2019年03月28日

春なんだね

DSCF0557.jpg

西道路沿いの変則的な空き地には、つくしが出ていた。


DSCF0561.jpg

我が家の庭の隅にはヒメオドリコソウがいらっしゃった。
F班長の家の庭には、除染で盛られた土にこの種が入っていたらしく
たくさん出てきて困っているらしい。
小生はいっこうに困らないのだが、人それぞれか。

posted by 山口屋散人 at 21:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

んだんだ日記から

秋田の無明舎からDMが届く。
3カ月に一度みたいだ。

例の「んだんだ日記」を楽しみにしている。

IMG_1619.jpg

今回も 「えーと? へぇー ほぅー」は色々あった。

曰く、リテラシー 金子成人 佐藤健太郎 ミヤマカラス 井上荒野。

posted by 山口屋散人 at 07:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

ちょっと違うけど

細川元首相の見事な第三体操の写真があるとの情報を得た。
探してみたが、ネットでは見つからない。

それとは別に真向法に関連する書物を蒐集している。
現行でも2〜3冊は入手可能だが、多くは絶版であるので
ヤフオク等で探す。
先月からパラパラと届いてきたが、ダブりが一つあった。

その中で、細川さんではなかったが、意外な人の画像があった。

inoueyasusi.jpg
作家の井上靖

同じようなことを本部でもやっていたようだ。
探していた幻の写真が、なんと本部の倉庫から発見されたとのこと。

nagai-uesiba-mifune.jpg

昭和30年ごろの写真だそうだが、前列の5名の右端が、真向法の創始者、長井律。
直ぐ左が合気道の開祖、植芝盛平。
左端が、柔道の神様、三船久三十段。
すごいメンバーがそろったもんだと感心。

こういう出会いが縁になったのか、合気道の道場では、準備体操に真向法が
取り入れられているとか。


posted by 山口屋散人 at 13:28| Comment(2) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

まる君ざ〜んねん


DSCF0539.jpg

まる君のお気に入りの作業用仮設橋。
昨日行ったら、撤去されていた。

DSCF0553.jpg

まる君、憮然とする。

posted by 山口屋散人 at 07:30| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

梅伐らぬばか

DSCF3540.jpg

DSCF3542.jpg

昨年、な〜んの手入れもしなかったし、予想外に梅が大収穫だったので
少し心配していたのだが、花は咲いてくれた。

日差しが暖かい。
良い季節になった。
当たり前の四季に恵まれていることに感謝かな。

posted by 山口屋散人 at 08:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

お散歩から

お天気につられて、桜づつみ公園に出張る。

歩くのは用水路沿いや、河川敷が多く、整備された園内は
飼い主も犬も好きでないらしいので少ない。

だからか、こんな石碑があるのにも気づかなかった。

DSCF0552.jpg

昭和19年に荒川区の学童がこの近辺に疎開したらしい。
荒川の近くに荒川区というのも何かの縁だが、25年前の50周年碑だ。

今年は昭和94年、75周年になるはずだ。
はたして、どのくらいの人が健在なのだろうかと、ふと思った。


posted by 山口屋散人 at 09:00| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ふらいんぐ


IMG_1594.jpg

本部に申請を出す前に、Amazon経由で頼んでいた
表札プレートが届いてしまった。

二枚頼んでいたうちの一枚を自宅に貼り付ける。
もう一枚は、お店の郵便受けに貼るつもり。
ちなみに一枚の値は1100円。

早く申請を出さないといけないのだが、申告で忙殺中。



posted by 山口屋散人 at 18:26| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

ひび


DSCF0545.jpg

ランドマークでもあり、まる君の散歩のお気に入りの場所でもあった三本の梅。
花が咲き始まったのに、伐られていた。残念。


DSCF0549.jpg

阿武隈川の親水公園。
白鳥さんがやたら多い。
そして、鴨が異常に少ない。なんで?


