2018年04月26日

ごじゅうねん


ko-ra-s43.jpg

昭和43年に店舗を大改造した。
およそ2か月に渡って工事をしたと記憶している。
5月の半ばに竣工。
その時のコーラとファンタが今もそのままにされている。

今年、2018年は昭和で言えば93年であるから、来月で50年。
中身が入ったままのコーラ、ファンタも50歳を迎える。
HPでは35年物となっているが、開設当時(2003)の年齢だ。
作成ソフトは、現在使用のPCが読んでくれない。
同じ新バージョンのソフトを買えば訂正その他が可能になるのだろうが
どうでも良いかとそのままにしてある。

posted by 山口屋散人 at 06:40| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

届いた

IMG_0938.jpg


郵便受けを見ると、何やら重い物が入っている。
差出人は新聞社だ。
「あら、ひょっとして送ってくれたのかな?」

IMG_0941.jpg


発売から4〜5日経つが、本屋さんに行く機会をつくれずにいた。
とりあえず、確認できて幸い。
無料で新聞にも載り、本まで出してくれるのだから、何をかいわんや。




posted by 山口屋散人 at 07:59| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

良い季節になった


IMG_0919.jpg


最終5回目の東京本部講習で上京。
新年度のせいか良い気候のせいか、朝一番の新幹線も乗る人が増えた。

今までは埼京線に乗って渋谷へ向かったが、大宮での待ち時間があり
むしろ東京駅まで乗って山手線の方が早いのではと、試してみる。
結果、ほとんど変わらず。
ただ東京駅まで乗った方が立っている時間が少なくて良いかも程度。


IMG_0921.jpg

渋谷到着も、まだ時間があるのでぶらつく。
「恋文横丁」というのがあったはずだと探してみるが、見当たらず。
かろうじて痕跡のような看板を見つけるが、ここではない。
帰宅してから調べてみると、碑があるだけで完全消滅らしい。


IMG_0922.jpg

いつものように、午前中は座学。
今回から弘前市の女性が参加。前日から泊りだそうで、ウ〜ンたいへんね。
この日、東京も暑く「水分補給は十分に」ということで、皆机上にはペットボトル。
ふと、最近では大学の授業などもこうなのだろうかと思った。
いや、高校でさえもがそうかも知れないな。
誰かに聞いてみんべ。

IMG_0925.jpg

4時に開放されて、真っ直ぐ東京駅へ。
17時発の新幹線に乗るが、車内販売が来たのは一時間後。
福島まで30分しかないが、とりあえず一人宴会。

IMG_0936.jpg

これまたいつものように、まる君が西口改札でお出迎え。
「この飲兵衛おやじめ!」とでもいうような応対ぶり。






posted by 山口屋散人 at 03:06| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

明日発売 載ってるかなー

DSCF3653.jpg


載っているはずなんだけど、削除されてたりして・・

う〜ん、あり得るかもね。


posted by 山口屋散人 at 21:56| Comment(0) | 麺類学 | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

木瓜

IMG_0915.jpg

仮名で書けば、可哀そう過ぎる花。
「木瓜」と書いて何故に「ぼけ」と読ませるのだ。
わが家の庭に木瓜が咲いたので。

posted by 山口屋散人 at 11:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

でとっくす

IMG_0913.jpg

IMG_0918.jpg

月に一度の連休なので、お天気さえ良ければ、色々と予定があったのだが
朝から雨交じりの暴風で、どっちに行ってもろくなことはない。
午後から、風の止むのを待ち、またしても栗子峠にフキノトウ採り。
足が悪くて山菜採りに行けなくなったEさんに届け、あとは天婦羅にでもして
今週一週、楽しむことにする。

posted by 山口屋散人 at 18:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

実証運行バスに乗る

最近はなかなか運転代行がつかまらないのだという。
飲み屋さんの話だと、先に代行の予約をしてから飲み始めるらしい。
そういうのも煩わしいので、気軽に夜の街に出ようかという気も
いまいちになってしまう。

お店の前の道路は、以前は頻繁にタクシー等が通ったのだが、新しい
道路が北側に出来てからは、そちらに移動したらしく見かけなくなった。

消防団OBの飲み会の後、結局、家人に迎えに来てもらって、
車は店に置いて自宅に帰った。
翌朝の出勤で困るのだが、今は良い手がある。
団地の中を走る「実証運行」をしているバスがあるのだ。

