたは、いつものお客さんに
持っていってもらえるだろう。
あとの3割は・・
「もってけ、ドロボー!」てなもんかな?
posted by 山口屋散人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

お試し

カモシカというのは、割合のんきなのか、
「なんだべぇ〜」という感じで、こっちを見ている。

カメラを連写モードで撮りながら、
そろそろと近づいていった。

GIFアニメにしてみたのだけれども、
ど〜だべ? だいじょうぶだっぺが?

gif1

posted by 山口屋散人 at 21:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ネットで遊ぶな!?

知らないお客さんがお昼に来る。
見るともなく観察?していると、何となくアヤシイ。

注文の品が前に出されると、食い入るようにながめ、
(食うんだから当たり前か?)
携帯を取り出して、メールでもしているフリをする。
やっぱり・・ナ。
携帯のカメラで撮っているのである。

中には堂々とフラッシュを三回も焚いて撮影する猛者もいた。
(未だかつて一人だけだが)

これだけデジカメが普及すると、例えば今日のお昼は・・
なんて記録を残したくもなろうというものだ。
それはそれで良い。

しかし、いつの間にかネットに流れているというのは、
少し不愉快な部分もある。
正確に言えば、おそらく肖像権のようなものもあるのでは
ないのだろうか。

kyakuseki1
posted by 山口屋散人 at 21:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

敵もさるもの?

電話料金の明細を見て思った。
毎月、ADSLのモデムとスプリッタのレンタルで
五百円くらい取られている。
福島でブロードバンドが利用できるようになってから
何年くらい過ぎたろう?
その時いらいだから、ずいぶん取られたもんだ。

リースの終了なら、たいがい物件はそのままである。
レンタルもそうであるに違いない、と考えた。

レンタルの終了を申し出ることにした。
(短期ならまだしも、もう十分もとは取ったでしょ?)

予定としては来月からタダで使えるはずであった。
ところがである。
「敵もさるもの」であった。
「返してくれ」というのである。「うぅ、くるジィ」

返却用の袋を送るから、それに入れて返せと言う。
費用はあっち持ちなのだが、返してもらったところで
役に立たない物をコストをかけても回収する気らしい。

hennkyaku

予定は狂ったが、策はある。
さっそくyahooオクで探すことにした。

結果、送料手数料こみ940円でゲット。

えっ、返す袋の中身はそれだろう、って。
なんで分かったんだべ。
posted by 山口屋散人 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | 更新情報をチェックする