posted by 山口屋散人 at 07:07| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

ぼくがまもります


IMG_1540.jpg

泣き始めると、気をもんで真っ先に駆けつける。
誰か傍の人間に、「あかんぼが泣いてますよー」とばかり
言いつけに、行ったり来たり忙しい。

昨日、やっと生後一ヵ月になった。


posted by 山口屋散人 at 19:52| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

でっけー


IMG_1560.jpg

先日、取材を受けたのだが、本日民友新聞に掲載された。
こんなにでっかく記事になるとは思わなかったので、少し驚く。
ともあれ、ありがたし。

いよいよ逃げ道が無くなってきた。
腹をくくって、修練に励むしかないな。




posted by 山口屋散人 at 20:58| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

まる君のお気に入り


DSCF0533.jpg

例の桜つづみ公園の荒川に掛かる工事用の橋。
まる君は当然のごとく、あっちに行こうと歩き出す。


DSCF0538.jpg

荒川というのは、ごく浅い川なのだなとあらためて思う。


DSCF0542.jpg

川の中央で上流方面を撮る。へんな感じ。


DSCF0544.jpg

ついでに吾妻山が綺麗なので、不動沢橋に見当をつけて倍率をあげて撮る。
PCで見たら、なんとか写っていた。

posted by 山口屋散人 at 17:19| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

スタンドバイミー

穏やかなお天気に誘われて、桜つつみ公園までワンコの散歩に出張る。

橋台撤去とかの工事のため、土手まで車は入れない。
車を気にせず、のんびり歩く。
犬が河原に降りたがるので、つられてそのまま歩く。

すると、あらら。
別な季節なら、一晩雨が降っただけで流されそうな橋が出来ている。


DSCF0528.jpg


四捨五入すると70歳になってしまう歳なのに、こういうものを見ると
「スタンドバイミー」になってしまうのが欠点。
とーぜん、ワンコを連れて対岸まで渡る。


DSCF0529.jpg


対岸に設置されていた看板。
何故、川に橋を渡して残土を対岸に運ぶのか理解不能。
こっちにだって一応道はあるにはあるのだ。


DSCF0531.jpg


西道路の橋から、工事用の橋を見る図。
お陰で大回りで歩くことになってしまったので、ワンコも飼い主もへばる。
しかし、車で通る道ばかりが道でないのを痛感。
全く景色が違って、不思議な所を歩いている気がした。

posted by 山口屋散人 at 18:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

語っちゃなんねえ話

IMG_1531.jpg

UFOの里で、ラーメンを待っている間、退屈過ぎて(時間かかり過ぎ)
売店の品々を眺めにうろつく。
片隅にこの本だけが、三冊ほど飾られていた。
「疣石峠」とあるので、例の立子山の一揆の件だなと思い、さらっと
目を通すと、まさしくそれで、小説形式になっているようだ。
この手の話にそういう形式は好きではない。
よほどの書き手でないと、つまらないからだ。
あまり期待しないで購入。

が、思った以上に面白かった。
この一揆の全貌が分かりやすく書かれているので、頭の整理がついた。
いわき市にある雄峰舎(八幡印刷株)という会社も、少しではあるが
意欲的な出版物を出しているようなので、記憶にとどめた。
もちろん、阿部利之という著者も。

そういえば、疣石峠を訪ねたことがあったなと思い出す。
2007年のことであったので、もう10年以上過ぎたのだなと、月日の
過ぎるのが早いのにに驚く。


posted by 山口屋散人 at 17:26| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

ここ数日の記


IMG_1488.jpg

日曜、飯舘村の宿泊体験館きこりに岩盤浴があるので、35キロ走って入りに行く。
震災前はけっこう混んでいたのに、日曜とはいえパラパラ。
全くの採算はずれだろうが、東電が補償してんのかな。


IMG_1489.jpg

帰り道、飯野町のUFO某でラーメンを食べる。
何かで紹介されていたので、気になっていた。
3種類のラーメンがあったが、一番高い味噌ラーメンを注文する。うーん。


IMG_1511.jpg

いつものことだが、二月というのに組合の新年会。
余興のバンドがベンチャーズの曲に特化していて、懐かしく聞く。
そういえば、レコードを持っていたんだよなと思いだす。