IMG_0910.jpg

座席定員は15人くらいの小型バス。
この日は10人くらい乗り込んできた。
皆、年寄りばかりで、終点停留所でも「降ります」ボタンを
押す人がいたのは、さすがだなぁ、と感心した。
少し歩かなければならないが、10時5分前に店に到着。
ギリギリだが、なんとか間に合うのは、大助かりだ。
通常路線バスとして、運行してくれないかな。






posted by 山口屋散人 at 07:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

恒例こしあぶらパーティー

午前から午後にかけて、フキノトウ、そしてコシアブラを採りに
栗子峠へ向かう。
桜の咲き具合で、時期を判断するのだが、今年は連動の軸が
少しズレている感じ。雪の解け具合は例年並みだ。

例によって、近所の消防団OBに声をかけて、天婦羅パーティー。

IMG_0907.jpg

IMG_0906.jpg

かつての壮士も、今はただの爺様たち。


posted by 山口屋散人 at 06:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

もう少し


100ennbig.jpg


100ennbig-2.jpg


14個の三択のうち、10個が正解なのだから、もう少し配当があっても・・
当選金は890円は高いのか安いのか。




posted by 山口屋散人 at 20:02| Comment(0) | もろもろのこと | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

いくどうおん


DSCF0316.jpg

「何か今年の桜はきれいじゃないねぇ・・」
皆が皆というほど、口をそろえてそう言う。
色彩もいまいちながら、満を持したという「生命の輝き、躍動感」とでも言うのか、
精気のようなものを感じ取ることができないでいるのだ。
そのためか「うわぁー綺麗!」という圧倒されるような感動がない。

こういうストレスを感じさせる桜は初めての経験である。
史上最速の開花というが、それよりはいつもの桜を。




posted by 山口屋散人 at 15:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

二本松少年隊

福島高校で一年先輩の加藤貞仁氏の「戊辰戦争とうほく紀行」(無明舎)によれば

小沢幾弥(17歳)は、大手門に通じる久保丁坂に倒れていた。
薩摩藩士伊藤仙太夫が発見した時には虫の息で、「敵か味方か」と
聞かれた伊藤が「味方だ」と言うと、手振りで介錯を依頼した。
幾弥は射撃がうまく、愛宕山の上から敵兵を撃ち倒すたびに万歳して
喜んだという。現在の二本松市歴史資料館の道路向かいに、幾弥の碑が
立っている。

歴史資料館には以前訪れたことがあるが、碑の存在は知らなかった。
ということで。

IMG_0902.jpg

IMG_0903.jpg


posted by 山口屋散人 at 20:25| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

ワクチン打ったのに


IMG_0901.jpg

今頃になって、というより、より進化したウィルスにやられて
しまったのか、家人がインフルにかかってしまった。
水曜日まで禁足、木曜日を予備として、明日から営業予定だが
普通通り出来るかどうか心配。

posted by 山口屋散人 at 19:23| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

遠出


DSCF0315.jpg

日曜日でお天気も良いので、お散歩も遠出。
水林から地蔵原堰堤まで歩き、ぐるっと一周する。
ところどころ「落石危険のため立入禁止」の標識。

まる君いわく 「僕のあるじは、漢字が読めない」
そうそう、関係ないのよね。

posted by 山口屋散人 at 18:42| Comment(0) | まる君 | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

もくあみ

DSCF0307.jpg

せっかく雪ウサギが登場しそうな案配だったのに、元のもくあみ。


DSCF0309.jpg

我が家の庭の梅は、青空を背景に今盛りなり。




posted by 山口屋散人 at 15:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

やはり3月は

時折、ヤフオクで中古本を探す。
人文社会のカテゴリで、「福島」と検索をかける。
目的の本を探すこともあるが、面白そうな資料その他がないだろうかと
いうことの方が多い。

IMG_0898.jpg

こんな本を見つけた。
震災から7年が過ぎ、大分記憶が薄れつつある。
震災関連の本や、テレビ番組などは避けてきたが、そろそろ良いかな、と。
それに民友新聞社には何人かの知り合いが出来た。
ノンフィクションなので、実名で登場するかも知れない。

ということで、ここ一週間はこの300Pを超す本にかかりきりだった。
出品者はブックオフだったので、落札価格は184円。送料の方が高かった。

posted by 山口屋散人 at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

只今、試験走行中

DSCF0295.jpg

DSCF0304.jpg

DSCF0303.jpg

ヨークベニマル西店を始発として線路を越し、大原病院付近までのコース。
三か月間、実験的にバスを走らせている。
過去にも試験的にやったことはあるのだが、利用状況から、定期運行を
見送られたコースだ。
これが、走ることになれば、免許証を返納する年寄りが増えるのでは。
団地の中は年寄マークの車ばっかりだ。

一度乗って、駅前まで行った家人が言うには、「快適」だそうだ。
車で行って、駐車場を探す煩わしさが無いのは、想像以上とのこと。


posted by 山口屋散人 at 18:43| Comment(0) | 福島 | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

けいねんれっか

五日ほど前のことだ。
朝、お店の近くの交差点で信号待ちをしていたら、何か
サイドミラーの鏡がズレているのを発見。
「?」となったまま、青信号で走り出すと、店まで20メートルの
地点で、落下。
チャリ〜ン×2の音がご近所中に響き渡る。(ウヘッ、格好悪り〜)

IMG_0888.jpg

こんな具合になってしまったが、それにしても紙のガムテープの様な
もので、貼りついているだけなのにびっくり。

IMG_0894.jpg

店から塵取りと箒を持って、道路に散乱している鏡を素早く回収。
後で、両面テープを使って、出来るだけ復元する。
でないと多分、整備不良車になってしまうだろう。

IMG_0892.jpg
 
土曜日になって、ヤフオクで落札した右サイドミラーが届く。
左サイドはたくさん出ているのだが、右サイドは一割程度で少ない。
室内でみると、こんなにデッカイんだと認識を新たにした。
(即決価格で落札したので、合計3600円くらいした)

IMG_0896.jpg

初めは鏡だけ分離して、取り付けるかと考えたが、下手をすれば
また割れる可能性もある。
何処からの部品を取り換えるかとしばし考える。
なんと、そっくり換えるのが一番早く、実質5分だった。
平成8年型の車であるが、あちこち外科手術でフランケン状態に
なってきた。





posted by 山口屋散人 at 17:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

庭の梅


DSCF0299.jpg

昨日の朝、二つ三つ花がほころんでいると思ったら、今朝はたちまちに。
「氷霜凌げる」というフレーズが高校の校歌にあったが、そういえば
校章の梅の花で、花形を覚えたんだっけ。
当たり前だが、なるほどそっくり。



posted by 山口屋散人 at 18:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

磐梯山がきれいだった

本日、やっと確定申告を終える。
しかし、先日の日曜日はそれにはかまわず会津若松市に出張ってきた。

IMG_0880.jpg

快晴だったので、途中の県道7号線から見る磐梯山がきれい。
ただ、この山は相性が悪い。
何回か登ったが、ことごとく状況に恵まれずに疲労困憊する山だった。
でもまぁ、綺麗だから許す。

IMG_0881.jpg

IMG_0886.jpg

会津の真向会に顔を出し、瞑想と妄想にひたりながら、約1時間、体をほぐす。
(次の日は筋肉痛だった。ちょっとサボり過ぎた)

帰宅してから、負け続けのJRA 金鯱賞の結果を見る。

kinnkosyou2.jpg

負け続けて弱気になったのがマズかった。
ワイドでも1120円の配当なので、1万を越したが、馬連だったら58600円だった。
ギョエ〜! せめて300円でも馬連にまわしておけば・・



posted by 山口屋散人 at 19:59| Comment(0) | 真向法の風景日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

この冬最後かな

DSCF3346.jpg

娘と休みがやっと一緒になったので、出掛けてみた。
東栗子トンネルの駐車帯だが、けっこう停まっている。

DSCF3350.jpg

お天気は申し分ない。
しかし雪質がシャーベットの手前くらいで、柔らかく歩き難い。

DSCF3357.jpg

三脚を持ってこなかったので、雪上にカメラを置き、タイマーで撮る。

DSCF3359.jpg

水流が変わったのか、入って直ぐの左側ではなく、珍しく右側が発達している。

DSCF3393.jpg

センターコートの神殿は、少しやせてきている。

DSCF3378.jpg

天井が崩落している箇所では、下にこのようなオブジェが。

DSCF3380.jpg

米沢口の崩落からの氷瀑は、流石に細ってきていた。


           🐶

帰り支度をしていると、米沢方面から何やら数人の話声が響いてくる。
オジちゃんとオバちゃんのグループだった。
「どこまで行ってきたの?」と聞くと、この先に橋が三つあり、
さらにトンネルがあるというので、行ってみようとしたらしい。
しかもツボ足でだ。
途中で断念して(烏川橋から少し先で)帰ってきたのは良い判断だったが
その無謀さにあきれる。
あまり有名になるのも、事故につながるのが心配だ。

posted by 山口屋散人 at 03:14| Comment(3) | 福島 | 更新情報をチェックする