IMG_1499.jpg

煙草飲みの収容所。(摺上亭 大鳥にて)
一足早く、脱出できたことに安堵。
と言っても、15年目になった。


IMG_1526.jpg

油汚れがついてきたので、昭和43年のコーラなどを洗う。
今年は昭和94年だから、51年目かと改めて思う。
酒ならともかく、始末に困る。



posted by 山口屋散人 at 20:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

母娘相伝


IMG_1482.jpg

母から娘へと受け継いだミトコンドリアが、ここに至った。

すべては20万年前のアフリカに住んでいたミトコンドリア・イブに
つながるというのだが。


posted by 山口屋散人 at 10:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

そろそろ動くべか


IMG_1486.jpg

昨日、本部より送られてきた。
公益社団法人真向法協会発行の広報誌2月号である。

今月号に、一番下っ端の新任准教士の小生の駄文が載っている。
広報誌の原稿として書いたものではない。
資格をいただくための最終チェックのようなもので、レポートの
提出が義務付けされている。
その原稿であるので、最初の2行ほどカットされている。
写真も、履歴書に貼付した物だ。
安直なスーパーによくあるインスタント写真である。
間抜けヅラに写っているのは、実力通りなんでしょうな。

今週で、保健所の営業更新手続きも終わるはずだし、あとは
確定申告を早めに終わらせて、いよいよ教室開設に動きだそうと
思うのだが、根が怠け者で・・


posted by 山口屋散人 at 07:54| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

出来立てホヤホヤ


aaIMG_1481.jpg

初孫。
名前はまだない。
両親とも現在はいわき市に住んでいるので
「いわ子ちゃん」と勝手に名付けて呼んでいる。

誰かに似ているような気がしないでもないが
誰だか思い浮かばない。
この子はあと100年近く生きるのだなと思うと
この世界がどうなるのか、心配だ。

posted by 山口屋散人 at 06:28| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

過ぎたるは


morimasako50445769_2054868174632408_2593669619784876032_n.jpg
(森参議院議員のツイッターより。中央テーブル左の白髪が小生)

昨年の暮れ、ついうっかり県飲食生同組合の理事長氏に「出ます」と
言ってしまったので、出ることになった新年会。
県内から数十人集まった。
議員さんも衆議院、参議院、県議、市議それぞれ一名ずつ来賓として
本人出席。

飲み過ぎないようにと、念を押されて出て来たものの、調子に乗る
体質は益々快調度を増し、とーぜんの如く二日酔い。

二次会ではいわきの長老がデュエットで「なごり雪」の替え歌を
歌ったのだが、初めて聞いた。色々あるんだな。

posted by 山口屋散人 at 20:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

福島の片隅で駅伝優勝を祝う

DSCF0511.jpg

かつての庭である岡部の親水公園に出張る。
まる君は今冬初めての白鳥さんにご挨拶。


IMG_1461.jpg

IMG_1462.jpg

午後から昨年末に亡くなった元陸上競技協会の
会長であった大槻博先生を偲ぶ会に出る。

大槻先生と夫人の遺影を囲み、整列して記念写真を撮影中、
都道府県対抗男子駅伝優勝の第一報が入る。
どっと歓声があがり、拍手がわき起こる。

IMG_1467.jpg

二次会の一コマ。
ただの酔っ払い親父どもにしか見えないが、大学教授が二人もいる。
校長経験者も知っているだけで3人。

IMG_1469.jpg

元民報新聞のお偉いさんが、号外を二次会場の店まで持ってこいと指令。
皆、読んだらポケットにしまったのには思わず笑った。

IMG_1475.jpg

三次会場で、現陸協会長の鈴木(同期)におめでとうと、
今日はご苦労様のエールをおくる。
彼は本来であれば現地に行かなくてはならない人だ。

この後もどっかに行ったのだが、記憶がさだかでない。






posted by 山口屋散人 at 06:43| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

「健体康心」すこやかなからだとやすらかなこころ

IMG_1459.jpg
(真向法協会の会報)


昨日の夕、真向法協会の小野先生から電話を受ける。

半年ほど前になるが、准教士の允許を受けるにあたって、
指導者としての目標」という作文を提出した。
何を書いたら良いのやら思い浮かばず、随分時間がかかって
書いた駄文だが、それを協会発行の来月の会報に載せてよいかと
の電話だった。

そんなので宜しければどうぞお使い下さいと返事をする。

全国の約一万人の会員に配られる新聞に掲載されるのだから
名誉といえば名誉だが、そんなことならもう一度だけでも
推敲したかったなと思う。





posted by 山口屋散人 at 21:52| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする